FC2ブログ

「女は災い(陸×千)」
2:例外

女は災い 2-1

 ←女は災い 1-4 →女は災い 2-2
【2:例外】

夜の部となった千田たち"SQUARE&誠"チームの舞台も、大きな拍手が沸き起こるほどの出来栄えだった。
車は事務所に置いてきたたため、すっかり暗くなった劇場から、出演者とマネージャー全員で移動車に乗り込む。

移動車の中で、千田はぼんやりと頬杖をついていた。
視線こそ窓の外に向いていたが、実際の彼には何も見えていない。

元恋人だと…元婚約者だと、言っていた。
そんな拓郎の発言に、大河は"婚約者"の部分は否定したが、"恋人"については否定しなかった。
恐らく2人がかつてはそういう関係で、大河は彼女をよく思っていないということは確かなようだが、それは彼女が陸をフったということだろうか。
それが数年前なのか、それとも大河や拓郎が養成所に居た時代の話なのか。
彼女に捨てられたのだとしたら、陸はまだ………
そして彼に特等席で招待された彼女は、また彼と……

考えれば考えるほど脳は悪い方向へ向かい、千田はネックウォーマーに顔を埋めた。

「千田ぁ、どした~?腹減った?」

隣に座る川口マネージャーが、呑気に声をかけてくる。すでに22時近いのに夕飯はお預け状態で、常に腹ペコのイメージが強い千田がついに燃料切れを起こしたのかと思ったようだ。

「ほら、これ食え」

千田の燃料チャージ食材でもある栄養補助食品を差し出され、千田は何とか笑顔を作ってから断った。

「俺そんなメシばっか食ってませんよ」
「え~、だって元気ないじゃん」
「大丈夫です。疲れただけですから」
「そお?」

マネージャー陣は昼間の一件を知らないため、これは当然の反応だ。それでも元気が無いことは気付いて心配してくれるマネージャーに、千田はせめてもの笑顔と言い訳で答えた。
2人のやり取りに気付いて後ろを振り向いた八神(チーフマネ)と顔を見合わせた川口は、シートの上で膝を抱えて窓を眺める千田を不思議そうに見ている。
すると、千田の前に座る誠が、八神にチラリと視線を向けた。その目が"放っておいてやってくれ"と言っている気がして。八神と川口はチラリと千田を見遣りもう一度顔を見合わせると、何事もなかったかのように前に視線を戻した。

その一連の流れを、運転席から何となく耳にしていたのは、このマイクロバスを運転する高瀬だ。大河の仕事が今日はこの舞台公演だけのため、忙しいスタッフを駆り出させるのも可哀想だからと、高瀬は彼らの送迎を買って出ていたのだ。
大河と共に見届けた夜の部は、昼の部と同様に大成功。だから本来なら、車内は賑やかなはずなのだが。どこか緊張感漂う雰囲気が、この運転席まで届いている。
それは、楽屋内でも高瀬は感じていた。
そして思い出すのは、夜の部開演前に、大河と交わした会話。

『何かあったのか?』

楽屋で開演を待つ5人の様子がおかしいと感じて大河にそう訊ねた高瀬に、大河は曖昧に笑ってから、

『ちょっとね、ウチの兄貴がまたヘマしたんよ』

そして、高ちゃんにだけは言っておく、と言って、事の顛末を簡単に教えてくれた。千田と陸の関係にはマネージャー陣もいろいろと尽力してくれていることを知っている分、特に高瀬については恐らく美香を知っていると知っている分、大河は話してくれたのだ。

高瀬は、流れる景色を眺めながら、後ろの千田を思う。
何か良くない道に進んでいる2人。
陸とは付き合いも長いし、タレント時代には何かとアドバイスをくれた先輩でもあった。だから彼がそんないい加減なことをする人間だとは思わないが、かといってあの男をそこまで熟知しているわけではない。色恋沙汰なんて、もってのほか。特に、女性関係の激しかった陸については、何が本当で何が嘘なのか、まったくもって分からなかった。
しかし、その"美香"という女性の存在だけは、確かに高瀬も知っている。タレント養成所時代、同期の立花兄弟や後輩の拓郎から何度か聞いたことのあるその名前は、当時はブラコンで名が通っていた大河のやきもちの対象として認識していた存在。

『大河、陸さんがとられちゃうから嫌なんだろ~』

そうやって拓郎に冷やかされる度に、ムキになって反論していたあの頃の大河。そこまで大河がかみつくほどに、特別な関係があったらしき、陸と美香。
そういえばあの頃、陸は"一般美女と熱愛中"なんてという噂が出回っていたと高瀬は記憶している。これに対し、陸が一切の否定も肯定もしなかったことも。
だがいつの頃からから、彼らの口からその名前を聞かなくなったと、今になって高瀬は思う。そして陸の熱愛の噂も、陸が某有名女優と新たな交際報道が流れたことで、一気に消え去った。
あれから数年。再び浮上したその名前、初めて見た実物。
その女性は、一般人とは思えないほどのかなりの美女であることは間違いない。そして、何か"問題"があったことも間違いないであろう。それは、大河と陸の反応を見ればすぐに理解できる。
そして彼女の今日の態度は、自分も含めその場に居た人間からしたら確かにあまり心地の良いものではなかったということ。これも事実で。

―――頼むよ、陸さん…

高瀬は、心からの溜め息が出た。

幸田、鹿野、誠もまた、各々複雑な思いで昼間の出来事を考えていた。
夏に発覚した、千田と陸の関係。その一連の問題では、横浜の仕事場からわざわざ都内にまで足を運んできた陸が、なぜあんなあからさまなことをするのだろう。彼の真意は何なのか。

様々な思いを乗せて、車は夜の都内を走り抜けていく。

千田は、そんな周囲の懸念にすら気付かず、ただただ窓を見つめるだけ。
窓を流れるネオン。しかし車内に比べれば真っ暗で、窓ガラスには自分の顔がよく見える。

自分は一体、どんな顔をしていただろうか―――

待合室で目が合った彼女の微笑みに、自分はどんな表情を返していただろう。
彼女の笑顔は、一体何を意味していたのか。

"自惚れないで"
"あなたは負け"
"私が一番よ"

そのどれだったとしても、自分には望むべきものではない。
そもそも、こんなことを考えている自分が一番嫌だ。
陸は何故、彼女をすぐ傍の席に置いたのか。結局はその疑問に戻るだけ。

自分は、彼の何番目だろうか。

そう考えて千田は、泣きたい気持ちになって俯いた。
ポケットの中で震えるスマホは、自分を心配する仲間たちか、それとも……

画面を見たくない。その名前を見たところで、出るのが怖い。彼からどんな説明を受けたって、彼女があの場に居る時点で、彼女は"特別"で、それを改めてつきつけられてどうなるというのだろう。
でももしも、他の人間だったら。何か全く違う別の用件の電話で、それが緊急だったら……
こんな状況でも真面目な自分に呆れながら、千田はゆっくりとポケットのスマホを手にする。
画面を見て―――やっぱり後悔して。そして…手が震えた。
出たくない。そもそもここは移動車内で、出たら迷惑だ。そんな言い訳をして、画面を見つめるばかり。
やがて切れた電話。

"不在着信:10件"

さらに、メッセージを受信した形跡もある。その中には大河の名前もあり、着信のうちの数件はきっと彼なのだろうとも思う。
しかし殆どが陸のそれで、ロック画面に表示されたメッセージの一部は、

"電話に出て"
"話がしたい"

という文字。
仕方なく千田は、アプリのトーク画面を開いた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★Turning point(直×大)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★Turning point(直×大)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【女は災い 1-4】へ
  • 【女は災い 2-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【女は災い 1-4】へ
  • 【女は災い 2-2】へ