FC2ブログ

「女は災い(陸×千)」
6:見守る瞳

女は災い 6-1

 ←『女は災い』第3~5章アップ完了 →女は災い 6-2
【6:見守る瞳】

1月13日。土曜日
両チーム、最終公演日。

「よし。泣いても笑っても今日で終わりだぞっ!!」

分かりきったことを言って気合十分なのは、相変わらずの幸田だ。劇場に着いてから、ずっとこれである。

「アキさ~ん、空回りだけはしないでよ?」

呆れたように苦笑いをする幸樹に背中を叩かれ、鹿野には「衣装が乱れるよ」と冷静にツッコまれている。誠にいたっては、すでに聞いていないフリを決め込んでいるようだ。そんな姿は、本番直前という独特な緊迫感の中で、ちょうど良い緩和剤にもなっていた。
千田は衣装もメイクも準備万端で、舞台袖から様子を見に行くらしき鹿野と共に楽屋を出た。

そんな、いいムードだったのに―――

楽屋を出てすぐ目に入った人物に、千田は辟易した。
少し離れたところにある、関係者待合室。
そこからちょうど出てきた美香と、目が合ったのだ。

「……はぁ…」

思わず、小さな溜め息が漏れる。
しかし、

―――……?

千田は、首を傾げた。
美香は千田と目が合った瞬間、以前のように笑うことはなく。丁寧に、しかし目立たないように軽い会釈をしただけだったのだ。
そして、どこか悲しい目をしてもう一度千田を見つめてから、他の関係者と共にその場を去って行ってしまった。

何だろう?この変化は―――
違和感を感じながらも千田は、鹿野に気付かれないように目を逸らした。

鹿野と共に舞台袖に着き、幕の隙間からこっそりと客席を覗いてみる。そこには、観客が続々と入場しているのが見えた。チケットは完売しており、この大ホールは昼の部同様にすべて埋まるのだろう。

「やべぇな。めっちゃ緊張してきた~」

やっぱ観に来るんじゃなかった、なんて言いながら鹿野がそそくさと去っていく。3回とも同じことを繰り返すその姿を振り返って笑いながら、千田は再び視線を戻した。
今朝の大河の言葉を思い出して、中央の関係者席を見遣る。そこには、昼公演を終えた大河と直希がすでに着席していた。

「お、居るねぇ、バカップル」

いつの間にか到着していた幸田が、千田の肩を抱きながら同じ場所に目を遣って笑う。

『俺の可愛いチダちゃん、グッモーニン(^^) 快晴やで~。夜も星がキレイらしいわ。最終日には最高の天気やね。俺たちの成功へのお膳立てはバッチリ♪
で、ちょっとチダちゃんに用があるから、起きたら電話ちょーだい』

大河からそんな陽気なメッセージが来たのは、今朝。ご丁寧にふざけたボイス付きスタンプを付けて。時間を見れば朝5時に送っている。早朝から元気な男だ。
拍子抜けするような明るいメッセージに思わず笑って、千田は朝ごはん前に電話をしてやった。
大河の用件は、今夜の誘いだった。

『新年祝いもしてへんし、直希とな、しようって話になって。で、なんか今日、後藤も観に来るらしいから、後藤も参加するんやわ。
そっちは、いちおうテツ以外の奴に声かけてんねんけど、どう?テツは風邪気味らしいからやめといたわ。
俺んチで宅飲みやから、気兼ねないし、おいでよ。あ、もちろん、そっちはそっちで打ち上げやるとかなら無理やろうけど、俺らと同じで後日やるっていうなら。後藤もチダちゃんと会いたがってるで』

後藤こと後藤祐太は、アイプロ所属の若手ピン芸人で、POLYGONのレギュラー番組への出演率も高く、特に幸田と仲が良い。千田はプライベートではあまり絡んだことはないが、いつでも気さくに声をかけてくれるし、ユニットでもグループでも末っ子である千田を可愛がってくれる先輩だ。

『千田~おはよ。俺だよ、直希だよ。ぜったい来いよ~?』

大河の電話口からは、直希のそんな陽気な声も聞こえた。
自分の記憶が正しければ最初の頃は若干怖い印象のあった直希だが、1年ぐらい前を境に急に距離が近くなって。ユニット活動を通して彼が良い奴だとは分かるのだが、大河の居るところには予告なく"神出鬼没"の、謎の多い人物だとも千田は思っている。今日だって、朝っぱらから何故一緒なのかと(←鈍感)。

「アキさん、大河さんから今日のこと聞いた?」
「うん」
「どうします?」
「ん~、行くよ?後藤来るみたいだし、うちのチームも来週の全体の打ち上げ以外は今日何かやるってわけでもなさそうだしさ。誠さんも行くらしいぞ?千田も行こうよ」
「あ、はぁ…」
「パァァっとやろうぜ、な?」

千田と陸の結果は知らないまでも何かしら事情を察しているらしき幸田が、そんな意味も込めて自分を強引に誘ってくる。

「……そう、だね」

確かに、何もかも忘れて飲むのもいいかもしれない。
千田は、気が付けば頷いていた。

「うしっ。決まり。もうキャンセルなしだからな~~」

さ、俺らも戻るぞ~と、幸田は即座に切り替えて千田の腕を引いた。
舞台裏から廊下に出ると、既に出演者やスタッフが固まっていて。そこに2人で慌てて混ざった。
すると不意に千田は、視線を感じて。ゆっくりと、顔を上げる。
自分たちが集まる塊。その中に……陸が居た。

「………」

『14日の約束、無効やないからな』

6日前の、彼からの留守電メッセージが甦る。
14日―――明日だ。
もちろん、明日何か具体的な約束はしていない。ただ単に、1日にした電話の中で"14日に会おう"となっただけで。

陸は千田と視線が合うと、小さく頷いた。
それは、恋人としてではなく、プロデューサーとして、そしてこの脚本を書いた作家としてだろう。

"成功させろ"

と。
おそらく今日も観客席から見届けるつもりではあるのだろうが、最終日だけあって、こうしてステージへと送り届けに来てくれたのだ。昼の部でもきっと同じことをしたのであろう陸は、いつもの厳しくも温かい目で、中央で手を合わせているそこに手を伸ばしながら微笑んでいる。

それが純粋に、千田は心強かった。
あの表情は、自分が信じている人の、彼らしい表情。ここ数日の、ブレまくっていた彼のそれではない。
千田が見たかった"安藤陸"が、そこに居た。

"ありがとうございます"

そんな意味を込めて、千田も少しだけ微笑んで目だけで頷く。そして自分もその中に手を伸ばした。

―――良かった。戻ってきてくれた。

もう自分の恋人ではなくても、それは千田の心を少しだけ穏やかにした。
先日の電話では"諦めない"と言っていた彼だが、あの表情を見る限り、もう断念してしまったのかもしれない。そう思うと心が痛むが、彼が彼らしくいられるのなら……
なんて、本当は嘘ばっかりだ。
自分から手放したくせに、気を抜けば、彼に会いたくて仕方なくなって。
それを消すためにまた、バカみたいに仕事のことだけを考えて。

『俺は、諦めないから』

あのメッセージを消せない自分が、未練がましくて嫌になる。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【『女は災い』第3~5章アップ完了】へ
  • 【女は災い 6-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『女は災い』第3~5章アップ完了】へ
  • 【女は災い 6-2】へ