FC2ブログ

「reward(直×大)」
4:reward

4-2

 ←4-1 →4-3
「直希?」

戸惑いながら抱き返してくれる大河の手元から、甘い香りが広がる。いつもの清潔感溢れる香りとはまた違う、大河の愛嬌を引き出すような香りは、すでに彼にしっかりと馴染んでいて。
あの日、店に入った瞬間に目に入ったそれは、直希を引き寄せるように足を向かせていたのだ。香りを確認する前から、自分の中では、最終的には自分はこれを選ぶ気がしていた。
そして同じように、大河はこのピアスを、何の予備知識もない状態で選んでくれた。
偶然その店に入り、その中にある数多くの種類から、自分が欲しかったその1つを。
それはまるで、数多くの人間の中から彼が自分を選んでくれたことにも似て―――

「マジで嬉しいよ」
「おお。何、そんなに欲しかっ…」
「そうじゃなくて」

体を離し、見上げてくる大河の髪を撫でる。

「俺たちが、やっぱり特別だってこと」

そう言いながら、目の前の唇に音をたててキスをして、

「ぜったい離さない」

また抱きしめる。
運命の相手だから好きになるのか、好きだから運命がシンクロしていくのか、どっちが先なのかは分からない。
いずれにしても確実なのは、そんな相手は、そこらじゅうに転がっているわけではないということ。だからこの存在を失うわけないはいかないし、何があっても乗り越えてみせると、直希はその人を強く抱きしめる。
すると大河も、

「うん」

小さくそれだけ答えて、背中をポンポンと叩いてくれた。
2週間前、この絆を断ち切ろうとしたことを詫びるかのように。
そして、また「あ」と声をあげて。

「そうや。そういえば…」
「ん?」
「別件なんやけど…」

いきなり空気を変えて、体を離してきた。
このいいムードで"別件"て何だよ、と直希は思ったものの、

「ついでに、お前に渡しておきたいものがあったんやった」

直希の腕を叩きながらそう言って微笑んだ大河が、何だかとても子供っぽくて、

「何?」

結局優しい声音で、彼を覗き込んでいた。
そもそも、平気でムードをぶち壊すのは、種類は違えど自分も常習犯だ。

しかし―――

再びバッグを漁って財布から何かを出した大河が。
戻って座る流れで、

「はい」

手渡してくれたものは……

「え?」

1本の鍵。
直希が何度も見たことがあるもの。

「大河?これって…」
「お前に、渡しておくわ」

それは、大河のマンションの鍵だった。

「お前は俺に預けてくれたけど、俺の部屋のは渡してなかったから」

直希のマンションの鍵は、2ヶ月近く前に大河は渡されていた。
いくらでも好きに使ってくれと渡されたものの、実際には彼が不在のときに使ったことはない。一緒に過ごすことが決まっている上で、先に帰っていてくれと頼まれたときぐらいだ。まあ逆に言えば、使う必要がないぐらいこの部屋には彼と共に帰ってきているということでもあるのだが。

「しばらくは、あんま使う機会ないかもわからんけど…」

また別々の仕事が増えれば使うかもしれないから、と、改めて差し出す。

「ホントに、いいの?」
「何で?別にええよ」

意外そうに目を丸くする直希に、大河は微笑んで、その手の上に乗せてやった。

「そういえば俺は渡してなかったなって、気付いただけやから」

実際には、彼に合鍵を渡す決心がついたのは、誕生日に彼から指輪をプレゼントされたことがきっかけだ。
プライベート空間を全て預ける行為であるそれに、大河はどこかしり込みするところもあって。これまでの恋人にも、渡したことはなかった。
一人になりたいときに家に帰って、居られたら困る―――そんな思いを、いつでも大河は恋人に対して持っていたのだ。それは、相手を好きだとかそういう感情とは別次元のものとして。
しかし直希と一緒に過ごすうちに、そんな思いは薄れてきていて。
そして先日指輪を渡された瞬間、自然に思ったのだ。
"コイツなら居てもいいか"と―――

「お前も好きに使えばええわ」

でも引っ越すときは返せよ?と、軽い口調で頭を撫でてやると、

「"別件"じゃないじゃん」
「え?」
「どこが"ついで"?」

そんな言葉とともに、気がつけば大河は直希の腕に逆戻りしていた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【4-1】へ
  • 【4-3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【4-1】へ
  • 【4-3】へ