FC2ブログ

「女は災い(陸×千)」
5:眠れぬ夜

女は災い 5-2

 ←女は災い 5-1 →女は災い 5-3 ※微R-18
直希のマンションに着くと、大河はグイグイと腕を引かれて部屋へと連行された。

「な、直希…何やねん」

無言の直希に戸惑いながら抗議するものの、取り合ってくれず。
玄関に入った瞬間、廊下に放り込まれるように押し込められる。

「直…」
「あのねぇ…」

溜め息混じりに呆れ顔をされて。しかし大河いは彼を怒らせる原因に思い当たる節がないから、困惑しながら見上げるしかできない。

「俺を怒らせてどうしたいの?」

そのまま壁に追い詰められて、彼の右腕で片側の道を塞がれる。高い位置からズイッと顔を近づけられれば、大河に逃げ道はない。

―――出た、壁ドン…

思わずそんなことを考えてしまう。
彼にこれをされるのは、初めてではない。
男の自分がされるなんて。しかも何度も。

「大河は、俺を怒らせて暴走でもさせたいわけ?」
「そ、そんなわけあるか。急に何や。何をそんな怒っとんねん」
「この間から"千田千田"言いすぎ。どんだけ"チダちゃん"が好きかは知らないけどね、さすがに腹立つんですけど」
「腹立つって…」
「しかもどさくさに紛れて、千田が美人だとか、千田の魅力がどうとか、千田に味方って言ってもらったとか、ちょいちょい聞き捨てならないワード入れてきてさ。この間といい今日といい、何で恋人から、自分以外の好きな男の話を聞かされないといけないわけ」
「好きな男って…お前なぁ、いつまでチダちゃん警戒する気じゃアホ」
「その"チダちゃん"への前科持ちが威張らないでくれる?」
「だからそれは違うやん。かかか、過去の話やから」
「俺言ったでしょ?過去とはいえ、怒ることは怒るって」
「でも、いや……なんていうか、もう時効やろがそれは」
「日本では現在、時効は撤廃されましたが」
「それは凶悪犯罪やっ!」
「大河が勝手に時効決めるなっ」
「俺が時効言うたら時効や!しかもあんなん、ホンマ一瞬の話で…
…ああもう!ゴメンて。あれはホンマにアホやったのは認める!でも反省したんやて!!だから今チダちゃんの心配しとるんは、純粋に兄貴分としてっていうか…」

必死で弁解する大河は、さきほどまでのどんよりした落ち込みはすっかり忘れていて。
直希はそれを確認すると、プッと吹き出した。

「アハハ!ごめんごめん」

そして、ギュッと抱きしめる。
大河はキョトンとして棒立ちになった。

「もういいよ。そうだね、時効だよね」
「直希…?」
「大丈夫。わかってるから」

大河が真剣に自分と向き合い、どれだけ自分を好きでいてくれているかは、直希だって痛いほど知っている。"愛している"と言ってくれた彼の言葉の重みも。

「やっといつもの大河に戻ってくれた」

そう言われて、大河もやっと、直希の芝居に気付いた。そして自分が、普段の勢いを取り戻していることも。

「大河は、そうやっていつもの通りでいてあげなよ」
「……いつもの?」
「そ。大河まで落ち込んでたら、千田はもっと自分を責めるよ?」
「……でも…俺、」
「ああもう、また暗くなる。ダメだってば。な?」

直希は体を離して大河の顔を両手で挟み、情けなく眉を下げているその顔に微笑みかけた。

「大河はさ、笑ってドーンと構えてやっててよ。そしたら千田だって冷静になるかもしれないじゃんか」
「チダちゃんはずっと冷静や、きっと」
「そうかな。俺はそうは思わないよ」

千田の判断は、ただの苦し紛れで。苦しい状況から逃れ自分自身を守るための咄嗟の判断だったんじゃないかと、直希は思うのだ。

「あの2人が、これで終わるわけないよ。陸さんが諦めるはずないし。大丈夫だってば」

不思議と、その言葉は大河の中にすんなり入ってきた。
直希の"大丈夫"は、大河にとって魔法の言葉。
それはきっと自分だけじゃなく、大切な人の言葉は、誰にだって特別なのだ。
だからこそ兄には、千田にもっと優しい言葉をかけてやってほしかった。彼が安心する言葉や態度を、とってほしかった。

「俺は、兄貴が許せないんや、直希」

そんな簡単なことに気付かなかった兄が、腹立たしくて。千田にあんな顔をさせたのが、こともあろうか、誰より尊敬している兄だなんて…。

「でも、ヨリは戻してほしいんだろ?」
「……うん」
「なら、許してやらないと。まずは大河が」
「俺が?」
「うん。大河が陸さんを許して、協力してやらないと。じゃなきゃあの2人、マジであのまま終わっちゃうよ?」
「嫌や」
「だろ?」

単語だけになってきた大河を宥めるように、直希はゆっくりとそう言い聞かせた。

「今日は、もうそれ以上何も考えないで。きっといい考えなんて何も浮かばないだろうし。
それで、明日になったら作戦考えよう?俺も協力する。俺そういうの得意じゃん。策略家の俺が居るんだから大丈夫だよ。ね?
大河が大事にしてるものは、俺も大事だから。一緒に2人を助けてあげようよ」

その瞳に吸い込まれるように、大河がコクンと頷く。
それを確認して、直希はそっとキスをした。

「直希、それなら…」
「ん?」
「ホンマは怒ってないってことやな?」
「怒ってるよ」
「え゛…」

そこは話は別、と。直希は片眉を上げて冷たい目を向けた。

「その辺も含めて、今日は無茶苦茶にしてあげるから」
「は?」
「最近全然してなかったしさ。今日は大河は何も考えない方がいいし、俺は理不尽の自覚はあるけど嫉妬してる。ちょうどいいじゃん?」
「理不尽て、ちょっ…―――んんっ!!」

激しいキスと共に大河は直希にコートを脱がされ、寒さに震える間もなく抱きしめられた。
割り込んできた舌に脳内までかき乱されるようで、全身が痺れていく。
それは強引なものではあるが、決して乱暴ではなく。
壁に押し付けられて、相変わらず行動の早い目の前の男に大河はしばらく唖然としていたが……
気がつけば、自分の腕も自然に直希の背中に回っていた。

「今夜はもう、俺のことだけ考えて」

唇を少しだけ離して、ジッと見つめてくる熱い瞳。

「明日の朝まで、口にしていいのは俺の名前だけだよ。わかった?」

その瞳に導かれるように……

「直希…」

大河も彼の名前を呼んで、自分からのキス。
そのまま唇を首筋に移動して、キス。
言葉は無くても、自分も同意していることを暗に示した。

「大河」

囁くように呼びながら、直希が顔を横に向けて大河の唇を追う。その唇に大河が応えてやれば、再び深く深く口づけられた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【女は災い 5-1】へ
  • 【女は災い 5-3 ※微R-18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【女は災い 5-1】へ
  • 【女は災い 5-3 ※微R-18】へ