FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【連載中】」
4幕-24:知らせ

PERFECT BLUE 24-10

 ←PERFECT BLUE 24-09 →PERFECT BLUE 24-11
電話口で黙ってしまった榊の想いには気付かず、町田はあの後に起きた出来事を思い出しながら打ち明けた。

「でもな、その後宇賀、昨日かな、ウチに来たんだよ」
『え?』
「俺に、謝ったんだ、アイツ。"この前はゴメン"って……」

『ゴメンね。先生を責めちゃいけないって、本当は分かってるんだ。でも、当たれる人が先生しかいなくて……』

宇賀は、そう言ったのだ。町田の話を聞いて、やりきれない気持ちを本人に当たるしかなかったのだと。町田を責めてはいけないと思いながらも、感情のコントロールがきかなくなってしまったのだと。

『もしかしたら、先生の方が辛いかもしれないのに。あの話聞いたらそれぐらい分かったはずなのに……ゴメン』

やっぱり涙を流して、宇賀はそう頭を下げてきた。
そんな宇賀の言葉に、姿に、町田はただただ絶句してしまっていた。辛い気持ちを抑えて謝りに来た宇賀の姿が、悲しすぎた。
一番弱いのは自分で、そして自分の弱さでこんな風に人を悲しませているのに……

「アイツら、俺のことも心配してくれるんだよ。宇賀も諏訪も、智司のこと乗り越えられなくて辛いのに、俺のこと……」
『………』
「みんなが俺を許すんだ。みんなが俺に優しいんだよ。気遣われる権利なんて俺にはないのに。
彼らに囲まれて普通の生活してる自分が、俺は一番許せない。時間と共に戻ってくる日常なんて、そんな権利、俺には……」

その先は、声が詰まって言葉が出なかった。ここで泣いたらとても卑怯だ、そんな気持ちが、町田の心に渦巻いていた。
そして思うのは、やはり皆藤のこと。
最愛の人が火事に巻き込まれて焼け死んだという、この2か月間一時も頭から離れたことはない、残酷なあの知らせ。その状況を想像する度に、死にたい気持ちになる。

「智司さ……すげぇ苦しかったよな、きっと」

考えるのは、その瞬間のことばかり。炎の熱さと煙を吸い込んだ息苦しさで、息を吸うたびに入り込んでくる炎に喉を焼かれて苦しみながら死んでいったのだろうかと。
彼が苦痛に顔を歪めて死ぬことなど、あってはいけないのに。

「1人で、きっと怖かったよな……」

もしかしたら、自分に助けを求めたかもしれない―――そんなことを考えてしまえば、今自分が生きていることすら責めたくなってくる。


独り言のような町田の告白を、榊は何も言えずに聞くしか出来なかった。
そして、町田が無言になると同時に、榊には心の中にひとつの決心が生まれた。

「祥」
『……ん?』
「明日、土曜日だけど、お前家に居るか?」
『え?ああ、居るけど……』
「俺、そっちに行くから。明日は非番だけど、もしかしたら仕事入るかもしれないけど、それでも行くから。どこにも行かないで家に居ろ。1人で」

もうこれ以上、黙っているわけにはいかない。榊はそう考えた。

『功輔?』
「いいな?絶対居ろよ。1人でだぞ?諏訪とか串崎とか宇賀とか、誰も呼ぶな。来たら俺が来る前に帰しておけ。絶対にお前1人でいろ。お前だけに話がある」

言い終わる頃には、榊の決意は固く揺るぎないものになっていた。
少なくともまずは町田には、打ち明けなければいけない。その後どうするかは、その時考えればいい、と。


突然厳しい口調で言ってきた榊に、町田は困惑を隠しきれなかった。だが、

「……あ、ああ。分かった」

真剣すぎるその声に、気が付けば頷いていた。
すると榊は、慌てたように一方的に電話を切ってしまった。

「何だ?アイツ…」

榊のわけの分からない行動に、久しぶりに町田からは間の抜けた声が出た。


電話を切った榊は、そのまま休憩室を出た。そして、真っ直ぐにナースステーションに向かう。

「教授!」

深夜近い病院では出してはいけないような大きな声で、川口を呼ぶ。夜勤の看護師たちに注意すべき患者の対応を指示していた川口は、驚いて肩をビクンとさせた。

「榊?」
「教授。ちょっと、大事な話が……」
「え?あ、ちょっと待って……」

普段は自分に似て穏やかな榊が切羽詰まったような表情で来たため、川口は戸惑いながらもとりあえず彼を制する。そして、看護師たちに指示の続きをきちんと伝えると、榊の腕を引いてナースステーションを後にした。患者は寝ている時間だし、廊下で話をするわけにはいかない。

榊をドクタールームへと連れてきた川口は、自分の席に着くと、隣の榊の椅子を近くに寄せた。

「どうしたの」

そこへ座るように促しながら、心配そうに顔を覗き込んでくる。榊も腰を下ろし、単刀直入に用件を打ち明けた。

「教授、俺やっぱり、もうこれ以上隠せません」
「……ん?」
「明日祥に会って、伝えます」
「ショウって……え、ショウって、町田祥君?例の?」
「はい」
「え?何、どうしてまた急にそんなこと」

つい先日その件については経過観察が必要だと話したはずだと、川口は榊を落ち着かせながら窘める。
しかし、榊の気持ちは固まっていた。

「さっき電話で話したんですけど、話す度にアイツ弱ってます。アイツは、自分が生きてること自体を責めてる気がしてならないんです」
「え?」
「アイツは根性のある奴だけど、相当打たれ強いやつだけど、自分自身に責任を感じてしまっている以上、その強さは意味がないんです。智司があんな目に遭ったのは自分が原因だって感じて、それでも自分には今までの日常が訪れることが許せない、って。そこまで自分を追い込んでしまうぐらい、アイツは智司のこと大切なんです」
「………」
「それに、周りの人間も、祥を心配してます。でもそういう中にだって、智司のことで相当参ってる人間がいるんです。寧ろそういう人間ばっかりです。それでも彼らは祥を心配して気遣って、それでまた、アイツは気にして……。これじゃ、こっちのことが何とかなる前に、俺たちが"慎重な判断"をしている間に、アイツらが……祥の方がどうにかなっちゃいますよ」

榊は、必死でそう訴えた。
すると川口も、腕を組んでしばらく難しい顔をしていたものの……やがて納得したのか、一度大きく頷いた。

「分かった」

そう言って、榊の目を真っ直ぐ見つめる。そこには、優しい色が現れていた。

「そうだね。榊の言うことも、そうかもしれない。君が思うように、やってみるといい」
「……教授…」
「それからのことは、また考えよう。不安はあるけれど、もうそれしかないね。確かにその様子じゃ、友達の方が心配だ」

少しだけ笑みを見せ、川口は頷きながら言った。榊も、ホッと笑顔になる。

「明日は非番だろ?夜勤が開けたらすぐに行ってあげるといい。それで、ちゃんとここに連れて来なさい。町田君だっけ?彼には、俺の方からもきちんと詳しい話をするから」
「はい」

榊の思いに理解を示した上で冷静な判断をした川口の言葉に、榊は大きく頷いてから深く頭を下げた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 24-09】へ
  • 【PERFECT BLUE 24-11】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 24-09】へ
  • 【PERFECT BLUE 24-11】へ