FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
3幕-22:究極の選択

PERFECT BLUE 22-07

 ←PERFECT BLUE 22-06 →PERFECT BLUE 22-08
皆藤が進路室のドアを開くと、すでに諏訪が待っていた。
皆藤が現れたことに、諏訪はホッとした表情を見せる。なかなか現れないので、少し不安になっていたのだ。

「座って」

自分の前の椅子を指差して、促す。皆藤も、黙ってそこに座った。

「何を話したいか、分かってるよな?」

机の上に進路に関する資料など全くない。諏訪が話したいことは、たったひとつだけ。
それは、皆藤もじゅうぶん理解している。だからこそ、教室で1人、しっかりと結論を出してきたのだ。

「先生」

自分の言葉を待っている彼に、呼びかけた。
皆藤にはもう、逃げるつもりもはぐらかすつもりも全くない。しっかりとこの3人に対して結論を出さない限り、もっと傷つけることになるのだから。

「あのさ」
「ん?」
「今日、時間ある?」
「え?」
「写真、撮りに行こう。連れて行きたい場所があるんだ」

俯いたままだった皆藤は、顔を上げてそう言った。これからする話をこんな場所でしたくない、そんな意味を込めて。
そしてそれを、諏訪も正確に理解した。

「いいよ」

ニッコリと微笑む。

「俺、ついに自前のカメラ買ったはいいけど、職員室にしまいっぱなしになってたとこなんだ」

諏訪が少し明るい口調でそう言ってやると、皆藤も微笑んだ。




町田は、保健室で空を見上げていた。
今日も晴天だ。あの日以来、自分たちの心とは裏腹に、憎たらしいほどの晴天が続いている。
すると、白衣のポケットのスマホが震えた。取り出して、画面を眺める。

【新着メッセージ 1件】

ロック画面を解除して、アプリを開いた。皆藤からだ。

『今日は、家でメシ食うから。何か必要なモンあったら言って』

町田に、少しだけ笑みが出た。

『俺が買って帰るから大丈夫だよ』

それだけを返信して、ふうと大きく息をつく。やっと自分と向き合ってくれる気になってくれた皆藤に、ホッとした。
もしかしたら皆藤は、決断をしたのかもしれない。自分から離れる覚悟を決めたのかもしれない。それでも彼と会話が出来ることが、今の町田には嬉しかった。





「へぇ、いい場所だな~」

車を降りて、諏訪はその光景を眺めた。
皆藤の案内で、諏訪は海に来ていた。皆藤がよく訪れる、あの海だ。自分が自分でいられる場所。自分が選んだ人間にしか見せるつもりのない、この場所。そこに皆藤は、諏訪を誘ったのだ。

「この時期のこの時間じゃ、誰も居ないのな」

海には、誰ひとりとして人が居ない。特に今日は3月といえどかなり寒いし、海になんてくる人間が居ないのだろう。

「貸切だね」

皆藤も、グッと伸びをしながら深呼吸がてら答えた。そして2人、顔を見合わせて微笑み合う。
最近ずっと難しい顔をしていた皆藤が、いつも以上に笑顔を見せてくれる。それが諏訪には嬉しくて、確かに進路指導室なんかで話をしなくて良かったと痛感した。

「お前、ここよく来るの?」
「ああ。いつも人が少ないし、無駄なモンないし」
「いい景色だよな」
「海が好きなんだ」
「バカヤローとか、叫びたくない?」
「1人で叫んでな」

波打ち際を歩きながら、そんな会話をして。ここ最近のぎこちない関係などまるで嘘のように、穏やかな空気だけが2人の間に流れている。ちょうど日没近いこの時間は、水平線に沈む夕日がとても綺麗だ。

「写真、撮らねぇの?」

カメラを手にしたまま歩き続ける諏訪に、皆藤がその手をぐっと上げさせた。そんな皆藤は、手ぶら状態だ。諏訪の車に、バッグを置いてきてしまっている。

「お前こそ、カメラは?」
「今日は持って来てない」
「写真撮ろうっつったの、お前じゃん」
「先生が撮ればいいんだよ。それ自前なんだろ?カメラは置物じゃねぇんだから。写真部の顧問なんだし、少しは腕磨けよ」

相変わらず態度の大きい皆藤が、つっけんどんに吐き捨てる。
そんな彼にフッと笑って、少し意地悪根性が出た諏訪は、皆藤にカメラを向けていきなりシャッターを押した。

「え……?」

突然自分にカメラを向けられて驚いた彼の表情が、バッチリと納められる。

「今日の俺のモデルは、お前ね」
「は?」
「はい、笑って~~」
「ちょ…っ、やめろよ」

写真家のように皆藤に注文をつけながらふざける諏訪に、皆藤は慌てて顔を背ける。それでも諏訪は、お構いなしに彼にカメラを向けてシャッターを押した。

「バカじゃねぇの?」
「バカだもん。だから、俺のバカに付き合ってよ」
「はぁ?」
「はーい、智司くん、笑って~?」
「ちょっ……やめろって」

言いながら、皆藤の顔が少しずつ笑顔になっていく。バカな発言をしながら、諏訪は写真を撮り続けた。
次の瞬間、

―――え?

諏訪は、思わず手が止まりそうになった。
諏訪に呆れて笑う皆藤が、突然パッと全開の笑顔を見せたのだ。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 22-06】へ
  • 【PERFECT BLUE 22-08】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 22-06】へ
  • 【PERFECT BLUE 22-08】へ