FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2018年08月  】 

Assist~はじめに~

Assist(春&歩)について

2018.08.03 (Fri)

春海&歩。大河の幼馴染で元POLYGON・ハル(春海)と、春海の現在の相方・歩のお話です。時期的には、前作の直希×大河『一時停止』の直後あたりをイメージしています。春海がいつからか密かに想いを寄せているのは、長年の弟分であり今や相方の歩。幼馴染みの親友にすら打ち明けられないこの想いは、いつも冗談まじりの告白という形でしか表現できなくて……このお話は、それぞれの視点(語り)でお送りします。★読む(【春海の言い分】...

PageTop▲

Assist 春海の言い分-1

春海の言い分

2018.08.03 (Fri)

【春海の言い分】栗ちゃんの連絡は、唐突だ。『ハルさん、今何してる?』L●NEでいきなり連絡を寄越してきて、ヒマやと答えてやると、メシ行こうだのそっち行ってもいい?だの、俺を誘ってくる。そして今日も。彼は突然連絡をしてきたかと思ったら、10分後には現れていた。「ボブのブラッシング頼んでもええかな?」仕事帰りなのかサングラスを外してソファで寛いでいた栗ちゃんに、愛犬ボブ(トイプードル。♂)を預ければ。「あ、任...

PageTop▲

Assist 春海の言い分-2

春海の言い分

2018.08.04 (Sat)

キッチンでコーヒーを入れてる間に、ふと、リビングが静かになったことに気付いた。「……ん?」足元にふんわりとした感触がして、下を見るとボブ。さっきまで栗ちゃんに遊んでもらってたはずなのに、と顔を向けたら……「あらら」思わずそう呟いて、そして笑ってしまった。ソファにもたれた栗ちゃんは、いつの間にか眠ってしまっていた。俺はコーヒーを2つ持って、リビングへ戻る。栗ちゃんの分はテーブルに置いて、俺は自分のカップ...

PageTop▲

Assist 春海の言い分-3

春海の言い分

2018.08.05 (Sun)

栗ちゃんとの初めてのキスは、本当に軽いもので。思ってた以上に柔らかい唇は、ものすごく心地が良い。離れがたくて、何度かその唇を食めば……栗ちゃんの手が、俺のパーカーを掴む。いやだから。そういうの期待するから…こんなことされたらキス以上で済まなくなると判断し、名残惜しくもその唇から離れた。目の前でそっと目を開けた栗ちゃんの顔は、なんだか妙にエロくて。「は…はいっ!終了!!」ちゅっと最後にもう一回だけキスし...

PageTop▲

Assist 春海の言い分-4

春海の言い分

2018.08.06 (Mon)

「……俺のこと、好き?」真剣に、真っ直ぐ見つめて、そう訊ねる。「///////」栗ちゃんの顔が、また真っ赤になって。「…俺に、言わせんのかよ」ここで登場、"負けず嫌い"。「俺のこと、寝込み襲うようなマネして。挙句の果てに、キ、キスまでして。色っぽいとか、クラっときたとか、思わせぶりなこと言って……」やっぱりコイツ、え、マジで…?「俺のこと…さんざんその気にさせといて……」ああ、かわいい……「それで、そんなことまで言わ...

PageTop▲

Assist 春海の言い分-5

春海の言い分

2018.08.07 (Tue)

栗ちゃんのシャツをギュッと掴んで、理性保つことに専念していたら…ゆっくりと唇が開放された。彼の顔も上気してるけど、俺もそうなってる自覚がある。顔、めっちゃ熱いもん。栗ちゃんの、赤くなった唇から、目が離せへん。「なぁ栗ちゃん」「ん?」「もっとたくさんキスしようよ」そう提案すれば、照れたように頷く。俺に半ば覆いかぶさるような体勢で、あんな大人のキスしてきて、男らしく口説いてきて、それなのにこれやもんな...

PageTop▲

Assist 春海の言い分-6

春海の言い分

2018.08.08 (Wed)

Assist 春海の言い分-6「あの、栗ちゃん?ちょっと意味が…」「そのままだよ。交代制にしよう、ってことだよっ」苦し紛れの提案は、どうにも間抜けというか。男同士とはいえ……交代制?聞いたことありませんけど。いや、知らないだけで普通にあるのか?ポカンとしてしまった俺の、胸倉をつかんで―――「おわっ。……っ?!」バランスを崩した隙に栗ちゃんが俺からすり抜けて逆にソファに乗り上げ、キスしてきた。俺は栗ちゃんの唐突すぎ...

PageTop▲

Assist 歩の言い分-1

歩の言い分

2018.08.11 (Sat)

【歩の言い分】ハルさんは、変な人だ。『栗ちゃん、今日も好きやで~~』大河さんに『愛してるで大河ぁぁ』と電話口で告白したのと同じトーンで、彼は俺にそう言ってくる。近所に住む彼に連絡を入れて誘い出しても、『栗ちゃんならいつでもOKよ。予定あっても空けるし』って、やっぱり同じトーン。いつでも彼の言動はどこまでが本気なのかどこまでが冗談なのか分からなくて、振り回されている俺が居て。5歳年上のハルさんとは、...

PageTop▲

Assist 歩の言い分-2

歩の言い分

2018.08.11 (Sat)

それなのにいきなり空気をガラリと変えてハルさんがおどけるものだから、頭に来た。普段は気にならない子ども扱いが、妙に癪に障った。そんな俺を見て慌てたハルさんが、いろいろ俺の機嫌取りをしようとした結果、俺の気持ちに気付いて。「ねぇ栗ちゃん、俺の勘違いやったらゴメンな?……俺のこと、好き?」である。年上のくせに、寝込み襲ったくせに(←根に持ってる)、思わせぶりなことさんざん言ったくせに、肝心なところは俺に言...

PageTop▲

Assist EP-1

Epilogue~大河の後押し?~

2018.08.12 (Sun)

【Epilogue~大河の後押し?~】遡ること、1週間前。「大河ぁぁ、この牛乳期限切れやで~」都内某所。久しぶりに訪れた大河のマンションで、俺は冷蔵庫の牛乳を掲げた。「んあ?1日や2日大丈夫やろ」「1週間ですけど?」「気合で飲めや」いやいや、期限切れのモン飲ませるなよ。そもそもこの部屋、なんか最近、生活観なくない?「あ、卵も切れとる~」「え~?ていうか、卵と牛乳で何したかったんや」「ホットケーキ」「小麦粉...

PageTop▲

Assist EP-2

Epilogue~大河の後押し?~

2018.08.12 (Sun)

「お前、あんまチダちゃんにちょっかい出すなよ?」「え~?どうしよっかなぁ」「ええから。これは俺の忠告」「何。ああ、もしかして彼女持ち?そんなおっかない女と付き合ってんの?」「お前なんてひとつまみやで」「???」「東京湾に沈められたくなかったらおとなしくしとけ」「?????」あんなおとなしそうなチダちゃんが、そんなおっかない女とってあんま想像つかんけど。とりあえず程ほどにしとけってことか。大河も栗ち...

PageTop▲

『Assist』完結しました&次回作予告

あとがき

2018.08.12 (Sun)

大河の幼馴染・ハルと、彼らの弟分でハルの相方・歩の恋です。2人がくっつきました。『痴話喧嘩』『2度目の夏』に出てきた2人は、直希×大河カップルの揉め事に巻き込まれて大変そうでしたが、すでに当時お互いに片想い中だったんですねぇ。あ、『痴話喧嘩』のときはギリギリまだかな。そしてハルの愛犬ボブですが、私が好きなキャラクターの名前 (『ミニオンズ』)からとりました。ハルより5つも年下なのに、真摯で誠実に片想い...

PageTop▲

直感~はじめに~

直感(春×歩)について

2018.08.17 (Fri)

攻守交代制とはいえ、まずは歩の許可により春海×歩でスタートしそうな2人。とはいえ、なかなか勇気が出ない歩はさりげなく誘いを交わしていて。なんだかんだで1ヶ月。ついにその日が…?★読む(第1章へ)...

PageTop▲

直感 1-1

1:お誘い

2018.08.17 (Fri)

【1:お誘い】『栗ちゃ~~ん、聴いてるかな?愛してるよ~~~』「ブッ…っ」爽やかな朝。ラジオから聞こえたその声に、栗原は思わず水を噴いた。『なぁ、聴いとるか?俺のかわいい相方の栗ちゃ~~ん』『ほらほら、ハルさん、それぐらいにしとき』『俺の愛が伝わったかな?おはよ~~。俺もこの後スタジオ行くからねv』『僕はOFAのみんなを愛してますよ~~』一緒に出演している冴島がご機嫌な春海に完全に呆れながらも、とり...

PageTop▲

直感 1-2

1:お誘い

2018.08.18 (Sat)

「ちょ…大河?」『おお、俺や。お前の知り合いで他に"安藤大河"おんのかいな。それとも何や、画面見てへんのか。俺やなくてヤクザやったらどうしてたんや』「ヤクザに知り合いおらんし。お前ぐらいしか」『ああそっかぁ、ってアホ!』「…何を怒ってんねん」『"何を"やと?お前なぁ、歩にああいうこと言うなって言ったやろが』どうやら今朝のラジオを聴いたらしい大河は(←幼馴染思い)、朝っぱらから純情な弟を口説く春海に怒り心頭...

PageTop▲

直感 2-1

2:予定変更

2018.08.19 (Sun)

【2:予定変更】『じゃあ、明日はドライブやで~』『うん。お疲れ様』そう言葉を交わして電話を切ったのは、8時間前。朝起きて、2人がそれぞれ見たものは―――ザー―――……見事に、雨である。「こりゃまた、すごいな」土砂降りの外を見ながら、栗原は苦笑いをした。これでは車を出したところで、どこに行っても見えるのはワイパーと雨だれだけだろう。そもそも、運転自体が危険なレベルだ。―――今日はキャンセルかな…昨日、車で迎えに...

PageTop▲

直感 2-2

2:予定変更

2018.08.20 (Mon)

天気予報どおり雨は勢いを増しているようで、昼ごはんすら買いに行けないなと、栗原はコーヒーを入れながら思った。しかし春海は相変わらず危機感が薄くて、「栗ちゃん、どっか行きたいとこある?」なんて呑気なことを訊いてくる。ソファに腰を下ろして細い脚を組んだ春海は、相変わらずどこぞのモデルばりにオシャレな着こなしをしている。細いせいか、黒いパンツに長めのカーディガンがよく似合う。栗原自身も服装には気を遣って...

PageTop▲

直感 2-3

2:予定変更

2018.08.21 (Tue)

「あの、さ…もしよかったら、ハルさん、今日…泊まってく?」「え?」「俺のベッド、ほら、ハルさんが今度買おうとしてるやつだよ」栗原に深い考えは無かった。単純に、それが最善策だと思っただけだ。春海のマンションは車で10分なのだから、明日早めに出れば家に寄って荷物も取ってこれるだろうし。しかし、「……へ?」春海が驚いたような顔でこちらを見てくるから、栗原は自分が何かおかしなこと言ったのかと逆に焦りを覚えてしま...

PageTop▲

直感 3-1 ※微R-18

3:甘い攻防戦

2018.08.23 (Thu)

*こちらはビミョーにR-18表現が含まれています。*ご理解ある方のみお進み下さい。【3:甘い攻防戦】春海からのキスは、いつも甘い、と栗原は思う。だから今だって、ピザとチキンナゲットを食べたとは思えない、まるで甘いカクテルを飲まされているかのようなそのキスに、瞬く間に酔わされていく。真昼間に、ピザ食べながら何してるんだと思っても、もうどうでも良くなってくる。「…ん…」栗原が小さく息を漏らすと、春海の唇が少...

PageTop▲

直感 3-2 ※微R-18

3:甘い攻防戦

2018.08.24 (Fri)

*こちらは後半にR-18表現が含まれています。*ご理解ある方のみお進み下さい。「え……」「俺と、こういうの嫌?無理かな」伺うような、遠慮がちな声。しかし栗原は、まだ混乱した頭では正常な考えが浮かばなくて。そもそも春海が何を言っているのかすら、ここまでされているのに分からずに、「えっと…ハルさん……あの…」必死で状況と言葉の意味を理解しようとしていれば、そんな栗原の態度は、春海には"困っている"と捉えられた。だ...

PageTop▲

直感 3-3 ※微R-18

3:甘い攻防戦

2018.08.25 (Sat)

*こちらはビミョーにR-18表現が含まれています。*ご理解ある方のみお進み下さい。「っ…ん…あ…」細くて華奢とはいえ男である春海の手は、栗原がかつて彼女たちにされた時とも1人でする時とも、違う。女性より強くて、でも自分より優しいその手つきがあまりに気持ちよくて。押し寄せる快感の波を、栗原は春海の腕にしがみついて耐えた。それを、止めて欲しいのかと一瞬勘違いした春海は、背後から栗原を見遣る。しかしその表情で...

PageTop▲

直感 4-1 ※R-18

4:白昼夢

2018.08.26 (Sun)

*こちらはR-18ページです。*ご理解ある方のみお進み下さい。【4:白昼夢】バスルームで手早く衣服を脱ぎ捨てる春海とは正反対に、栗原は恥ずかしさでもたもたとパーカーを脱いでいたのだが。それに気づいた春海に瞬く間に身ぐるみをはがされ、浴室へと入った。シャワーの栓をひねる春海の、その相変わらずすんなりと長い手足に、栗原が思わず目を奪われていれば、「わ…っん―――っ」手を掴まれて引き寄せられ、唇を塞がれて。「ん...

PageTop▲

直感 4-2 ※R-18

4:白昼夢

2018.08.27 (Mon)

*こちらはR-18ページです。*ご理解ある方のみお進み下さい。それから春海がふと身を乗り出して、ベッドサイドをキョロキョロ見回す。―――あ。その行動が何を意味しているのか、栗原にもすぐ分かった。そしてハッと気が付いたのは……「えっと…栗ちゃん、あの…」「いや、わかってる」春海が探しているもの。こういうとき、男なら礼儀としてつけるもの。それを、自分は……「え~っと、どこ…?」「ごめん」「え?」「…な、ない」栗原の...

PageTop▲

直感 4-3 ※R-18

4:白昼夢

2018.08.28 (Tue)

*こちらはR-18ページです。*ご理解ある方のみお進み下さい。とはいえ―――「…うぅ~、い、いた…い…」「歩、深呼吸」「無理だって…あっ、…もっと優しく…」「めっちゃしてますよ(^-^;)」予想以上の圧迫感と痛みに、栗原は春海を蹴り上げんばかりの勢いで呻いた。その度に締め付けてくるナカに、春海も苦しそうに顔を歪める。それでも栗原を心配して必死で宥めて導いてくれるから、栗原もまた、文句を言いつつも春海の言う通りに従お...

PageTop▲

直感 4-4

4:白昼夢

2018.08.29 (Wed)

自分の胸に顔を埋めて眠るその小さな体を春海が引き寄せると、小さく唸りながら擦り寄ってきた。あまりに愛しくて額にキスをしたら…小さく笑って。起きていたのかと思ったけれど、しかしそのまま寝息を立てている。―――かわいすぎやろ…どこまでも期待以上の反応をしてくれる栗原に、春海は緩む表情を止められない。思い出すのは、数時間前までの栗原の姿。『歩…』自分を受け入れてくれた恋人の名前を呼びながら、荒い息を繰り返すそ...

PageTop▲

直感 Epilogue

Epilogue~大河の誤算~

2018.08.30 (Thu)

【Epilogue~大河の誤算~】※春海&栗原との電話(【1:お誘い】)後の出来事。「だあぁぁぁぁ、マジかよ~~~」POLYGON番組収録スタジオの楽屋。電話を切った大河は、深く深く、項垂れた。「お。大河、どうした?」拓郎が、弁当を片手に呑気に声をかけてくる。「呑気でええなぁ、タク」「何が。あ、千田が今日は休みってことか?」「千田……だあぁぁぁぁ、アイツもやぁ」その名前に、大河は更に深く落ちた。そういえば栗原と千田と...

PageTop▲

『直感』完結しました&次回作予告

あとがき

2018.08.30 (Thu)

春海&歩、2人のお初です。春海×歩ですね、今回のところは。大河の『直感』、ハルの『直感』、栗ちゃんの『直感』。さまざまなものが交錯して、ひとつの結果につながりました。はじめては1回で踏みとどまって、必死で堪えたハル。どっかの直希と大違いですね。栗ちゃんの“雄”な部分と、ハルの"乙女"な部分は、またの機会に。春海×歩だと可愛らしい雰囲気、歩×春海だと大人っぽい雰囲気になるカップルです。次回はまたメインカッ...

PageTop▲

前月     2018年08月       翌月

Menu

プロフィール

BONNIE

Author:BONNIE
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR