FC2ブログ

「交差点(実×大)」
2:ミーティング

交差点 2-4

 ←交差点 2-3 →交差点 3-1
実がぐるぐるとそんなことを考えていると、いつの間にか先ほどの大会議室に戻っていて。
そこから聞こえる、いくつかの声。

「お?まだ残ってたんや」

顔をのぞかせて、陸が中の人物たちに声をかける。
実も一緒に中を覗き込めば、この後の仕事はないらいき人間がまだ雑談をしているようだった。
幸田に直希、そして……大河。

「あ、そうか大河…アシないんか」

大河が残っていることに気付いた陸が、ふと声をもらした。打ち合わせの休憩中に、送ってくれと頼まれていたと。
そういえばと、実も大河との会話を思い出す。車がないから乗せてほしいという意味を含めて"夕飯を一緒に"と誘われて、そしてそれに対して自分は"千田と行け"と切り捨ててしまったのだから。
あのとき、千田と仲良く見つめ合って話す大河に、それをニヤニヤと見ているメンバーの光景に、苛立っていた自分は、ついそんなことを。
そして自分に断られたから、大河は兄に声を掛けたのだろう。そしてこうして兄を待って…

ポンッ

不意に、実の背中を陸が軽く叩いた。

「……?」

ちらりと隣を見ると、陸は顔は大河たちに向けたまま。
しかしその横顔が、さっきの小会議室での話に繋がることを示している。

―――俺に、送れってことか…?

「陸さ…」
「他の奴に送ってもらえばええだけの話やん。直希とか」
「え?」
「わざわざ俺を待ってる必要なんてなかったやん。…意味分かる?」

それは、分かる気もするが、実にはあまりにも自分に都合が良すぎる気もした。
でも……

「お、実さんどーしたのシケた面して。シメられてた?」

と笑った幸田の言葉で実に視線を預けた大河が、首をかしげながら近づいてくる。
そして、スッと陸に視線を移動した。

「何話してたん、兄貴」

陸が実を呼び出した目的には、ユニット関連以外のこともあったのではと、大河も感じていたのだ。
しかし陸はまったく動じず、

「別に何も」

顔色ひとつ変えずに答える。
だが大河もまた、そんなことでは引き下がらない。

「何もってことはないやろ」

持ち前の鋭い睨みと共に、陸に詰め寄る。
それを陸は鼻で笑ってスルーした。

「な~んも話してない。2人で黙ってパン食ってた」
「は?」
「ぜんぶ半分こした」
「誰がや」

思わず実は、そう割って入る。
そんなこと言ったら余計怪しいですけど、と言いそうになったが、慌ててその言葉は飲み込んだ。
そんな3人のやりとりは、幸田や直希にとっては単に"関西人トリオの小ネタ"にしか見えないようで、笑われる始末。一緒になって楽しげな陸には、実は呆れて物も言えない。

「ほら、早く帰れよ大河。アキも直希も、早く帰れるときぐらいは帰れよ?」
「「はーい」」
「いや、兄貴、俺アシない。送ってくれるんやろ?」
「ごめん無理」
「はぁ?」
「大河」

陸に必死でくらいつく大河をひきはがした実が、バランスを崩した大河の肩を抱く。

「帰ろう。送るから」
「え…」
「陸兄ちゃんは、今夜は"アモーレ"のトコにお泊まりらしいで」
「へ?」
「ぶっ……」

飲みかけていたペットボトルの水を吹き出しそうになって、陸が実を凝視した。

「ですよね?陸さん」
「お前……」

今度は陸が、ギョっと顔を引きつらせている。だから実は、ニヤリと口の端を上げた。
やりかえしてやった、と。
別に誰とは言ってないのだから、いいじゃないかと。

「え、アモーレ?陸さんアモーレいるんすか?」
「そりゃいますよねぇ。アキさんじゃあるまいし」
「るせぇっ。でもマジでいいなぁ。俺も恋がしてぇぇ~~~~」

幸田と直希が、そんなやり取りをしながら陸を会話に巻き込んでいる。
その隙に実は、大河の腕を引いた。

「さ、大河、帰るで」
「あ、う、うん……」

直希が大河に「送る」と言い出す前に、送るついでに夕飯も誘ってしまう前にと、大河を引っ張る。一度は断った自分なのだから大河の戸惑いは分かるが、ここで邪魔が入られては困るのだ。
だから実は、直希や幸田の視界から大河を隠すように、自分の影にした。
そして去り際、「覚えてろよ」と呟いてきた陸には、

「キチョーなアドバイスのお礼です」

とニッコリ笑顔を返して。
実は、大河と会議室を後にした。


第3章へ進む

※陸の『お兄ちゃん、弟の尻を拭う』編でしたw
さて、ようやく真実がわかった実は、どう出るでしょう。
第3章は、12/28(金)6時から開始予定です。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【交差点 2-3】へ
  • 【交差点 3-1】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【交差点 2-3】へ
  • 【交差点 3-1】へ