FC2ブログ

「女は災い(陸×千)」
5:眠れぬ夜

女は災い 5-3 ※微R-18

 ←女は災い 5-2 →女は災い 5-4 ※微R-18
*こちらは軽くはありますがR-18ページです。
*ご理解ある方のみお進み下さい。





「……ん…」

空気を全部奪われるようなキスに、大河は体に力が入らなくなってきて無意識に直希の腕を掴んだ。しかしそんなことはおかまいなしとばかりに、直希のキスは大河を逃がそうとはしない。
やがて、その手が妖しく体を撫で回し始めて。インナーの中に冷たい手が入り込んでくる。
性急に煽られていく体に、大河は頭が追い付かなくて。降りてきた直希の手がベルトを簡単に外してズボンに入り込んできたところで、ようやく大河はハッと我に返った。

「あ、ちょちょ、ちょっとタイム…」
「こんなんで?」

"こんなん"と、今度は下着の中に手が入ってくる。
軽くとはいえ直接撫でられて思わず漏れた声は、自分でもわかるほど厭らしくて…

「却下。俺がもう無理」

逆に直希を更に煽る結果となり、キスでも手つきでも、激しく追い上げられていく。
翻弄された大河の体は、正直に快楽を追いかけるだけ。漏れる声も、すでに抑えることを忘れた。

「もう限界。今すぐシたい」

耳元で囁かれて。
顔を向ければ、その独特の猫目が大河を捕らえている。

―――ああ、直希くん。最近めっきりセクシーに……って違うやろ、俺

「な、直希」
「何?」
「顔がエロいんですけど」
「当たり前じゃん。エロいことしてるんだもん」
「アホ…」
「知ってる」

寒い廊下で何しとんねんとか、お前のが当たっとるんですけどとか、限界もなにもお前さっきから我慢してないやんとか、いやいやメシまだ食ってないんですけどとか。大河には、言いたいことは山ほどあったが。

「早く大河の中に入りたい」
「なお…」
「早く俺を感じて」

直希の囁く声に導かれるように、大河も全ての考えを放棄して。
素直に頷くと同時に、勢い良く直希に手を引かれ、風呂場へと連行された。





マンションに戻った陸は、薄暗い部屋のリビングで、千田から返されたネックレスを見つめていた。
鎖からリングを外し、明かりにかざす。
これを渡したとき、一瞬目を丸くした後にパッと嬉しそうな顔をした千田の姿が、頭から離れない。ペアだと知って照れながらも、彼はやっぱり笑顔だった。
2人で一緒につけられるようにと、陸は自分のコレクションから彼に似合いそうなネックレスをあげた。

あんなに幸せだったのに……。

全てを壊したのは、自分。
彼の笑顔も、自分たちの絆も、共に歩むはずだった未来も―――

―――いや、諦めない。

陸は、千田の指輪を自分のネックレスに通し、風呂場へ向かった。





てっとり早く暖まれる場所、と思ったのかはどうかは知らないが。直希にされるがまま大河が連れ込まれたのは、風呂場。服を瞬く間に脱がされ、やはり寒がる暇もなく浴室へと手を引かれた。
栓を捻ってシャワーの水がお湯に変わったことを確認した直希が、互いの頭上にめがけた位置にシャワーヘッドをかけて。そんな一連の流れを大河がぼんやりと眺めていれば、いつのまにか壁に肩を押し付けられていた。
勢いよく降り注ぐ熱い湯の中で、引き合うように唇を重ねる。
真冬の静かな夜。響くシャワーの音が、ここだけを外の世界から隔絶しているようだ。

「んん…あ…」

繰り返される熱い口づけと降り注がれるシャワーの水滴に、大河は息がつけずに大きく頭を降って直希の唇から逃れ、息を吐いた。
しかし直希の唇は大河を逃さず、そのまま頬を、首筋を、首元で輝くネックレスをリングを、そして胸を……辿っていく。

「あ…っ」

思わず漏れ出た大河の吐息は、シャワーの音より大きく直希の耳元で響き、艶を帯びた声に直希の心拍数は跳ね上がった。

「大河、寒くない?」

触れ合う距離のところで唇を離しながら、それでも理性を保つためにも、彼を気遣うように覗き込んだ直希だが。
無言で首を横に振った大河のその姿に、思わず息を飲んだ。

直希の声にうっすらを開いた大河の瞳は、久しぶりの風呂場での情事に戸惑いながらも妖しく揺れて。そもそも体を繋げること自体が久しぶりのせいか、いつも以上に敏感だ。
誘うように開いた口元が時折閉じるのは、荒い呼吸を象徴するように何度か唾を呑み込んでいるのだろう。その度に動く喉元が、なんともいえない色気だ。
漆黒の髪から落ちる水滴が、流れていく。大河の紅潮した細い頬を、白い首筋を、くっきりと浮き出た鎖骨の間を……。

―――ヤバ……

理性のスイッチは今日は早々オフにして。直希は大河の頬を両手で挟みこみ、貪るように何度も舌を絡めていった。
そして片手を彼の下半身へと伸ばして、強く握り込む。

「…ん…あぁ…っ」
「好きだよ大河」

こんなに愛しい存在を、陸が失ったのかと思うと。それを自分に置き換えただけで、直希は生きた心地がしない。

「なお…き…んんっ」
「もっと呼んで」

何度も何人にも呼ばれる自分の名前すら、特別に感じるほど大切な存在を。失うなんて、絶対に出来ない。
だからあの2人だって……別れるしかなかったなんて、きっとないはずだ。直希はそう信じている。
陸の優柔不断さに千田が傷ついたのも、それに対しての千田のあの決断もわかる気もするが、

―――そもそも、大河をこんなに悲しませることが許せないんだよ

だからこそ、戻ってもらわないことには、と思う。たとえ戻れないとしても、大河を傷つけた責任ぐらいは、陸にはとってもらわないと、と。
必要のない責任を感じて落ち込む大河の優しさを、人の良さを、傷つける権利は兄の陸であっても無いのだから。
珍しく大河が素直に自分を頼ってくれたことは嬉しいが、彼にはやっぱり笑顔が似合うから。その笑顔を取り戻すことができるのは、今回は、悔しいけれど自分ではないのだから。

―――これで千田が大河に心変わりしたら許さないからな、陸さん

無きにしも非ずな可能性に、こっちまで修羅場に巻き込まれる可能性に、思わず直希は身震いをしながら、心の中でしっかりと陸に釘を刺す。
そして目の前の大河にも、

「いずれにしても大河は絶対にブレちゃダメだよ」

誰に、とは言わずにそれだけ言いつける。事の最中は何も考えるなと自分が言った以上、その名前を出すのは避けた。だいたい、出したことでまた千田のことでも考えられたら、たまったもんじゃない。
当然大河は意味が分からず、それよりも、その言葉と共に自分を煽る直希の手が強くなったことに思わず声をあげた。
そして大河の手も、直希の下半身に伸びて触れてくる。
しかし、それを直希は掴んで止めた。

「大河、俺はそれはいいから」
「え…」
「それより早く中に入りたい」

早く溶け合ってしまいたいと、早く快感に溺れさせてしまいたいと思う。
それを知ってか知らずか、

「うん」

大河もいつになくあっさりと頷いた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【女は災い 5-2】へ
  • 【女は災い 5-4 ※微R-18】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【女は災い 5-2】へ
  • 【女は災い 5-4 ※微R-18】へ