FC2ブログ

「Engagement(直×大)」
中編:夏休みの課題

Engagement 中編-5

 ←Engagement 中編-4 →Engagement 中編-6
「あ~あ~、ダメだなありゃ」

公の場であることすら忘れて大胆な行動に出る直希に、幸樹がクスっと笑って頭を掻いた。他の仲間たちも、顔を合わせて苦笑いをしている。
千田に関してはやっぱりいまいち分かっていないようだが、拓郎は……

「なあ、あいつら、さぁ…」

2人を指差しながら、ふと何かを感じたように幸田に声をかけた。

「なんか、距離感やっぱおかしくね?って、ちょっと思うんだけど……」

本当は拓郎も、少し前から違和感を感じていたのだ。
といっても、見舞いに行った時だから、本当に"少し前"だ。
大河が休暇初日に直希のマンションにいたことは、直希のSNSで知っていたのだが。翌日ダウンした知らせを受け見舞いに行こうとしたとき、それでも直希のマンションに居る事実を知り、何かおかしいと感じて。実際に見舞いに行って、やたら甲斐甲斐しく世話をする直希と、彼に委ねきっている大河を見れば、さすがにおかしいだろうと思った。

「なあ、俺、すげぇこと気付いちゃった気がするんだけど……」

いくら口が軽いとはいえ、相手が仲間とはいえ、あんまりストレートに言ってはいけないのじゃないかと考えた拓郎は、その程度の言葉で抑えながら、

「いや、俺がおかしいのかな…」

長年付き合ってきた仲間にそんな想像失礼だろうかと、自ら否定にかかっている。
だが幸田は、拓郎の肩をポンと叩くと、無言で頷いてやった。

「……え?」

拓郎が、ポカンと幸田を見る。
すると前に座っていた幸樹と誠も振り返り、

「やっと気付いたか」
「遅いでタク」

ニヤリと笑ってみせた。
それから、陸もマネージャー陣の一部も気付いていると幸田が教えてやれば、拓郎はギョッとしてから、

「マジかよ~~」

ガクンとうな垂れた。
おかげでせっかくの花火を見損なっているので、幸田は「ほら、花火花火」と空を指差してやる。

「え、みんな知ってんの?」
「いや、"あれ"はまだ」

あれ、と、前に座る千田の後頭部を幸田が指差して。拓郎がそこに目を遣れば、直希と大河の異様な光景を気にも留めずに、大河と同様に花火に見入っている千田がいた。

「あいつ、バカだな~」

自分を綺麗に棚に上げ、拓郎はすっかり他の仲間たちに便乗するようにケタケタ笑う。
バンドメンバーのくせに気付かなかったお前が言うなと、誠、幸田、幸樹は思ったものの、それよりも今問題なのは、寄り添うバカップルの方だ。直希の手は大河の肩に回ったままだし、大河も花火に気をとられて気付いちゃいない。
さてどうするべきか、と思ったときだった。

「しょうがねぇなぁ…」

そう呟いた拓郎が、スッと自分の座り位置を少し変えた。
それを見た仲間たちも、すぐにその意味に気付いて。
誰からともなく、必要に応じて微妙に体を変えていけば……
やがて直希と大河の空間は、仲間によって周りの視線から守るように囲まれていた。
そのまま全員、いつの間にか残り僅かになっていた花火大会を楽しんだ。





「ほら大河こっち向けって。みんな気付いちゃうから」
「誠さんも、視線こっち」

帰り道の道路で、スマホを向けた幸田と直希の声が響く。
その大河と誠は、誠が大河を背負ってやっているという微笑ましい父子のような光景を繰り広げていて。おかげで他の仲間たちも、次々とスマホのカメラを向けた。

大盛況のうちに花火大会が終わり、帰る客でごった返す土手からやっと抜けた頃には、大会が終了して30分以上が経っていた。
蒸し暑さと人ごみで若干疲れた大河が、思わず「疲れたなぁ」と言ったがために、駐車場まで誰か負んぶしてやれと幸田が言い出して。別にそんなことしなくても大丈夫なのはじゅうぶん分かっているが、ノリとしてそんな発言をした幸田に、

『俺に乗るか?大河』

さすがは兄貴分、そしてこの中では一番の高身長(189cm)、誠が乗っかってくれたのだ。
これが全てノリだと分かっているから、大河も、拒否なんていう空気の読めないことをするわけもなく。二つ返事で誠の背中に乗り―――そして、今に至る。

「誠さんやっぱデカいなぁ。190cmの目線てこんななんやぁ」

お面を頭の上にまだつけながら脚をバタつかせてはしゃぐ大河に、誰もが思わずキュンキュンしたのは、直希に殺されたくないので全員胸の内にこっそり隠した(千田を除く)。





駐車場でそれぞれ解散し、大河と直希が帰宅したのは22時過ぎだった。
今日は久々大河のマンションに帰り、エアコンを入れて。
汗だくの直希に先にシャワーに入らせ、大河も続いて入った。
入れ違いで洗面所を出て行った直希の背中を何となく眺めて、そして気付いたのは、

―――わ、忘れてた……

"あのこと"だ。
花火大会が楽しすぎて、ここ3日間の例の"悩み"も忘れてはしゃいでいたことを、大河はようやく思い出したのだ。

「そ、そうや。俺……」

この休暇で大事な課題が残っているというのに、今日は休暇最終日だというのに、何も案が出ていないまま。
大河は何も考えていなかったことに頭を抱えながら、とりあえず汗を流してすっきりしようと風呂場へと入っていった。

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Engagement 中編-4】へ
  • 【Engagement 中編-6】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Engagement 中編-4】へ
  • 【Engagement 中編-6】へ