FC2ブログ

「アゲイン(陸×千)」
Epilogue~メンバーの内緒話~

アゲイン Epilogue

 ←『アゲイン』第4章アップ完了 →『アゲイン』完結しました&次回作予告
【Epilogue~メンバーの内緒話~】

遡ること、数時間前―――
千田が社長室に呼ばれている間、撮影再開が押しているタイミングを狙って大河が仲間たちに"千田イジり禁止"を言い渡した直後の稽古場にて。

「なぁ、大丈夫かなぁ??」

幸田がハラハラと、戻らない千田を思って出入口をチラチラと眺めた。
普段は照れくさいのか仲間に憎まれ口ばかりを叩く幸田だが、本来は仲間のことが好きで仕方がない。憎まれ口だって、構ってほしくてちょっかいをかけているだけなのだ。だからここでも、千田が大人たちに囲まれて怒られてやしないかと心配ばかりしている。

「それにしても千田って、ホンマ不思議な奴やな。よりにもよって陸さん引っ掛けてしまうって、やっぱ大物やね」

幸田を宥めながら、誠が笑った。あの、どんな美女からの誘惑にも動じないと噂の安藤陸がコロっと落ちるなんて、さすがだと。

「そういえば、お前は知ってたんか?」

驚きながらもやはり今回も終始冷静に見守っていた実が、直希を向く。1週間前からずっと、本来なら幸田らと共に大騒ぎしそうな直希が一切動揺していなかったから、不思議だったのだ。
それを"待ってました"とばかりにニヤリと笑った直希は、

「大河が、気付いてたみたいでさ。俺、結構前に大河から教えてもらってたんだよね」

実への牽制なのか、はっきりと答える。
これに対し、

「え、俺は大河から教えてもらってないなぁ」

俺だって仲良しなのに、と幸樹が相変わらず冗談とも本音ともつかない言葉を吐いたが、それは全員にスルーされた。
当然、大河もスルーして、いまだ出入口を心配げに見つめる幸田の肩に手を置く。

「きっと大丈夫や。2人が自分たちの関係を仕事に出さなかったのは、俺らがいちばん知ってるやろ?チダちゃんやて、ここに入ってから1年経つけど、ちゃんと結果出してるし」

社長だって、認めないわけにはいかないだろうと。
そもそも自分たちは、"仕事に影響がない限りは"恋愛は自由だといわれている。不倫やら他事務所のアイドルに手を出したとかではない限り、そこを守っていれば問題ないはずだ。もちろん2人の関係が世間に知られることで仕事に影響が出るリスクがあるかもしれないが、それならみんなで秘密を守ってやればいいだけのこと。
だから大河は、もし社長が2人を認めなかったら、自分が直談判してやるぐらいのつもりでいる。

「そうそう。2人はちゃんと付き合ってたよ。だから俺と大河も黙って見守ってたわけだし」

と直希が、どうしても大河と自分だけが知っていたことをアピールしたいのか眉をヒョイと上げて実を見たが、実はそれを同じ仕草で返しながら、小さく笑って済ませた。
そんな、すっかり名物と化している直希と実の静かな攻防戦はさておいて。

「まあでも、陸さんに有介って、確かに合ってるかもな」

千田とは付き合いの長い幸樹が、腕を組みながらしみじみと呟いた。
あのドSを手なづけられるのなんて、千田レベルの癒し系じゃないと無理かもしれないと。
それに千田は、優しくてお人よしであれど、妙な厳しさや頑固さも持ち合わせている。自分が"違う"と思えば、たとえ相手が陸であろうがビシッと意見を言うことができるのは容易に想像が付く。

「意外といいコンビだよ」

コンビじゃなくてカップルだろ、と誰もが思ったが、幸樹の言っている内容はもっともなので、ツッコミを忘れて「確かに」と頷いた。

「陸さん、意外とプライベートじゃ尻に敷かれてたりして」

心配から若干解放されたらしき幸田がそう笑えば、

「敷かれたらええねん。逆にチダちゃんを尻に敷いてたらぶっ飛ばすわ」

大河が、ブラコンの割りに意外と非情な切り返しをして笑う。

「それにしても陸さん、千田が加入して間もなく声かけてたんだろ~?さっすがだよな。
つーか大河、直希が相棒だからってコイツにだけ話すとか、ずりーよ。俺と実にも教えてくれたってよかったじゃん」

拓郎が、大河だけが知る事実をなぜ直希だけが知らされたのかというところに疑問すらもたず、隣の実に「なぁ?」と目を向けた。しかし実の方は当然、直希だけが知っている理由が分かっているので、

「単に口がすべっただけちゃう?それに、ベラベラ話すことでもないやろ」

大河をフォローするように、それだけ答えた。
直希と大河の関係を知らないのは拓郎(と千田)だけなのだから事実を教えてやってもよかったが、どこまでも気付かない拓郎を見ているうちに、こうなったらどこで気付くか楽しんでみたくなったのだ。
そんな実のイタズラ心は他のメンバーも同感なのか、さらりとその話題を交わして、またもや陸単体の話で盛り上がりだした。

「てういか陸さん、マジですごくない?仕事の合間を縫って来るとか」
「まあ兄貴には、あれ以上は見つからんやろ。エエ判断や」
「大河が陸さんの恋人褒めるなんて珍しいな」
「俺やって、マトモなのと付き合えばいくらでも認めてやるわ」
「だははっ。陸さん立場ねぇな~~」
「あ!戻ってきたっ」

陸をネタに好き勝手言っている間に、千田が一人で戻ってきて。
その途端―――

「チダちゃ~ん。心配したで~~」
「千田!!お前どうして一人なんだ?」
「大丈夫やったか~?千田」
「泣かされなかったか?」
「社長から圧力とかかけられなかったか?」
「有介のこと、みんなで心配してたところだったんだよ」

今の今まで彼の恋人を言いたい放題していた男たちは、ガラリと態度を変えて、千田を迎え入れたのだった。
その姿を眺めていたマネージャー陣たちは……

「怖いユニットだな…」
「ですね」
「陸さんがちょっとだけ気の毒になってきました」
「確かに」

と、陸に同情すると同時に、

「グループ仲の良いメンバーに手を出すのはだけは、俺たちはやめておこうな」

結束を固められてネタにされたらたまったもんじゃないと、軽く震えたとか震えなかったとか。

Fin.


あとがきを読む

スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【『アゲイン』第4章アップ完了】へ
  • 【『アゲイン』完結しました&次回作予告】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『アゲイン』第4章アップ完了】へ
  • 【『アゲイン』完結しました&次回作予告】へ