FC2ブログ

「直感(春×歩)」
4:白昼夢

直感 4-1 ※R-18

 ←直感 3-3 ※微R-18 →直感 4-2 ※R-18
*こちらはR-18ページです。
*ご理解ある方のみお進み下さい。





【4:白昼夢】

バスルームで手早く衣服を脱ぎ捨てる春海とは正反対に、栗原は恥ずかしさでもたもたとパーカーを脱いでいたのだが。それに気づいた春海に瞬く間に身ぐるみをはがされ、浴室へと入った。
シャワーの栓をひねる春海の、その相変わらずすんなりと長い手足に、栗原が思わず目を奪われていれば、

「わ…っん―――っ」

手を掴まれて引き寄せられ、唇を塞がれて。

「ん…ふっ」

背後から熱いシャワーに打ち付けられながら、栗原は春海の舌を迎え入れた。
春海の背中に腕を回して自らも舌を絡ませれば、その気持ちよさが、恥ずかしさを上回るのを感じる。

「ん…ハルさ…」
「栗ちゃん…」

身を寄せ合い、名前を呼び合って。

「ん……はっ…」

吐息交じりに漏れる春海の声があまりに色っぽいから、栗原もますます体が熱くなっていく。
しかも、

「かわいいよ、歩……」

その状況で、名前なんかで呼ばれたら、もう―――

「ふ…んん…ハルさん」
「…ん」
「は…早…く、んぅ…体洗お…うよ…」
「ん~でももうちょい…」
「……でもじゃなくて…」
「ん?」
「だから…その…」
「え?」
「早く…ベッド、行こ?」

気が付けば栗原は、自らそう言っていた。


栗原が誘いの言葉をかけるや否や、春海はシャワーを止めて、栗原の手を引いて脱衣所へ出た。
バスタオルで手早く互いの体を拭いて、

「ホンマに、ええんやな?」

そう囁き、

「……うん」

頷くのを確認して、その顔を引き寄せて、キスをした。

それから互いに腰にタオルだけ巻くと、春海が栗原の手を引いて寝室へと足早に向かって。
2人、なだれ込むようにベッドに沈み、どちらからともなく唇を重ねた。
リビングでも風呂場でも追い上げられていた2人の体は、瞬く間に熱を帯びていく。
首筋に移動した春海の唇が、そのまま下に降り、胸の先端を軽く吸った。

「あっ、」

栗原が小さく声を上げれば、片方は手で、片方は唇で執拗に攻めてくる。その度に体が勝手にビクビクと震えて、恥ずかしくて仕方ないのに、

「あっ……あ…」

春海の唇も舌も手も、少しずつ下に降りながら、栗原の敏感な箇所を丁寧に暴いていく。
だから栗原の頭はどんどん痺れていって、いつのまにか春海の唇が自分の中心に辿り着いたことも、それをパクリと咥えられたことでようやく気付いた。

「ちょっとハルさ…、あっ…だ、だめ…だよ」

慌てて制しようにも、濡れたその感覚は、栗原から力も思考も奪っていく。
リビングで煽られたそこは、あっという間に頂点まで昇りつめて。だから必死で、決定的な快感から意識を飛ばそうと耐えるのだが、

「ん…ええ…よ。出して」

春海はそう言って、解放を促すように先端を吸ってきた。
男だからなのか的確なその刺激に、栗原も思わず達しそうになる。しかし、

―――俺だけは嫌だ…

せっかく初めて抱き合っているというのに、自分だけ先にイってしまうのがどうしても嫌で。

「ハルさん…っと、いっ、一緒が…いい」

春海の腕を引き、その体を必死で自分の元へと引き寄せるように何度も揺すった。
すると春海がそこから口を離して見上げてくるから、栗原は懇願するように彼を見つめる。

「ね?ハルさん…」

一緒に…。と強請れば、春海が体を引き上げてきたから、栗原は彼の首に腕を回して抱きつくいた。そうすればあやすように頭を撫でられて、唇を塞がれる。栗原もまた、自ら彼に唇を押し付けた。
キスに夢中になっている栗原の体を、春海がまたやわやわと撫で下ろしていって。その手が栗原の片脚の太腿に入り、膝を立たせる。太腿の裏を指先で辿り、後孔に行き着くと、そこを軽く撫でた。その瞬間栗原は、

―――!!

体がビクンと大きく跳ね上がり、体が強張るのを感じた。
反射的に唇を離してしまうと、

「ここ使うんやけど、大丈夫?」

汗で張り付いた栗原の前髪を掻き上げながら、指で触れている後ろをまた撫でてくる。
春海の言っている意味は栗原にだって分かるし、そもそも男同士の場合はそこを使うことなど知識としてずっと前から知っている。
ただそれが現実として自分に訪れたことを実感したから、戸惑っているのだ。
でも、この期に及んで尻込みするほど、自分は情けない男ではないから、

「ハルさん信じてるから大丈夫」

彼とならきっと何とかなると、そんな確信と願いも込めて栗原は頷いた。
すると春海が、栗原の好きな優しくて穏やかな笑顔を見せて、

「それ、プレッシャーやなぁ」

俺次第かぁ、と、額にキスを落とす。
2人で何となく見つめ合って、また笑った。

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【直感 3-3 ※微R-18】へ
  • 【直感 4-2 ※R-18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【直感 3-3 ※微R-18】へ
  • 【直感 4-2 ※R-18】へ