FC2ブログ

「女は災い(陸×千)」
2:例外

女は災い 2-3

 ←女は災い 2-2 →女は災い 2-4
「んやねんっアイツ!!」

電話の向こうでひたすら激怒する大河を、直希は困り果てて見つめていた。
兄を家に呼び出したものの連絡が来ない!と大河から電話が来たのは2時間前。大河が陸を呼び出すために自分はマンションに帰らされていたが、いつになくイライラしている大河が心配になって、陸が来るまででも傍に居てやろうと彼のマンションに訪れていた。
確かに連絡ひとつよこさない陸に直希もイラだっていた矢先に電話が来て、出た瞬間、これである。

「はぁ!?そんなん信じられるかっ。何で今更美香やねんっ。別れたって言うてたやんか。
勘違い?どこがやっ。誰が見たっておかしいやろ。そもそもタクが最初に気付いて俺に言いに来たんやから。
だいたいなぁ、あの女のあの態度何やねん。完全に兄貴の女気取りしやがって。KYすぎて逆に気持ちええわ。…って、ええことないっちゅうねん!会場でも偉そうに足組んで、何や、脚長いですアピールか。美人アピールか。チダちゃんの方が脚長いし美人やわっ
は?あの女はあの女やんかっ。他に言い方なんてあるか。何や、この期に及んで肩持つんか、アホ!
ええか。チダちゃんは俺の味方なんやからな。俺らが兄弟ゲンカしたところで、兄貴の味方なんてしてくれないんやぞっ。俺もチダちゃんの味方やし、兄貴一人ぼっちやからな。
だいたいなぁ、電話やなくて家来いやっ。俺そう言ったやろ。L●NE見てないんかっ。それともガソリン代が惜しなったんかっ。生意気にハイオク車なんかに乗るからじゃっ」

口達者同士のケンカは傍から見れば笑えるが、その理由が昼間の一件である以上、直希も笑えない。
仕方なく大河の肩を抱き、その電話を代わるように促した。

「な、なんで直希が…」
「いいから、な?」

直希にまで噛み付こうとする大河を宥めながら、電話に出る。

「あ、陸さん?お疲れ様です。はい、直希です」

直希の冷静な声で、トーンは一気に落ち着いた。

「大河の言うとおり、これは電話でする話じゃないと思うんで、ちゃんと会って説明してあげてください。今日は…あ、もしかしてこれから千田に会うんすか?会ってもらえそうなんすか?」

その言葉に、大河もようやく、陸が電話で話そうとしてきた意味に気付いておとなしくなった。

「そっすか。とりあえずよかったですね。あ、はい、明日ですね?大河に伝えておきます。
あと、あの女の人、いくら特等席の客とはいえ、自由すぎっすよ。劇場内でああいう勝手な行動は困ります。大人なんだから」

陸を庇うようで大河の意見を認めてやると同時に、直希はそこに自分の想いも込めた。
劇場であれライブ会場であれ、ああいう空間はすべてが自分たちにとって聖域であり、あんなことをされては困る。それは、自分だけじゃなく、恐らく出演者全員が感じていたはずだ。

「それだけは事実なんで、お願いしますね?」

それから手早く何か言葉を交わし、直希は電話を切った。

「明日、陸さん仕事前にここ寄るってさ。俺たちも明日は午後からスタジオだから、大丈夫だよね」

スマホを返しながら、膝を抱えて目を伏せたままの大河の頭を撫でる。
陸と千田の関係性を、どれほど大河が大切に思っていたかが伺えて、何だか可哀相になってきて。切なくすらなってくる。直希としても、以前の自分は勘違いから千田を敵視してきたが、事実を知った今となっては、自分もあの2人を純粋に応援している一人だ。

「あの2人別れるの…俺嫌や」
「うん。俺も嫌だな。でも大丈夫だよ、きっと」
「でも、美香が居った」
「その美香を俺はよく知らないけどさ、まぁ事情があるんでしょ。陸さんがそんないい加減なことしないって」
「でもアイツ居ると、いっつも話がややこしくなる」
「そうなの?」
「兄貴を利用してたんやで、アイツ」
「え?」

意外な言葉に、直希は目を丸くした。
大河は顔を埋めていて、表情は分からない。

「アイツの家、めっちゃ大金持ちで。結婚相手とかも勝手に決められて。腹いせにあの女、兄貴と付き合ってた。兄貴が自分に惚れてるって知ってて、利用しやがった」
「………」
「それで、諦めた親に絶縁っつー自由を認められた瞬間、兄貴のこと捨てた」

大河は自分の顔を埋める腕を抱えるようにギュッと掴み、直希は思わず、そこに手を乗せる。心なしか震えている気がして、直希も胸騒ぎがしていた。

「婚約してたって…ホント?」

直希の問いに、大河は頷かない。しかし、否定もしない。

「ねぇ、マジの話?」
「いちおうそういうことにはなってたけど…結局それも、美香のポーズや」
「…してたんだ?」
「具体的な日が決まってたわけやない。将来的にそのつもりやって話してただけで、当然向こうの親は反対したけど、駆け落ちしてでも結婚するからって美香、神奈川の実家飛び出して……でもそれも、全部アイツの芝居や。親を諦めさせるための。だって兄貴の部屋には俺とハルが居候しとったし、あの女は別のマンション借りて住んでて、俺らにも何も言うてこなかった。結婚する気があるなら、俺らが高校卒業したら自分がここに来たい、ここで2人で暮らしたいぐらいのこと言うてもええやろ?そういう話は一切なかったんや」
「それ、いつの話?」
「最初に付き合ってたのは、10年ぐらい前。兄貴が大学卒業してすぐ別れたから、1年ぐらい付き合ってたと思う」
「別れてからも、彼女もずっと東京に居たってこと?」
「は?そんなわけないやん。兄貴と別れてすぐ、ヨーロッパやったかどっか行ったわ。ご丁寧に俺に写真絵葉書まで寄越しやがった。めっちゃ笑顔の。今日の感じでも分かるやろ?そういうことする女やねん」

それが本当だとしたら、どれほど最低な女だろうと、直希は思った。
それとも、女というのはそういう怖い一面を誰もが持っているのだろうか。
それとも、陸があまりにも女を見る目が無かったか。

―――男を見る目はあるのにな。勿体無い…

しかしこればかりは大河の一方的な見解なので、直希は自分の意見を言及することは避けた。

「明日…」
「ん?」
「直希も…居てくれるか?」

ボソリと呟いて上目遣いに見上げてきた大河が、傷ついた子供のように見えて。

「もちろん。じゃあこのまま泊まっていくよ」

自分まで傷ついてしまっている大河が可哀相で、直希はその体をギュッと抱きしめてやった。

「この期に及んで大河まで元フィアンセ居たりしないよね?」
「居るかアホ」

直希の軽口にようやく大河が小さく笑ったのを確認して、

「さ、風呂入って寝よう」

もう一度ギュッと抱きしめてから、不埒な気持ちが芽生える前に彼の手を引いて立ち上がった。
明日も稽古はある。これ以上"疲れる"行為は、さすがに控えてやれねばと。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png ★Turning point(直×大)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png ★Turning point(直×大)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【女は災い 2-2】へ
  • 【女は災い 2-4】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【女は災い 2-2】へ
  • 【女は災い 2-4】へ