FC2ブログ

「恋人たちのクリスマス(ミックス)」
前編:それまでの一件

恋人たちのクリスマス 前編-2

 ←恋人たちのクリスマス 前編-1 →恋人たちのクリスマス 前編-3
<(引き続き)Side-Harumi>
俺たちを確認すると、チダちゃんが少しホッとしたように、そして縋るような眼差しを向けてくる。
ああ、こんな顔を他の男にさせたらまず食われるな。栗ちゃんという最高の恋人持ちの俺ですら、ちょっとグッっとくる(←危険な男)。
いや、邪な意味じゃなく、今すぐ抱きしめて安心させてやりたいっていうか。これが俗に言う"男に隠された母性本能"ってやつか?

「フラフラしとるけど、平気か?」

グッときてる俺(←まだ言ってる)を放置し、大河がチダちゃんの肩を優しく叩く。周囲に分からないようにか、飄々とした表情と小声でさりげなく。
しかしチダちゃんは、目頭を抑えっぱなしで。

「なんか、酔ったのかな…」
「いやでも、顔蒼いで」
「うん。なんか、いつもと違うかも…」
「部屋帰ったら?」
「そうしたいんですけど…ね…」

大河の提案に対してそう答えたまま言葉を途切らせたチダちゃんは、俺たちが来たことへの安心感からなのか、声のトーンが一気に弱くなった。

「なんか…」
「ん?」
「う、動けなくて」
「「え?」」

それはまずいやろ、と、俺と大河は同時に眉を潜めて、手にしていた皿を同時にテーブルに置いた。
俺はチダちゃんの肩を抱くようにして、その場にしゃがみ顔を覗き込む。大河もテーブルに片手をついて少し背をかがめた。

「チダちゃん、体調でも悪かったのか?」

周りに怪しまれないように気を遣いつつも、俺の表情や声は自然と硬くなってしまう。

「ん~、どうかな。良くはないんすけど…」
「悪いってこと?」
「ん~~…」
「いまいちって感じか。疲れとるんかな」

それなのに、誠さんといいタクといい陸兄といい、全く気づく気配なしか。陸兄に関しては、チダちゃんが必死で助け求めてたんに。タレントがこんなに弱ってSOS出してるときに、まったくもう。俺の栗ちゃんやったら、出さなくたって気づいてくれるで(←惚気)。
それにこんな無防備な姿、他の連中が先に気づいてたら、どこに連れ込まれたっておかしくないやんか。『具合悪い?そりゃ大変だ。一緒に部屋に』なんて言われて。それでこの子に何かあったらどーすんねんっ。体に力入らないんやから、どーにだってされてしまうでっ!(陸「怖いこと言うんじゃねぇっ」)
なんて、チダちゃんの不憫さにジ~ンとして陸兄の鈍感ぶりにイラだつ忙しい俺を放って、

「部屋で寝た方がええかもな。連れてくよ」

大河が、チダちゃんの背中をさすりながら声をかける。

「でも…」
「大丈夫。ここ、俺が座るから。俺のテーブルは直希に頼んできたし」

そう言いながら大河がクイッと顎を向けた先には、こちらをチラリと見て"大丈夫?"と口ぱくで言ってくれている直希。
ああ、直希。若干ストーカーじみたとこもあるけど、お前はやっぱりええ嫁や。全国の妻の鑑や。

「気づいて訊かれたら言っておくから」
「あ、大河さん、他のみんなには…」
「わかってるって。言わないから。"酔ったみたいやから部屋に連れてった"って言っておく。それやってあながち嘘じゃないやろ?」
「川口さんとか、陸…さんにも」
「アホ。それはそういうわけにもいかないやろ」
「いや、でも…」
「あ~もうわかったわかった。同じように言うとくて」

陸兄に救いを求めてたくせに裏腹なことを言うチダちゃんに眉を下げて笑った大河は、とりあえずこの場を収めようと"はいはい"と背中をさすった。

「とにかく、後のことは任せて。チダちゃんやて帰りたいやろ?」

こういうとき、恐ろしく優しくて頼れるんよな、こいつ。普段の、アホ&ガキ全開の奴と同一人物とは思えん。

「うん、帰りたい」

チダちゃんも、素直に大河に頼っている。
うん、やっぱええ仲間やな、俺ら。
直希、今だけは大河貸してやってな。チダちゃん、具合悪いから。

「とりあえずさ、俺、便所行く感じで廊下出るから。その流れでハルがチダちゃん連れて、反対側から出て来なよ」
「そうやな、そうする。東館ならウチら関係は泊まってへんから、そのまま東館行こうか」
「ああ。…あ、いや、やっぱハル一人で大丈夫か?さすがに俺まで抜けるのまずいかも。3人同時ってのは」
「ああ、そっか、そうやな。うん、大丈夫。じゃあ、大河にこっちは任せてええかな」
「オッケ。直希も事情知っとるから、なんやったら頼むから大丈夫」

これからの作戦を手早く打ち合わせると、大河は何事もなかったかのように自分のテーブルに戻り、直希に軽く何かを告げてから出口へ向かった。
周囲の視線が俺たちに来ないようになのか、なるべく大回りで目立つように歩くと、これまた大きく伸びなんてしながら、ドアに軽く肩をぶつけてウェイターさんに心配されて(これは天然)出ていく。
案の定、互いの話に夢中になっていない面々の視線は大河に向けられている。業界内でも有名な、強烈な個性の持ち主や。単なるちょっと間抜けなその行動がまた絵になっていて、中にはここぞとばかりに席を立つ人間もいた。おかげで直希は心配げに眺めている。

「よし、今やチダちゃん。出よう」

と、体が動かないチダちゃんの脇に手を入れた俺が半ば抱えるようにして立ち上がらせると、さすがに隣の誠さんが気づいた(遅いわつ)。
「あれ?」と声をもらした彼に、食い気味で「連れションしてくる」とだけ答え、「あやしい~」なんて呑気に笑うその笑顔にイラッとしつつも、愛想笑いで返した。
なるべく怪しまれないように、脇に入れていた手を離して、それでも少しでも支えてやりたくてチダちゃんの腕を掴む。

「大丈夫か?歩ける?」
「ん…ありがとうございます」

そんな会話を交わしながら、やっぱり気づかへんタクと陸兄の呑気な横顔をひと睨みして、俺はチダちゃんを連れて無事廊下に出た。


廊下に出ると、すでに大河が回って来てくれていた。

「あっちは喫煙所があって人が居るから、向こう回れ」

東館行かなくても今ならウチの人間は誰も来えへんよ。そう言って大河が、俺たちの背中を押す。

「そしたら、俺は戻るから。頼むな、ハル」
「うん、ありがとう。少し様子見てから戻る。そっち、頼むな」
「おお。じゃあチダちゃん、よく休めよ?」
「うん。ありがとう大河さん」
「おやすみ」
「おやすみなさい」

そして大河は、俺とチダちゃんに手を振ってさっとその場を去っていく。俺は再びチダちゃんを抱え込むような体勢に戻すと、エレベーターホールへ向かった。


だが。
こういうときに限って、エレベーターは行ってしまったあとだったりする。
ついてへんな。

「チダちゃん、吐き気とかはない?」

俺の問いかけに、チダちゃんは言葉を出すことすらしんどそうに無言で首を横に振った。ああホンマ、可哀想に。
エレベーター早く来ないかな。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【恋人たちのクリスマス 前編-1】へ
  • 【恋人たちのクリスマス 前編-3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【恋人たちのクリスマス 前編-1】へ
  • 【恋人たちのクリスマス 前編-3】へ