FC2ブログ

「That night(実×大)」
1:before the acts~ムカつく男~

That night 1-1

 ←That night~はじめに~ →That night 1-2
【1:before the acts~ムカつく男~】

『泊まってくやろ?』
『……うん』

と、言ったはいいが。

――――どうしよ…(;゚Д゚)

事の重大さに、今、大河は冷や汗をかきまくりだ。




大河が、実からまさかの告白を受けたのは数時間前。
ずっと勘違いして勝手に空回っていた大河に落とされた、嬉しい衝撃。
自分が悪いくせに実に冷たくされてヘコんでみたり、それでまた現実(←結局勘違いだったが)をつきつけられたように感じてみたり。
そんな悪循環を断ち切った、実からの言葉。

『大河が好きやから、浮かれた声を聞きたくなかった。
 俺は勝ち目がないから、逃げたかった。
 俺の気持ちも知らずに幸せな顔されて、ムカついた』

本気で好きになった相手からそんなことを言われて。
車内でキスされて、見つめ合って。
誰が来るかも分からない駐車場でこれ以上こんな雰囲気でいるわけにはいかなくて、でも、想いがやっと繋がったのにこのまま離れることなんて名残惜しすぎて。
そんな空気の中、

『泊まってくやろ?』

あの時の実の目はすごく熱くて綺麗で、大河が今まで見たことのない視線と声で、きっとそれは、恋人にしか見せないであろう姿。
そう、いわゆる、"誘う"態度。
自分の髪を撫でる手つきは、男同士でやるそれとは全く違う。こんな風に撫でて、"誘う"経験を、大河もしたことがあるから、

―――ああ、そうか。

一瞬で、大河は理解した。
自分は、"そっちの立場"で誘われているのだと。
それでも、一方的に決められた立場に不思議と不満はなく、むしろ自分たちの場合それが自然のような気がして……

『……うん』

流された自覚はある。
まるで催眠術にでもかかったように、頷いた自覚も。

車を降りて、人目につかない程度のさりげなさで、自分の腰に回された実の腕。今まで彼に、というか誰にもこんな風に扱われたことなかった。
なぜなら、大河だって今までは自分がそうする立場だったから。女の子連れ込む(←お盛ん)ときには、意識してやっていた行為だ。
そう、女の子に対して。

そこで大河に一気に襲ってきた、現実。
自分がこれから向かうのは、未知の世界。
好奇心旺盛な自分なら本来はトキめいて仕方がないであろうその言葉も、ただただ怖くなってきて。

エレベーターを待ちながら、『引き返すなら今だ』と、もう一人の自分が叫んでいた。
しかし何故か大河は、それに従う気など毛頭なく。
だいたい、誘いに乗ったくせに帰るなんてことやらかしたら、実は呆れるに決まっている。それは困る。
そもそも恋人同士なら、いずれはこの問題に直面するのだ。それが今なのかもう少し先なのかというだけで、長引かせてどうこうなるってわけでもない。こういうのは、勢いなんだとも大河は思うから。
男同士なら余計に、今のうちにいろいろ確認しといた方がいいのだ、きっと―――そう心に決めて大河は、もう何度も来たはずのこの部屋に、緊張感たっぷりで訪れていた。


夕飯を食べていないことに気付いた実がデリバリーピザを頼んでくれて、美味いと評判のイタリアンレストランの豪華なピザとサラダを、バカバカしいテレビ番組を観て2人でバカ笑いしながら平らげた。
大河の性格的に、"食べる&バラエティ番組"という魅力的なセットに、これまた綺麗に流される。実も実で、そんな大河と居ることが心地良いと言った通り、一緒になってリラックスしてくれていた。
しかし、食事も終わりテレビも終わって、

シーン…

一気に静まり返れば、ソファに2人並んで座っているこの状況に、大河はまた一気にいろいろ思い出した。

「…………」
「…………」

無口な実だから、大河が喋らなければひたすら沈黙が続く。だから大河は何か話題を探そうと必死で頭を巡らせるけれど、しかしそれは、単純に現実から目を逸らし続けるだけのこと。
時計の針はすでに21時を過ぎていて、明日は朝から互いに仕事が入っているとなれば、そんなに夜更かしだってできない。
だから何か言ってほしくて、実にきっかけを作って欲しくて、大河が手元の缶ビールを眺めていたら、

「大河」

肩に、手が回された。
それだけで、一瞬びくりと体がこわばる。

「なぁ、こっち向いて?」

言葉と同時に顎を掴まれ、顔を向けられる。
そこには、優しく笑う実が居て。

「そんなビビんなや」

俺は猛獣か。と、軽いキス。

「俺別に、いきなり襲いかかったりせえへんし。そんなことして嫌われたら立ち直れんし」

それだけで、大河は何だか心が軽くなった気がして。自然に、笑みがもれた。
そうすれば実もホッとしたように笑って、今度は少し長いキス。
同時に、彼の手がリモコンに伸び、テレビが消える。
するりとビール味の舌が入り込んできて、大河もそれに答えた。

小さく漏れる互いの吐息が、大河の心をかき乱す。
激しくはないけれど、その分口内をじっくり這う舌に体温を上げられていく気がして。
濡れた音が静かな部屋に響くのも、自分の髪に触れた実の手の熱さも、全てが"それ"に向かっていくと分かって―――また、体がこわばった。

すると。
不意に、唇が離れて。

「今日は、ここまでにしとくか」

ありえない言葉が、実から投じられた。
あまりの展開に、大河は言葉が出ない。
ぽかんと、今まさに空気を一変させた男を見るだけ。

「大河が怖いのは分かるし、俺は待てるから」
「……へ?」
「ゆっくり考えてええよ。急ぐことでもないしな」

年上の余裕を見せる笑顔で、大河の頭にポンと手を置いて。

「…風呂、順番に入ろう。先ええよ。着替え、俺のじゃ大きいかも分からんけど、貸すから」

空になったビールの缶を手に、実はキッチンへと消えていってしまった。

残された大河は、呆気にとられ―――そして、ショックを受けた。
自分がさんざん葛藤して決めた覚悟。
それを、頭に手を置かれて片付けられた。
まさかこんな一瞬で、崩されるなんて。
自分の戸惑いは、こんなにあっさり解決されるものだったのか?と……

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ 3kaku_s_L.png ★立ち入り禁止(誠×風)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ  3kaku_s_L.png ★立ち入り禁止(誠×風)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【That night~はじめに~】へ
  • 【That night 1-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【That night~はじめに~】へ
  • 【That night 1-2】へ