FC2ブログ

「Hide-and-seek(直×大)」
3:決戦の日

Hide-and-seek 3-4

 ←Hide-and-seek 3-3 →Hide-and-seek 3-5
「たいがぁぁ~~~」
「………」
「た~いがく~~ん」
「………」
「たいちゃ~~ん」
「………」
「たい…」
「ああもう、何やねんっ」

頭上でうるさい実に、大河は立ち止まって見上げた。

「聞こえてるなら返事せぇや」

リーダーで兄貴分やぞ、と、相変わらずポーカーフェイスで実が大河の肩を抱く。

「お前、どんだけ直希にシカトかまされとんねん」
「いろいろあんねん」
「そういうプレーか」
「はぁ?」
「お前の口グセやぞ。気付いてないんか」
「だったら、俺の口グセ取らんでよ」
「じゃあ"いろいろ"って何やねん。シカトてお前、ガキやあるまいし。バシッと言ったれや」
「そういう問題ちゃうねん」
「どういう問題や」
「察して」
「俺の口グセ取らないでくださ~い」
「~~~~……」

いつもはクールなくせに時折こうして鬱陶しい実に、大河はその大きな体を必死で払いながら歩く。しかしなんだかんだで自分を心配してくれていることが分かるし、自分を一人にしないようにしてくれていることも分かるから、本気で振り払うこともできなくて。

「つうか、あの"ユキ"て何やねん。俺、アイツ嫌い」

ピンポイントで実がその名前を出せば、大河は分かりやすく反応を見せた。
やっぱりビンゴか…と、実は内心溜め息をつく。
昨日から何となく気に食わなかった、あの塩顔イケメンが元凶かと。一見人当たり良くて爽やかに見えて、大河と直希の間を引っ掻き回しそうな、そんな予感をさせる男だったのだ。

「アイツ何なん?ホンマに友達なんか?」

自分たちが何をされたわけではないし、言ってしまえば深雪はとても愛想が良くて気の利くスタッフなのだが、何だか腹が立つ。だから大河の顔を覗き込みながらそう問うと、

「友達ちゃうよ」

立ち止まった大河は、はっきりとそう言った。

「え?」

あまりに即答されて、同じく立ち止まった実が拍子抜けすると、

「昔は友達やったけど、今は違う」

大河は実を見上げて、

「でもアイツはそう思ってへんみたいやから」

ニヤリと、口の端を上げて笑い、

「今度こそ、切ってやろうと思って」

気の強い大河らしい顔つきで、そう断言した。

「失ったものはもう戻らんかもしれんけどね。でも奪われたものは、ちゃんと返してもらわないと。ものすごく、大事なモンやから」

自分のプライドと、直希のプライドだけは、取り戻すべきだと大河は思う。
自分の惚れた男がとんでもない奴だったと、こんな男を7年近くも想っていたのかと、どれだけ無駄な時間を過ごしたのかと、直希がそう思わないようにだけはしてやりたいと。そして自分も、そこまで救いようのないアホではないことを、証明したい。

『バカバカしい…』

あんな顔、あんな言葉、直希には二度とさせたくない。彼には前向きな言葉や表情がよく似合うし、それは大河にとっても宝物なのだから。
たとえもう二度と、自分には向けられないとしても、だ。

実は、そんな大河の強い眼差しに一瞬見惚れた。
いつもバカで能天気でひたすらポジティブかと思えばひたすらネガティブな、そんな手の掛かる心配な弟分を、それでも自分が気にかけてしまう理由はここにある。
もちろん大河には直希という相手が居て、自分は決してそこを邪魔するつもりはないし、応援して見守ってやりたいと思う。ただ、人間的にという意味では、間違いなく自分はこの男に惚れている。

「そうか」

今日の大河は決して落ち込んでいただけではなく、きっといろいろ考えていたんだろうと察して、実は幾分低い位置にある大河の頭を笑顔で撫でた。
その拍子に、大河の首元で、キラリと何かが光る。
その光が、ネックレスに通されたリングだと気付くと同時に、美しいはずの光に切なさを感じた。

「頑張れよ」

大河が失ったものが何か、それは何となく分かるが。
それは、大河がそう思い込んでいるだけかもしれないし、

―――まあ、ホンマに玉砕なら俺がもらってやるから

直希が聞いたら憤慨されそうなことを、冗談半分本気半分で、実は内心呟いていた。
だが。
大河のこの一連の発言を、実はあまり深く考えていなくて。

『今度こそ、切ってやろうと思って』
『ちゃんと返してもらわないと』

彼がいつ、どこで何をするつもりなのか。
それを訊いていなかったことを、もっとその言葉を掘り下げるべきだったことを、実は後悔することになるのだが。
当然、未来のことなど、彼は何も知るわけがなかった。

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Hide-and-seek 3-3】へ
  • 【Hide-and-seek 3-5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Hide-and-seek 3-3】へ
  • 【Hide-and-seek 3-5】へ