FC2ブログ

「Assist(春&歩)」
春海の言い分

Assist 春海の言い分-6

 ←Assist 春海の言い分-5 →Assist 歩の言い分-1
Assist 春海の言い分-6

「あの、栗ちゃん?ちょっと意味が…」
「そのままだよ。交代制にしよう、ってことだよっ」

苦し紛れの提案は、どうにも間抜けというか。
男同士とはいえ……交代制?聞いたことありませんけど。いや、知らないだけで普通にあるのか?
ポカンとしてしまった俺の、胸倉をつかんで―――

「おわっ。……っ?!」

バランスを崩した隙に栗ちゃんが俺からすり抜けて逆にソファに乗り上げ、キスしてきた。
俺は栗ちゃんの唐突すぎる行動に一瞬怯んだものの、やっぱり気持ちいいキスに、すぐにスイッチが入って。
俺を追い込んだ形でぐいぐい攻めてくる栗ちゃんのキスは、確かにドキドキする。口の中で這い回る舌とか、ヤバ過ぎ。小柄でかわいいはずのこいつが、ただただ、男くさくて。
なんかもう、好きにしちゃって―――って……いやいや、流されてへん?俺。
ああでも、とりあえず今は、気持ちええから……と、彼の首に腕を回す。

「ねえハルさん、知ってる?」

唇を離した栗ちゃんが、でも触れ合うすれすれの距離で、若干ぼんやりしてきた俺を見つめながら、

「そういう表情、ホントに綺麗なんだよ?」

俺のお気に入りの、眩しそうに目を細める仕草。それが本当に優しそうでこいつの人柄を表していて、癒されるから好きなんやけど。
今は……トキめいちゃってしょうがない。

「俺だって男だから、そんな顔されたら……押し倒したくなるよ」

こんなこと言われて、拒否することなどできるやろか。

「う、うん……」

顔が赤くなってる自覚はある。でも同じくらい栗ちゃんも赤いから、なんかもう、恥ずかしさとかどうでもよくなって。

「栗ちゃんカッコええな…」

交代制、か……

「ええかもな、それ」

確かに、この男前モードを無駄にするのも勿体無い気がする。
そう思いながら頷いてやれば、

「ホントに?」

栗ちゃんの顔がぱぁっと輝いて、また一気に無防備になった。

「うん。強引に立場固定して、他のトコでこのモード発散されても嫌やし」
「し、しないっての。だいたい、モードって何だよ」
「ん~?エロカッコいい、押せ押せなモード。栗ちゃんにそんな風に誘われたら、女の子なんてすぐパンツ脱いじゃうもん」
「ちょっとっ」

なんでそうやってストレートに言うんだと、何気に純情な栗ちゃんがあたふたするから。かわいくて、今度は俺からキスをけしかけた。
栗ちゃんが俺のキスに意識持ってかれてる間に体を起こして、おとなしくなったその後頭部に手を回して引き寄せて、深く深く、咥内を味わう。
呼吸を奪われて苦しそうに息をもらした栗ちゃんは、簡単に俺に押し倒された。

「はぁ……、なぁ…」

若干あがった息を整えながら、俺の下で蕩けちゃってる頬を指でなぞって、

「割合は、俺がこっち多めでもいい?」

俺は往生際悪くもそう言ってみる。
だって、エロカワイイ栗ちゃんの方がたくさん見たいんやもん。

「な…何を……」
「な?ええやん」

おねだりの仕方は、大河のパクリ。だてにアイツと26年つるんでない。
その効果かどうかは分からんけど、栗ちゃんの瞳が少し揺れて、流されてる感まる出しになって。

「か…考えとく」

だって~~~!!
そんなこと言ってる時点でOKてことやんなぁ?
もう、たまらんね(←オヤジ)。

だから、さっそく……と思ってそのままキス再開して。
服の上から、その引き締まったお腹に触れたら……

ビクンッ

大きな動揺が、俺の手に伝わった。
驚いて唇を離せば、目の前には、不安そうな顔。
俺のパーカーをギュッと握ってる手も、ちょっと震えてる。

「今日じゃないと…ダメ、かな?」
「……え?」
「さすがに、こっちは、こ、心の準備が……」

じゃあ上の立場やったらガンガンきてたんかい、と思ったが。
とりあえずそれは、言わないでやることにした。
だって、初めてはこっちの位置関係ってことに同意してくれた証拠やし。

「もちろん。今日じゃなくてええよ」

俺こそゴメンね?って、軽く、頬にキス。それだけで、彼の全身から緊張が解けて、笑顔が見える。

「今日は、キスだけにしよっか?」
「…うん」
「体勢、このままでもいい?」
「いいよ(笑)」

押し倒したままでのキスに了承を得て、また、たくさんキスをする。
でも、理性切れたら嫌やから、若干軽めに変えて。

「ちょこぉっとだけ、体触ってもええか?」
「…(警戒)」
「いや、ちょこぉ~~っとだけ。な?」
「そうやって要求増やしてくるなよ?」
「いや、これ最後。ね?こんぐらいの感じ」
「…って、も、もう触ってるじゃん」
「OK?」
「……そこだけだよ?」

また"大河クン流おねだり"を発動させて、とりあえずお腹触るとこまでは許してもらえました。

「栗ちゃん大好き~」

俺たちの恋は、まだまだはじまったばかり。


【歩の言い分】へ進む

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Assist 春海の言い分-5】へ
  • 【Assist 歩の言い分-1】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Assist 春海の言い分-5】へ
  • 【Assist 歩の言い分-1】へ