FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
4幕-24:知らせ

PERFECT BLUE 24-05

 ←PERFECT BLUE 24-04 →PERFECT BLUE 24-06
「なあ、どこ行くんだよ」

無言で車を走らせる町田に、助手席の串崎が不思議そうに首を傾げた。
放課後、3人で一緒に校舎を出て、町田の車に乗せられた。串崎も諏訪も車で出勤しているが、2人の車は学校に置きっぱなしで来ている。

「俺ん家」

ボソリと、町田が呟いた。しかし、それに対して串崎も諏訪も不審感が出る。

『お前、どの辺に住んでるの?』

まだ出逢ったばかりのころ、串崎は何気ない世間話の中で町田にそんなことを訊いた。すると町田は、今向かっている場所とは反対の場所を言ったのだ。そこに従兄弟と住んでいるのだと。
それは、諏訪も同じだった。初めて3人で飲みに行ったとき、同じ市内のマンションに住んでいることを知った諏訪が具体的にどの辺りかを訊いたとき、同じようなことを答えられたのだ。

「お前、逆方向じゃねぇの?」

串崎は外を眺めながら、町田に訊ねる。しかし町田は、そのまま無言で車を走らせた。

数分後、車はあるマンションの中に入って行った。あまり大きな建物ではないが、新しそうな綺麗なマンション。迷わずに町田は車を入れ、駐車場へと入っていく。
そこで諏訪は、ふと駐輪場にあるバイクに目が止まった。

「……あのバイク…」

見間違うはずはない。皆藤のバイクだった。真っ黒なボディに独特なロゴのついている、中型バイク。どこにでもあるようなものではなくて特徴のあるデザインと、何よりも、通り過ぎる瞬間に思わず目が行ったバックナンバーがそれを確実にしている。同じデザインで同じナンバーのバイクなんて、2つあるわけがない。それは、紛れもなく皆藤のバイクだった。

「諏訪?」

諏訪の呟きに気付いた串崎が振り返ってくる。しかし、諏訪は何も考えられなかった。どうして町田のマンションに皆藤のバイクがあるのか、そして、町田はどうして自分たちに全く反対方向の場所を教えていたのか。
そういえば…と諏訪は思い出した。皆藤の住所が、この町内ではなかったかと。さすがに詳しい番地までは覚えていないが、よく待ち合わせに使った本屋を先ほど通り過ぎたことからも、あの本屋が徒歩圏内にあることからも、やはりここは皆藤の居住近辺ではないかと。それが一体どういうことなのか、そこまでは頭が回らなかった。
やがて車は、"401"という場所に駐車された。客用に何も表示されていないところではなく、401という部屋番号らしきところに、迷わず彼は車を停めた。

「着いたよ」

いつになく無口で暗い声の町田が、顔を向けるわけでもなく2人に声をかける。先に出た町田に続き、2人も車を出た。そしてそのまま、町田に連れられながら、諏訪と串崎は中に入っていく。
エレベーターに向かって歩きながら、ふと諏訪は、エントランスに入ってすぐの郵便ポストに目を向けた。401のポストを探す。そして……

「え……?」

思わず、立ち止まった。

「何?」

串崎も振り返って諏訪に目を向ける。驚いた顔でポストを凝視している彼に不審に思ったのか、近付いてきた。立ち止まった町田は、そんな2人を無言で見つめている。

「これ、どういうこと?」

諏訪の視線の先を見た串崎も、驚いて町田に顔を向けた。
彼らが見ている401のポストには、"皆藤"という名前が書かれているのだ。諏訪の予想通り、ここは皆藤のマンションだ。

「いいから、来いよ」

自分に答えを求めてくる困惑顔の2人に町田はやはり暗く低い声で告げ、またエレベーターに向かって歩き出した。仕方なく、2人も顔を見合わせたものの町田の後を追った。
4階で止まったエレベーターを降り、どんどんと歩いていく町田を早歩きで追う。
やがて町田は、奥の部屋で立ち止まった。401だ。そして表札には、

"皆藤"

やはり、その名前があった。
どう考えても、ここは皆藤のマンションじゃないのか……諏訪と串崎の頭に、そんな思いが過ぎる。しかし、町田はポケットからキーを取り出すと、淡々と玄関のカギを開けた。すんなりとドアが開く。

「入れよ」

立ち尽くす2人に、町田がそう促した。思考が全く回らないまま、2人はその中に入った。
その部屋は、2LDKの広めの部屋。それだけで、ここが皆藤の部屋ではないと分かる。高校生が住める場所ではない。そして独身の一人暮らしが住む場所とも思えない。諏訪も串崎も、1LDKに住んでいて十分広いと感じるのだから。よっぽど金のある人間なら住むかもしれないが、彼らの年齢で学校教諭といえば、まだまだ安月給だ。
一体これはどういうことなのかと、諏訪と串崎が玄関な上がったまま立ち尽くしていると、

「これが、俺の住んでる、本当の場所」

2人の後から入ってきてドアをパタンと閉めた町田は、彼らの前に回り込みながらそう告げた。そして、手前の部屋のドアノブに手をかける。

「表札の名前が何で俺の名字じゃないのか、答えはこれ」

ドアをガチャリと開け、2人を中に促した。

「これ……」

学生服と高校指定のバッグが、2人の目に止まる。表札の"皆藤"の名前。これが、皆藤の所持品だというのだろうか……?
そして諏訪は、机の上のカメラに目が止まった。一眼レフの、少しアンティークなデザインのカメラ。それは、皆藤が愛用していたものだ。そして眼鏡も、一度皆藤が諏訪の部屋に忘れていった、あの眼鏡だ。

「どういうことだよ」

部屋を出た串崎が、ドアノブを握りしめたまま俯いている町田に顔を向ける。諏訪も、部屋から出て町田を見つめる。


「……俺たち、一緒に暮らしてた」


その言葉に、諏訪も串崎も目を丸くした。
町田の口から出た言葉の意味が、理解出来ない。しかし、それには他に意味なんてないわけで。

「もう、ずっと前から」

この高校に来る前から、ずっと。町田は、顔を逸らさずにしっかりと2人を見てそう言った。そして、諏訪に目を向ける。

「俺は、ブリストに居た時から、アイツと知り合いだったんだ」
「………」

諏訪は、微動だにせず、ジッとこちらを見てくる。その目を逸らさず、町田ははっきりと打ち明けた。

「お前が、吉田さんていう警察の人から聞いた話は、全部本当。俺は、更生して東京に来たんじゃない。高校辞めて家を飛び出して東京出てきて、行くとこなくて…ブリストで悪いことばっかりしてた」
「……高校辞めてから、って…」
「17の時だ。……全部話す。こっち来て」

立ったまま話すことではないからと、町田は2人をリビングへと促した。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 24-04】へ
  • 【PERFECT BLUE 24-06】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 24-04】へ
  • 【PERFECT BLUE 24-06】へ