FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
4幕-28:勇気と決意と青空と

PERFECT BLUE 28-04

 ←PERFECT BLUE 28-03 →PERFECT BLUE 28-05
[2]

皆藤を部屋に送り届けた宇賀は、帰り際、町田だけを玄関の外へと連れ出した。

「先生、分かった?」
「……え?」
「俺が、この間言った言葉の意味」

『先生は、バカだよ……』

皆藤と再会した時、宇賀が言ったその言葉の意味。それを、町田が分かっているのか、宇賀は知りたかった。
すると町田は、少し戸惑うような表情を見せてから口を開く。

「……自分が、アイツのこと分かってやれなかったことは、分かったよ」
「それ以外は?」
「……え…」
「もっと大事なことがあるでしょ?」

皆藤の気持ち。それに気付いてやれたのか、宇賀はそれが一番聞きたいのだ。
そんな彼に、町田は躊躇うような素振りを見せた。自分の思っていることが、本当にそうなのか、自分から目を逸らそうとする今の皆藤の瞳からは分からないからだ。
煮え切らない表情の町田に、宇賀は溜め息を漏らしてきつく視線を投げかけた。

「もっと、瞳の奥を見て」
「え…?」
「アイツの、瞳の奥。ちゃんと見てあげてよ」
「………」
「臆病な智司の瞳の奥にある真実、分かってあげて。俺も諏訪先生も気付けたんだから、先生だって気付くはずだよ」

そうやって逃げてばかりいちゃダメだ。宇賀はそう言った。
6つも年下の人間に叱られている自分というのがどうも情けなくなったが、それでも彼の言うことは確かにもっともで。だから町田も、小さく微笑みながら頷いた。

「分かったよ。怖がらずに、ちゃんと俺もアイツと向き合う」

それがその場しのぎの言葉ではないことを宇賀も理解し、やっとホッとした表情をみせた。そして、町田の背中を軽く叩くと、

「智司から聞いたよ、さっき。体調崩してたみたいだね。ちゃんと寝て食べなきゃダメだからね」

まるで母親みたいなことを言って去って行った。その後ろ姿を見ながら町田は、思わず笑ってしまった。


マンションを出た宇賀は、歩きながらスマホを手にとった。
これから、とりあえず電話をしなければいけない相手がいる。たくさん心配をかけて、この状況を知りながらもまだそれを客観的にしか見ることの出来ない人物。、
数回のコールで、相手は出てくれた。

「もしもし?くっしー?」
『おう。宇賀。どうした?』

電話の相手は、串崎だ。
町田の、皆藤との長い同居関係という衝撃の告白以来、この状況が全く分からない串崎が、電話口から心配そうに語り掛けて来る。ひたすら自分たちを心配して、ときには自分にあの後も電話をくれたり家に来てくれた彼がどれほど苦しかったか、宇賀には痛いほどわかっている。だからこそ、真っ先に電話をかけたのだ。

「ん?ちょっとね、俺の近況報告しようかと思って」
『近況報告?っつうかお前、何か元気だな』

本来の元気な宇賀らしい声に少しホッとしたのか、串崎は笑みを含んだ声で訊ねてくる。

「とりあえず俺は、もう大丈夫だよ」
『ん?』
「全部、分かったから。自分の間違いと、正しさ」
『宇賀……?』
「俺と智司は親友だって、相棒だって、ちゃんと分かったんだ」


「えっと…」

宇賀の言葉に、串崎は最初はついていけずに混乱していた。
だが、すぐに理解した。
宇賀の愛は、皆藤への強い友情が見せた錯覚だったのだと。
なぜならそれは、串崎も心のどこかで抱いていた予感だったからだ。しかし、皆藤の件で大きなショック状態にあった彼に、その事実を伝えることは憚られていたのだ。

「ん、そうか」

ホッと息を吐いて、串崎も安堵の笑みを漏らした。


すでに暗い道で石をけりながら、宇賀はすがすがしい気持ちで串崎に打ち明けた。

「俺ね、アイツに少しだけ、光を与えてあげられた気がするんだよ。そんで、アイツからも、光をもらった気がする」
『皆藤から?』
「うん。アイツとじっくり話したんだ、今日。そしたらアイツも俺に、心を開いてくれた。俺との間の壁を、やっとどかしてくれた。だから俺も、たくさん言葉をあげたんだ」
『へぇ……』
「俺さ、アイツが俺との間にギリギリのラインを引いてくれてて、本当に良かったって思う。そのおかげで、友達に戻れたんだから。振られて友達の関係に戻って、それがこんなに嬉しいのは、錯覚してた証拠なんだよね。アイツとは、これからずっと、一生、友達でいられると思う」
『そっか。うん、そうだな。相棒なんて呼べる存在は、なかなか出会えないもんな』
「そうだよね」


『俺、今日、勇気出して行ってきてよかったよ』

宇賀の言葉は、とても力強くてしっかりとしていた。
宇賀は、きっともう大丈夫だ。彼の声を聞きながら、串崎はそう確信した。

『くっしーにたくさん心配かけて、ゴメンね』
「何、いいってそんなこと。俺はお前の教え子だろ?それはこれからもずっとそう。俺にとっては、手の掛かる息子を持ったのと同じ」
『ハハ。手の掛かる、って……教え子に酷い言い様だね』
「いんだよ。手の掛かる息子ほど、可愛いもんよ」
『じゃあ、諏訪先生とマチルダ先生は?』
「アイツら?あれはまあ、すんげぇ手の掛かる大バカ息子かね」
『やっぱ息子なんだ~』

宇賀の笑い声が、電話越しに響く。久し振りに聞く、彼の元気な声だ。
すると、『あっ』と何かに気付いた宇賀が、大切なことを忘れていたとでも言うように話題を変えた。

『そうそう、くっしーに、もうひとつ謝らないと』
「何。俺に何したのさ」
『ちょっと、そんなんじゃないよ。そうじゃなくって、俺のせいでさ、くっしーの恋人にも迷惑かけたでしょ』
「は?」

あまりにもキワドイ発言が、串崎をギクリとさせる。
しかし、"恋人"という言い回しからして、きっとこれは宇賀特有の理由のない確信であって。きっとその"恋人"が誰かまでは知らないだろうと、串崎は適当に笑ってあしらってみせた。
だが、宇賀の怖さを串崎はまだ分かりきっていなかったようで……

『将史に、淋しい思い、たくさんさせちゃったよね?』

はっきりと、宇賀がその名前を出したものだから。
串崎の頭は、一発でショートした。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 28-03】へ
  • 【PERFECT BLUE 28-05】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 28-03】へ
  • 【PERFECT BLUE 28-05】へ