FC2ブログ

「Hide-and-seek(直×大)」
5:Hide-and-seek

Hide-and-seek 5-4

 ←Hide-and-seek 5-3 →Hide-and-seek 5-5
深夜0時。

「さっぶ……つうかもう、痛いわぁ…」

体を出来る限り縮こませて、大河は敢えて軽い口調で強がってみた。
もちろんそんなのは何の気休めにもならず、大きな溜め息をつくものの。そんな、吐く息すら冷たい気がしてきた。
どこもかしこも真っ暗で、僅かに差し込む月の光だけが、大河の唯一の明かりだ。スマホのライトを使っても良いが、圏外とはいえまだ望みは捨てていなかったから、なるべく使わないようにしていた。たまに時間を確認するために画面を開くものの、確認したから何だという話で。

「さぶい~~…」

言っても仕方ないことを呟きながら、体を抱きしめるように身を竦めて。
闇と閉塞感と寒さが、大河を追いつめていく。
幽霊の一人でも居てくれた方がよっぽど心強いなんて。そんなことすら思いながら、ひたすら"誰か来てくれ"と願う。
誰か…誰か……

―――直希

無意識に、その手が胸元に触れた。
そしてそこにある硬い感触を確認すると、服の上から握り締める。
胸元のネックレスにかけた、リング。それは、直希が去年の誕生日にくれた、2人の守護石。

『愛してるんだ、大河』

あの日彼は、そう言ってくれた。

『俺の幸せは、大河そのものだよ』

彼の幸せのために離れようとした自分を、そんな言葉で繋ぎとめてくれた。寧ろ、今までよりも強い糸で。
あれはたった1年前の出来事なのに、遥か昔のようだ。

―――愛してる…か。俺、言ってやったことなかったな。

自分も今なら伝えられるはずなのに。
もっと早く言っていれば、何かが変わっていたのだろうか。

『捨てたモン拾いに来る奴なんて居ないよ』
『さすがの直希君だって、ゴミ箱に手を入れたりしないんじゃない?』

深雪の吐いた、非情かつ的確な言葉が頭の中で繰り返し響き、大河を絶望へと導いていく。
それでも―――どうしても、その人を求めてしまって。
大河はネックレスを外そうとするが手がかじかんでうまくいかず、引きちぎって外すと、できる限りの力で握り締めた。

「助けて直希…」





同じ頃。
ホテル内は、騒ぎになり始めていた。
大河が戻らない。
いくらなんでも遅すぎる。

「アイツ何してんねんっ」

何度かけても繋がらない電話が、陸の焦りも募らせて。そして同時に、彼を一人にした自分への責任ものしかかる。
打ち上げが中盤を超えても戻らない大河に、さすがに高瀬や岡本が怪しみだして。陸もこれ以上は黙っていられずに、2人に打ち明けた。それから彼らが他のマネージャーやスタッフ陣にも事態を伝え、急遽打ち上げが終了になったのが15分ほど前。まだ警察とまではいかないが、異常事態であることは明らかだ。

「大河のアホっ。どこほっつき歩いてんねん」

高瀬と岡本と、とりあえずロビーで再度落ち合うことになって部屋を出ると、

「陸さんっ」

ちょうど直希が駆け寄ってきた。

「直希」
「大河から連絡ありましたか?」

陸の腕を掴んで必死で縋る彼が、その表情から、右手に握りしめたスマホから、きっと何度も連絡してくれていたのであろうことは窺えて。

「いや、まだ」

お前と同じだと首を横に振れば、直希は分かりやすく表情を更に強張らせた。

「絶対おかしいです。こんなに戻らないはずありませんよ」
「わかってる」
「本当にあの人は、大河と別れたんでしょうか」
「嘘ついてるようには思えなかった。お前もアイツと話したから分かるやろ」

深雪が大河を囲うようなことをしているとは、陸には到底思えない。そこまでのバカじゃないとも思う。
それならば何故戻らないのか。
寄り道をしているとは思えない。"打ち上げまでに戻る"と彼は言ったのだから。大河は気まぐれに約束を破ることだけは、絶対にしない。

「とりあえず俺は、岡さんたちと話してくるから。お前は部屋で待っとけ」

自分たちにできることは大河の居そうな場所を探すことぐらいだが、その前に、大河が何故あの館内に残ったのかを岡本たちにどう説明すればいいかを考えなければいけない。

「ええな?勝手な行動はするなよ」

子供に言いつけるようにそう告げると、陸はエレベーターへと向かった。
取り残された直希は、壁に背をつけるようにして座り込む。

理由なく、通信手段すら切って、忽然と消えた大河。
一緒に居たはずの深雪とはとっくに別れているはずで。その場所だって、とっくに締め出されているはず。
こんな、土地勘のない場所で姿を消されては、見当もつかない。

「どこだよ……」

まるで存在ごと消えたように思えて、焦りは募るばかりだった。

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★パンドラの箱(三角関係)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Hide-and-seek 5-3】へ
  • 【Hide-and-seek 5-5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Hide-and-seek 5-3】へ
  • 【Hide-and-seek 5-5】へ