FC2ブログ

「シンクロニシティ(直×大)」
1:勘違い

1-1

 ←Prologue →1-2
【1:勘違い】

10月某日。
新潟市内。12時45分。

「何してんねん、俺……」

駅前のバスターミナルに腰を下ろした大河は、思わずそう呟いた。

久々手に入れた貴重なオフの早朝。
何気なくつけたテレビに、直希が映っていて。
気がついたら、新幹線に乗っていた。
だから荷物は、スマホと財布だけが入ったボディバッグのみ。

―――直希、ここ居るんか…

週末の2日間を使い、新潟県で行われるライブイベント。
大河たちRAGING THIRSTにもオファーが来ていたものの予定が合わず、しかし注目度の高いこのライブには何かしらの形で参加した方が良いという岡本(バンドチーフマネ)の意見で、唯一スケジュールが確保できる直希だけが参加となった。
初日は人気ギタリストと共に某有名歌手と共演することになった直希は、2日後に控えたライブの番宣として、朝の情報番組にゲスト出演していたのだ。
その顔を見たら、急に会いたくなって。

―――何て言って会うねん

こんな風に突然現れて、迷惑かけるに決まっている。リハだけならまだしも、こうして番宣だ何だで多忙な彼に、そもそも会えるわけがない。
そこに気付いた大河は、ここまで来ておきながら肩を落として俯いた。

直希と最後に顔を合わせたのは10日前のレコーディングで、その後もレコーディング自体は頻繁にあるものの、ドラマ撮影の合間を縫ってスタジオに訪れている大河は、直希と見事にすれ違っている。
それだけお互いに仕事が増えたというのは喜ばしいことだが、同じ空間を行き来しているのにすれ違ってしまうというのは、どこかもどかしさも感じていた。
だから、今回のように距離的にも完全に別々となれば、諦めはつくのだが。
テレビ画面を通して映った直希が、今まさに同じ時間を共有しているなんてことを考えてしまえば、大河は急に彼が恋しくなってしまっていた。

ドラマ撮影もなければレコーディングもない、完全なオフ。次にいつこんな休みが取れるか分からない。
そして直希も、このライブから帰った後だって、先月のように余裕のあるスケジュールではない。同じように多忙だ。
12月に入れば間もなくドラマ撮影も終わるし、ついでにPOLYGONの仕事があるからまた頻繁に会えるとは思う。ならばそれまでの1ヶ月半ほど、彼と顔を合わせる機会は何回だろうと考えれば、レコーディングで数回会える程度に思えてきて。
そうとなれば、このオフをどう使うかなんて―――そう思った瞬間、半ば無意識に体は動いていたのだが。

―――怒られる…よな、きっと

殺人的スケジュールを心配されて、オフはしっかり休めと、大河は昨日まさに直希から電話で言われたばかりだった。
気分転換に遊ぶのもいいが、限度は考えろと。まるで親のように釘を刺され、大河は苦笑いをしながらも直希の気遣いを実感しながら『そうする』と答えたばかり。
それが、舌の根も乾かぬうちに、あろうことか新幹線に乗って新潟まで来たなんて知られたら、怒られるに決まっている。

『おはようございま~す♪』

あの笑顔が恋しくて来てしまったけれど、実際に自分に向けられるのは怒り顔のはずだ。
この場所まで来てようやくそこに気付いた大河は、一度大きくため息をついてから顔を上げた。

「うん。帰ろう」

ちょこっと新潟まで新幹線で来ました、なんて、どんなセレブの暇つぶしだろうかと苦笑いが出てくる。
せっかくなら少しだけ観光でもしようかと、そういえば寺泊の市場ってどこなのだろうかと、スマホを出そうとすると。
タイミングよく、スマホが震えて。
慌てて出せば、

『鈴野直希』

その人からの着信だった。

―――直希…

相変わらずどこかリンクするのは、知り合ってからの6年間ずっと繰り返していること。
こんなタイミングすら、繋がっていると。
落ち込んでいたくせにすぐに嬉しくなってしまうのだから、自分もずいぶんと彼に毒されている証だと大河は思う。
もしかしたら彼も、自分に会いたくなって連絡をくれたのかもしれない、なんてことまで思えてきて……。

―――いやいや、それは都合が良すぎるやろ

お気楽な自分の思考回路を一度叱咤してから、大河は心を落ち着かせて通話ボタン押し、耳に当てた。

「はい」
『大河?』

自分を呼ぶ声。
年がら年中聞いている声なのに、昨日も聞いた声なのに、彼のことばかりを考えて恋しくなっていたせいか、胸が熱くなる。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Prologue】へ
  • 【1-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Prologue】へ
  • 【1-2】へ