FC2ブログ

「パンドラの箱(三角関係)」
9:はじめて

パンドラの箱 9-6 ※R-18

 ←パンドラの箱 9-5 →『パンドラの箱』第8&9章アップ完了
*こちらはR-18ページです。
*ご理解ある方のみお進み下さい。





「力、抜いてね」

そう言いながら体を起こした直希は、大河の脚を抱え直すと、蕾に熱い自身をあてがった。
枕を掴んだ大河が、目を閉じる。
そして、

「…ぅあっ!」

圧倒的な質量を以って入り込んでくる、直希の熱。指とは比べ物にならない、久しぶりの圧迫感に、大河は思わず、呼吸も忘れてしまった。

「大河、息吐いて」

直希に言われて、漸く小さく息を吐くと、その隙に、直希が奥まで入り込んできた。
確かに感じる、熱すぎるくらいの温もり。
直希もまた、彼に包まれたその温もりを実感して。

―――あぁ、これだ…

そうだ、これが欲しかったのだと。この感覚を求めていたのだと。
彼の一番深いところで、自分を刻みたかったのだと。
彼の一番深いところで、包まれたかったのだと。

「ヤバいな、すぐイキそう」

失ったものが倍以上の価値をつけて戻ってきた喜びを思えば、この3週間の絶望を思えば、気持ちだけで達してしまいそうだと思う。

「すぐイったら、もっかい、いい?」

直希の熱を馴染ませるように深呼吸を繰り返す大河の耳元で、そっと囁いた。
しかしすぐにふと思い立って、

「そこそこ長持ちしても、もっかい、いい?」

言い直して、耳たぶを甘噛みする。
くすぐったさに肩を竦めた大河は、一瞬の間のあと、バッと真っ赤になって。

「し、知らん///」

そういうことをいちいち訊かないで欲しくて、思わず腕で顔を隠してしまった。
そんな大河が、やっぱり直希にはたまらなく可愛いし、彼が"嫌だ"とは言っていないということはそれなりに許してくれていることも分かったから、

「今日は寝かせらんないかも」

2回どころじゃ治まらないかもなと、大河が反論する前に唇を塞いでしまった。
そして大河は相変わらず、拒絶の意思は見せずに顔を赤くしたままで。
ただ、唇が離れた瞬間、

「俺が、ギギ…ギブアップしたら、やめるんやぞ///」

そこはしっかりと釘をさしてきた。
直希は思わずキョトンとしたが、

―――ヤバっ何この人……

どんだけドストライクゾーンを付いてくるのだと、自分まで赤くなった瞬間、

「……ぅあっ!」

大河が、自分のナカでひと回り大きくなった直希の質量に、声をあげた。

「ごめんね大河。もう動くね」

さすがに挿れただけでイくのはカッコ悪いし、しかし大河にはそれだけの破壊力があるので、直希は大河がちゃんと落ち着いているのを確認した上で体勢を直した。
脚も抱え直して、何度か入口を擦り上げた後、一気に奥底に叩きつける。

「あ、んっ!」

大河が声をあげれば、何度もその動きを繰り返した。
彼の良いところを的確に狙いながら、奥まで打ちつける。その度に艶を増す大河の声と、仰け反る首元のライン。薄暗い部屋に響く、繋がる音―――どうしようもなく、気持ち良かった。

「んっ、あっ、ふ、あ…っ」

大河が、直希の背中に腕を回す。そうして縮まる距離に、2人はまた幸せを感じた。
息もつけぬほどの激しい律動で揺さぶられれば、大河が快感に膝をギュッと曲げて声を詰まらせる。同時に、直希も大河の締め付けに、眉を寄せた。
そして。

「はっ…あ、―――あっ!」
「……くっ、!」

2人、同時に果てた。
お互いの乱れた呼吸を耳元で聞きながら、2人は強く抱き締め合って。

「はぁ……大河…」

囁くように名前を呼ぶ直希が、折れそうなほど強く、大河を抱き締めてくる。そうすれば、大河が体の奥に感じている直希の吐き出した熱とともに、直希自身も再び奥へ入り込んできて、ナカの痺れを強くするが。

「大丈夫?気持ちよかった?」

チュッとキスをしながら、直希があんまりにも幸せそうに笑うから、

「うん。よかった」

大河も笑顔でそう答え、力の入らない手をゆっくりと上げて、その頬に触れる。すると直希が、大河の前髪をそっとかき上げて、額にキスを落とした。

「すっげぇ幸せ。ホント、もう絶対離さない」
「うん」
「好きだよ大河。大好きだ」
「うん」

痺れるナカを忘れるほどの甘い言葉に、大河は照れくさくて仕方ないものの、

「俺も好き」

そう答えただけでまた嬉しそうに笑って抱きしめてくる直希が、ただただ愛しいと思った。


第10章へ進む

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【パンドラの箱 9-5】へ
  • 【『パンドラの箱』第8&9章アップ完了】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【パンドラの箱 9-5】へ
  • 【『パンドラの箱』第8&9章アップ完了】へ