FC2ブログ

「reward(直×大)」
1:戻った日常

1-4

 ←1-3 →『reward』第1章アップ完了&拍手SS新作予告
『お前、クリスマスなのにマジで一人なんか?デートせえへんの?』

3年前のクリスマス当日、プレゼントだけ渡しに来た自分を引き止めて、昼ごはんも夕飯も一緒にと誘ってきた直希に大河はそう訊ねた。あれは、仕事の後に夕飯の鍋の材料を買って帰る車内だったか、それとも帰ってきて2人でキッチンに立っている時だったか…。
そしてそんな自分に、直希はあっけらかんと笑っていた。

『しないから大河と居るんでしょ』
『もったいないなぁ?モテるのに』

兄貴なんてイブに女が迎えに来てたで、と、同じモテ男でも違うもんだと大河がしみじみ言うと、

『大河だってモテるくせに。ていうか俺、モテるとかどうとか、もう興味ないんだよ』

直希はやっぱり、さらりとそう答えて。

『好きな人からモテなきゃ意味ないってこと、実感したから』

はっきりと、そう言っていた。

『何や、お前、そういう人居るんかいな』

そういえば直希の恋愛話をあまり聞いたことがないことに気付いて、思わず食いついた大河だったが、

『居るよ。片想いだけどね』

そう答えた直希の目が、なんだかとても切なくて。一気に、言葉を失ってしまった。
いつもノリの軽い直希らしからぬ重みを含んだ言葉に、さすがの大河も茶化せなくて。
そんな自分を、直希は真っ直ぐ見つめていた。

『その人には恋人が居るし、居なくても俺は難しいかとは思うんだけど…』
『何で?そんなカッコええのにか?しかもお前ええ奴やし』
『可能性あるって思うの?』
『普通にあるやろ』
『じゃあ大河は、俺と付き合える?』

そういえばあの日、直希はそんなことを言ってきたのだ。
それを今、思い出した。

『大河がフリーで、俺に告白されたら、どうにかなる可能性ある?』

目を丸くした自分に、彼はそう重ねて言ってきた。
そうだ、彼はあのとき……笑っていなかった。真剣だった。
あまりにありえなさすぎて気付かなかったが……。

「お前、あのとき…」
「ん?」
「俺に……」

あのとき大河はすぐに大笑いして、冗談としてしか受け止めなかった。そして直希も、そんな大河に合わせてすぐに笑ってくれたが。

―――本心やったんか…

知らなかったとはいえ、自分は彼に対してずいぶんなことをしてしまっていたのだと、つくづく感じて。

「ごめん、俺……」

申し訳なくて、大河は思わず俯いた。
大事な相棒の片想いを応援するつもりが、元気づけるつもりが、傷つけていたのだと。

「大河?どうしたの」

深く俯いてしまった大河が具合でも悪いんじゃないかと、直希が更に肩を抱き寄せてくる。
心配そうに顔を近づけてくる彼に、大河も顔を向けて。

「直希」
「ん?」
「夕飯、明日行こうか」

まずはそれだけを告げた。
すると当然、直希は目を丸くして、

「え?何、やっぱ調子悪い?」

意味をはき違えて、慌てたように体を触ってくるから。

「いやいや、そうやなくて」

そっちは本当に大丈夫だと、彼の両腕を掴んで制する。

「外食は明日にして、今日はそのまま帰ろうってことや」
「え…」
「俺今日は、お前とゆっくりしたい」

普段なら絶対に言えないが、いろんなことを思い出した以上、自分から誘ってやりたくて。
今日は2人きりでいたいという意味をこめて、そう伝える。
それはすぐに直希にも伝わったようで、それだけで彼の瞳が輝くのが分かった。
きっと去年までの直希は、"彼女の家で誕生日とクリスマスを祝う"と宣言して仕事場から去る自分を、仲間と一緒に笑顔で見送りながらも、辛い想いを抱えていたはずだ。部屋に帰って、一人寂しかったはずだ。
こんな自分のために……

だから、この数日間の感謝も含めて、今日は彼の好きなようにしてやりたい。いくらでも相手してやりたい。
3年前のこともここ最近のことも含めていろいろ思うところがあるであろう直希が、だいぶスイッチが緩くなっていることなんて、大河だってこの部屋での一連の彼の言動で察している。
しかし今日は、彼の暴走に自分ものっかりたい気持ちだ。
ここまで自分を想ってくれる人、自分だって初めてなのだから。

「お前んチ、泊まってええか?」

照れ隠しに鼻をかきながら、大河がチラッと隣を窺うと、

「ていうかそのつもりだし」

直希がまた、本当に嬉しそうに笑ってそう答えた。
それがまた恥ずかしくて顔を逸らそうとしたが、顎に手を置かれて制される。
そのまま直希の顔が近づいて。
軽いキスのあと、ペロリと、唇を舐められた。

「午後の収録、中止になったりしないかな」

素直に告げられた言葉に、大河は同士としてプロとして、怒りの制裁を彼の頭に食らわせた。


第2章へ進む

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【1-3】へ
  • 【『reward』第1章アップ完了&拍手SS新作予告】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【1-3】へ
  • 【『reward』第1章アップ完了&拍手SS新作予告】へ