FC2ブログ

「Beyond Silence(W大)」
4:Vi Protegga

Beyond Silence 4-3

 ←Beyond Silence 4-2 →Beyond Silence 4-4
<Side-Fumitaka>
「ぶっちゃけ、俺が飽きたっつうか」

冷たい視線と冷たい声で吐かれた、その言葉。
瞬間、頭の中が真っ白になって。
俺は彼の腕を強引に引いて、寝室へと連れ込んでいた。

乱暴にベッドに押し倒し、優しさのかけらもなく大河にのしかかる。
もう、自分を止める自信も、止めるつもりもさらさらなかった。

「史孝さん?ちょっ…離せやっ、何やねん」

いつもと違う俺の様子に、大河の瞳に怯えが走る。それすら俺を拒絶しているようで、悔しくなった。
コイツは今、俺に何と言った?"飽きた"だって?
それを淡々と、俺に"好きだ"と言ってくれたときのトーンで。
それぐらい俺たちは"特別"な関係ってことかよ。
何を言っても許される、何を言っても傷つかない。どんな状況も、そんな言葉ひとつで簡単に変えられる、そんな関係だったって。
……ずいぶんとバカにされたもんだな。

「お前にとって、俺って何だったんだろうな」

ベッドに抑えつけ、月明かりに照らされたその愛しい顔を見下ろす。すると大河は、睨みつけるように俺を見上げてきた。
この気の強さが好きだった。本当は脆いくせに必死で虚勢を張る大河が愛しくて。
そう、今でも…こんなに……

「なあ、俺ってお前の何?」
「何って…、何?」
「俺たちは、恋人同士だったんだよな?」
「……そうや」
「だったらもう少し、別れ言葉を選んでくれてもよくない?」

耳元で囁いて、そのまま頬に軽く口付ける。
遠回しに別れ言葉を告げられたってそれはそれで傷つくけど、ただ、言葉を選んで欲しかった。
たとえそれが大河の本心じゃないとしても、本当はもっと何か理由があって、それが例えばエリコちゃんという存在だったとしても、だったらそう言ってくれればいい。どうしてわざわざ、酷い言葉を選ぶ?

「俺を煽って、何させたいの?」

酷い言葉を言われたりされたりして悦んだり興奮するような、俺はそういうタイプの人間じゃない。それは大河が一番知ってるはず。だからお前も、俺を煽ったりせず純粋に恋人関係を楽しんでいたはずだろ?
それを、何だよいまさら。

「俺が何を言われても本当に怒らないとでも思ってるわけ?」
「そ、そんなわけないやろ……っていうかホンマ離せやっ」
「ダメだよ。煽られて黙る男じゃないんだ、俺」

俺を怒らせるとややこしいんだよ。
しかも相手がお前なら。
しかもそれが別れ話だってんなら。

「憶えておいて、大河」

もう最後かもしれないけど。
耳元で囁いてから、裂くような勢いで大河のシャツの前を開き、その白い胸に噛みついた。

「史孝さん……っふざけんな離せって!」

今までにない俺の行動に大河もさすがに慌てて必死で抵抗をはじめるが、体勢的にも体格的にも俺に勝てるわけもない。

「嫌や!離せ!!離―――んんっ」

大河の抵抗の言葉を無言のまま唇で塞ぎ、深く深く口付ける。呼吸と一緒に全てを奪ってしまいたい。
これから自分が何をしようとしているのか、そんなこと考える余裕もなくて。ただただ、大河の言葉で頭に血が上った自分には、これまでのいろんな我慢を抑えることなどできなくなっていて。

"好きだよ、大河"

この2年、何度も何度も発した言葉。
もう伝えることすら許されない?

"俺だけを見てほしい"

たったそれだけの言葉を、どうして言えなかった?
たとえ今さらだったとしても伝えていれば、何かが変わったかもしれない。
変わらなかったとしても、こんな状況にはなっていなかったはず。大河が、あんな酷い言葉を吐くことも。
悪いのは、俺……。

初めて誰かを愛して、怖かった。
どうしていいか分からなくて、怖かった。
カッコつけて大人のフリするしか、できなかった。
その結果がこれだ。

「史孝さん、どうしたん?しっかりしろってっ」

一切言葉を発しない無言の俺に戸惑い、でも何かを察したらしき大河が俺を宥める。

「さっきのは冗談やから。だからちゃんと話を……」

今さら何言ってんだよ。
冗談って何だよ。
冗談だとしたって許さない。
そもそも、別れ話の最中に冗談言うバカがどこにいる。余計許さねぇよ。

大河の抵抗を綺麗に無視して、勝手に行為を進めようとする俺。
その手が大河のズボンのベルトに差し掛かったとき。
不意に、大河が抵抗をやめた。
思わず俺も、動きが止まる。

「……すんの?」

低い、氷点下のごとく冷たい、声。
吸い寄せられるように、その瞳に捕まれば、

「史孝さんがしたいなら、ええよ。しろよ」
「……大河?」
「そのかわり……」

言葉と同時に、襟元をグイッと引き寄せられて―――

「二度と俺に触れると思うなよ」

睫毛が触れ合うほどの距離で、声と同様に冷たい瞳で、そう吐き捨てられる。
本気で怒ったのは俺だけじゃない、自分もそうなのだと。
そして自分も、本気で怒らせたら厄介な男なのだと。
この、大好きな強い眼差しに、俺は一気に我に返った。



<Side-Taiga>
最後通告のごとく吐いた言葉で、史孝さんの力が一気に抜けた。
俺から離れ、背を向けるように体を起こした彼は、

「ゴメン」

小さく呟いて、俺に背を向けたまま、ベッドサイドに腰をかけて項垂れた。
俺も起き上がり、その背中をジッと眺める。

この人は、俺をまだ好きなんやろか。
それとも急に、別れるのが惜しくなったのか。

「史孝さん……」

この人に手を伸ばしてしまっても、ええんやろか。
出口のない迷路に迷い込むことには、なってしまわへんやろか。
それでも、そんな哀しい姿を放っておくことは俺にはできないから。
背後から、そっと彼を抱きしめた。
そうすれば、無言で重なる手。

「ちゃんと、話をしよ。史孝さん」

この人を、守りたい。

「もう俺、分かったから」
「……分かった?」
「一方的に終わらせようとしたけど、やっぱり無理やって」

決心が鈍らないうちに、なるべくあんたを見ずにさっさと終わらせてしまおうとしたけど、やっぱり無理なんや。こんな姿のあんたを放って、俺が去れるわけがない。たとえあんたが俺に冷めてしまっているとしても、だ。

「ちゃんと話して、結論を出したいんや。これからどうするか。俺が、どうすればええか」

手遅れかもしれないけど、最後でもええから、気持ちをぶつけ合おう。
あんたを苦しめたもの、俺が拭い去ってやりたいから。

「大河……」

史孝さんが、ゆっくりと俺を振り返った。

「ゴメン大河」

そっと、優しいキス。

「カッコ悪いな、俺」

苦笑いする姿すら、切ない。

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ 3kaku_s_L.png ★恋人たちのクリスマス(ミックス)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ  3kaku_s_L.png ★恋人たちのクリスマス(ミックス)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Beyond Silence 4-2】へ
  • 【Beyond Silence 4-4】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Beyond Silence 4-2】へ
  • 【Beyond Silence 4-4】へ