FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【連載中】」
3幕-23:愛のある場所

PERFECT BLUE 23-06

 ←PERFECT BLUE 23-05 →PERFECT BLUE 23-07
[3]

翌朝。皆藤が目を覚ますと、時計は9時を示していた。朝方まで眠れずにいたのだが、いつの間にかうとうととしてしまったらしい。
少しでも眠れたことと夕飯はカップラーメンで済ませてしまったこともあり、少しだけお腹が空いた。どんな時にでも腹は減るのだと感じて、思わずフッと笑ってしまう。こんなときに、自分が生きていることを実感するなんて……。
ベッドを降りた皆藤は昨日洗った服を着てから、カーテンを開けて窓の外を眺めた。今日は土曜日なので、車通りも激しいし人も多そうだ。どこに行っても、人ごみかもしれない。今日も食事は近所のコンビニにしようと決め、コートを羽織って部屋を出た。
このホテルには、明日の分まで支払いはしている。財布の中身を見る限りまだあと1ヶ月ぐらいは軽く支払えそうなのだが、皆藤は延長の支払いを迷い始めていた。
自分は、本当にここに居るべきなのか。町田との月日をリセットするためとはいえ、ブリリアント・ストリートに戻ることなど自分にできるのだろうか、と。
考えれば考えるほど町田とノブの悲しむ顔が頭に浮かんで、皆藤の決意はグラグラと揺らいでいた。





「じゃあ、俺は病院に戻るわ」

榊が買ってきた朝食を摂り10時を過ぎた頃、一旦マンションに戻って着替えるからと、榊は帰ることにした。昨夜も殆ど寝てなさそうな町田に優しく微笑み、玄関に向かう。

「悪かったな。せっかくの休みに」
「何言ってんだよ。お前らしくもない」

いつになく弱気な町田にすっかり調子を狂わされて、榊は思わず苦笑した。そして、彼の頭をクシャっと撫でる。

「もう少し様子見てさ、警察に捜索願出した方がいいかもしれないな」
「……あぁ」
「そしたら学校に、お前と智司のことがバレるだろうけど」
「それでも、智司の安全の方が大切だよ」

間髪を入れず、町田はそう答えた。皆藤が無事であること、そこの確認が第一だと。捜索願だなんて出したら皆藤は嫌がるかもしれないが、それぐらい、彼を大事に思っているのだから。

「そうだな」

榊も、大きく頷いた。そして、玄関のドアを開ける。

「今日は仕事がいろいろ重なってて連絡出来ないかもしれないけど、明日とか、時間みて必ず連絡するから」
「分かった」
「じゃあな」
「ああ」

少し笑って手を振る町田の頼りなさそうな表情が心配だが、仕方なく榊は、仕事のためにその場を立ち去った。
これほどまでに町田を心配させる皆藤には頭を悩ませられるところだが、皆藤が姿を消した理由には、皆藤が諏訪という男に惹かれた理由には、町田にも大きな原因があると気付いている榊には、どちらを責める気にもなれなかった。

「バカだよ……」

マンションを外から眺めながら、そんな呟きが漏れる。それは、皆藤にも町田にも、両方に向けて言った言葉。
そして、"諏訪慎"という顔も知らない男に、榊は少しだけ同情した。





皆藤は、コンビニで買ってきたサンドイッチとサラダを食べると、そのままベッドに寝転がって同じことばかりを考えて過ごし……夕方、あの店に向かった。

「あ、来てくれたんだ~」

今日はシフトが入っているらしきケイが、制服姿のまま皆藤の座るボックス席に近寄ってきた。
黙っていると近寄り難い印象を受けるケイだが、笑うと急に人懐っこい雰囲気を醸し出す。そしてよく喋り、よく笑い、誰からも好かれていそうな様子だ。
そんな彼は、格好は多少不良っぽくも見えるが、ブリリアント・ストリートにいるような人間とは違うタイプだと皆藤は思う。どちらかと言えば一般人に近いと。

「昨日来なかったからさ、やっぱもう来ないんじゃねぇかなって思ってたんだよ」

そう言いながらケイは、仕事をほったらかしにして、皆藤の隣に腰を下ろした。確かに店内にはかなりの店員が居るし、ケイ1人ぐらいサボっていても問題はなさそうだった。

「何か顔色悪いけど、平気か?」

少し蒼白い顔をしている皆藤に、ケイが心配そうに覗き込んでくる。目の下のクマがすごいよと。

「寝不足なんだ。でも大丈夫だよ」

素っ気なく、皆藤はそれだけ答えた。ケイは自分より年上には見えるが、敬語なんてこの界隈には必要ないし、ケイ自身も友達感覚で会話をしているつもりのようで、全く気にしていない様子だ。

「お前ってさ、今どこで寝泊りしてんの?」

家出人がどこで暮らしているのか、体調に支障が出るほど寝不足ということはもしかして宿無しなのではないかと気になったのか、ケイはそう訊ねてきた。

「テキトー」
「は?」
「テキトーに暮らしてる」
「何それ。ワケ分かんないヤツだね、お前」

ハハハ…と笑って、彼は眉を寄せた。とりあえず寝る場所はあるにはあるのだと理解したのか、少し安心した顔も見せながら。

「この店、気に入ってくれたんだな?」

再びこのバーに来てくれたということは、悪くないと思ってくれてるんだろ?と、その瞳が言っている。人を覗き込むのはケイの癖のようで、いちいち距離の近い彼に皆藤はわずかに体を離した。

「別に、そんなんじゃない」
「え、じゃあ、何?」
「来ちゃ悪いなら帰るよ」
「あ~、ストップストップ」

いきなり立ち上がった皆藤を、慌ててケイは腕を引いて座らせる。何だか全く話を分かってくれていないようだと、苦笑いで皆藤の肩をポンと叩いた。

「違うって。俺はね、また来てくれたことが嬉しいなと思っただけだよ。素直に言葉を受け取れよ」
「………」
「俺は、お前を気に入ったの。それに俺もさ、お前ぐらいの歳のときに家出してこの街に来たからさ、いろいろと話してみたいんだよ」

ケイは、3年前にこの街に来たらしい。それはちょうど、皆藤と町田がこの街を出てすぐぐらいの時期だ。
家出の理由についてはケイは話さなかったが、とにかく、家を飛び出してここに来て、しばらくはブリリアント・ストリートに居たという。だが、すぐにこの店で働き出して、ここの従業員たちと居ることが楽しくなって毎日の殆どをここで暮らすようになったのだと。ブリリアント・ストリートには、それ以来行かなくなったらしい。特定のグループに属していたわけではなかったらしきケイは、さっさとあの場所を抜けられたようだ。

「俺もさ、あんまり自分のこと話すの好きじゃないからね、詳しい経緯とかは話す必要ないと思うし言わないけど」

そう言いながら、ケイは煙草の煙を大きく吸い込んで吐き出す。そして、少し遠い目をした。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 23-05】へ
  • 【PERFECT BLUE 23-07】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 23-05】へ
  • 【PERFECT BLUE 23-07】へ