FC2ブログ

「Assist(春&歩)」
歩の言い分

Assist 歩の言い分-1

 ←Assist 春海の言い分-6 →Assist 歩の言い分-2
【歩の言い分】

ハルさんは、変な人だ。

『栗ちゃん、今日も好きやで~~』

大河さんに『愛してるで大河ぁぁ』と電話口で告白したのと同じトーンで、彼は俺にそう言ってくる。
近所に住む彼に連絡を入れて誘い出しても、

『栗ちゃんならいつでもOKよ。予定あっても空けるし』

って、やっぱり同じトーン。
いつでも彼の言動はどこまでが本気なのかどこまでが冗談なのか分からなくて、振り回されている俺が居て。

5歳年上のハルさんとは、俺が中学生のときに出演した連ドラで共演したのがきっかけで仲良くなった。
同じく共演者だった大河さんは俺の兄貴役で、現場で一緒に過ごしているうちに意気投合して可愛がってくれて、俺も大河さんの明るさと男気に惹かれて彼の傍にくっついていたら、自動的に彼と親しいハルさんとも仲良くなった。
撮影中は俺にべったりだったハルさんだけど、ドラマが終わってからは会う機会もなく。その後も俺は休業したりハルさんは事務所を移籍したりと、忙しくて殆ど連絡はとっていなかった。

それが変わったのは、3年前の夏。
当時所属していた事務所と契約面で揉めていた俺は、移籍を考えるようになっていて、それを嗅ぎつけたいくつかの芸能事務所から誘いが来るようになった。その中には、大河さんが所属するアイプロや、元タレントの大野さんが経営する、要はハルさんが移籍したOFAの名前もあった。
すると、その事実を知ったハルさんが、

『栗ちゃん、ウチおいでよ』

って言ってきて。

『事務所のいちばんの稼ぎ頭が社長っておかしいやろ。栗ちゃん助けて~~』

って。
結局それが、俺にOFAへの移籍を決意させた。大野さんからの熱意に気持ちが揺らいでた中で、ハルさんの言葉がダメ押しのような、いわば決定打というやつだ。
大手事務所に所属して長年活躍してきた役者が、まだまだ発展途上の弱小事務所を選ぶなんて、なかなか愚かな決断かもしれないけど。ハルさんの言葉に引き寄せられるように、気が付けば俺は、契約書にサインしていたんだ。

『栗ちゃんウェルカム!』

事務所の移籍が報道された日、SNSで俺に呼びかけたハルさんの写真は、すっごい笑顔だった。隣の大河さんを指差しているその写真には、『コイツに取られなくてホッとした~』なんて。また一緒にいるのかよって突っ込みながら、また俺もこの輪に入れることが楽しみだった。
そして記者会見後には、会見の写真をアップしたハルさんが、

『僕のかわいい弟が、今だタレント気取りの社長をぶっ潰しに来ましたよ(^^)』

なんて。
そうやって、いろんな角度から全力で俺を受け入れてくれた。

『いつでもお兄さん頼ってね』

って、SNS越しに呼びかけるなよって思ったけど。でも実際、ハルさんと居るのが一番安心できたし、迷惑覚悟でいろいろ甘えてしまった。
ハルさんも、嫌がるどころか隣に置きたがってくれて、だから余計に俺は、居心地良くて。服の好みも食べ物の好みも音楽の好みも女の好みも、ぜんぜん違うのに、なんだかこの人と居ると、自然にホッとできるんだ。
そんな彼とデュオを組むようになり、近くに住むようになって。誰にでも人懐っこいし可愛らしいハルさんが唯一"かわいい~~"って甘やかすのが俺だけっていうのが、すごく気分良く感じる頃には……

好きだって、自覚があった。

昼夜問わず俺のこといつも笑顔で迎え入れてくれるところとか、俺の世話を率先して焼いてくれたりとか、前の事務所との確執のせいでそこのタレントから俺が嫌味を言われればさりげなくやり返してくれたりとか、すごく頼りにできる兄貴分だったハルさんのこと、気付いたらいつも考えるようになって。彼を誘う口実とか、いつもいろいろ考えてる自分が居た。
もうきっかけとか覚えてないけど、敢えてあげるなら、彼の家で初めて寝顔を見たときかもしれない。
ボブと一緒にソファで熟睡する顔がすごく無防備で綺麗で、イ●スタにあげてやろ~なんてイタズラ心でカメラ向けながらも、めちゃくちゃドキドキした。
前髪邪魔そうだから、なんて理由つけてそっと触れたら……もう誤魔化しようなくて。

ああ、好きだなぁ…って。

慌てて手を引っ込めて、傍の床に腰おろして。チラチラとその姿を眺めながら、この寝顔独占できたらいいのに、って、それだけを思った。
気持ち落ち着けるようにSNSに写真をアップして、風邪引かないように俺のジャケット掛けてあげて、せめてハルさんに彼女ができるまでは、この特等席を独占したいって思った。

そう。
俺は、そうやって誠実に対応したのに。

こともあろうかこの人は、俺の寝込みを襲ってきた。(春海「未遂やもん」)
俺の気持ちなんて知らず、"キスしてくれ"とか言い出して。ホント、どこまで自由な人なんだろうって思うけど……
実らない恋の相手とキスするチャンスなんて、もう無いかと思ったら、なんか拒否できなくて。
迫ってくるハルさんが、予想外にカッコよくて……

「…目、瞑って?」

熱い吐息でそんな風に言われたら、そりゃあ、その気になった。
激しくはないけどあんな甘いキスしておいて、からかってるとか冗談とか、そんな言葉で済ませられるわけがない。もしそうだとしたら、絶対頭おかしい。
だから、当然期待するし、なんかすごい気持ちいいし…、もうこの人が頭おかしくてもいいかと思えるぐらい何も考えられなかった。

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Assist 春海の言い分-6】へ
  • 【Assist 歩の言い分-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Assist 春海の言い分-6】へ
  • 【Assist 歩の言い分-2】へ