FC2ブログ

「その先へ(直×大)」
2:拒絶

2-3

 ←2-2 →『その先へ』第2章アップ完了
どれくらいの時間が経ったのか。
玄関を開ける音で、大河は現実に戻った。
慌てて立ち上がると同時にリビングのドアが開き、袋を下げた直希が現れた。

「あれ?何してんの?」

キッチンに立ち尽くす大河に首を傾げ、ダイニングテーブルに袋を置く。

「ん?あ、えっと…飲みモン、用意しておこうかと」

大河は、咄嗟に思いついたにしてはそれらしい言い訳を吐きながらグラスにお茶を注ぐと、自分も直希の元に向かった。
直希が行ってきたのは近くのスーパーで、総菜が美味しくて人気がある。

「お、美味そ」

直希が広げた袋を覗き込んで無邪気に喜んで時間を稼ぎながら、大河は必死でいつもの自分を取り戻そうとしていた。

「ええチョイスやなぁ、直希」
「だろ?」

直希も、笑顔で返してくる。
この流れで夕飯を乗り切って、後は眠るだけだ―――そう何度も言い聞かせて。キッチンへ戻って皿と箸を取りながら、大河は深呼吸をした。

2人テーブルに向かい合って、食事を摂る。
どちらかの自宅で夕飯だなんて、久しぶりだ。
しかし繰り広げられる会話は、外食だろうが家食だろうが関係なく。

「アメリカは、ハリウッド取材のロケだっけ?どうだった?」
「ん?まあ、俺には無縁の世界やな。日本語吹き替え版のイメージソングを俺らが担当したからってことで来た仕事やけど、向こうの人からしたら"知らんわ"って話やん?ポカンとされたわ」
「アハハ。そういえば、向こうに友達居るって言ってたけど、会えたの?」
「うん、会えたよ。直希は、ドラマ撮影いつ終わったん?」
「3日前。そのあと打ち上げで朝まで飲んで、酒残ったままスタジオ行ったら、実とタクに嫌~な顔された。仕方ねぇじゃんなぁ?」
「ハハ、確かにな」
「大河は、向こうで食事はどうしてたの?」
「ロケでレストラン入った以外は、適当に。取材先のスタジオで食ったときもある」
「え、じゃあ役者さんとか居たでしょ」
「うん。怪しい日本人がメシ食っとるから、めっちゃ見られたわ」
「アハハ。声とかかけられた?」
「少しだけ。カタコトの英語しか喋れへんから大した会話は出来なかったけど。日本でミュージシャンとか役者やっとる言うたら、じゃあ日本に来る機会があったら観に行くって。アメリカ人でも社交辞令って言うんやな」

行くと言った割に名前すら訊かれなかったことを思い出しながら大河がそう言うと、直希がまた楽しそうに笑う。そうすれば大河の気持ちもホッとして、食事中はとにかく和やかに過ごしていた。


ただし、もちろんそれはあくまで、"食事中だけ"のこと。


張り詰めるほどの緊張感を紛らわせてくれた夕飯が終わり、大河はこの先の切り出し方を整理したくて席を立った。
食器を流しに持っていき、洗うのは明日に回そうと決めて、

「あのな、直希…」

顔を上げたのだが。
座っていたはずの直希が、居なくて。

「大河」
「え?うわっ」

突然隣から声をかけられて、思わず身を引いた。
いつの間にかそこに居た直希にジッと見つめられて、大河も体の動きが止まる。

「あのさ…」
「な、何?」

そして次の瞬間、

「これも」

目の前に、スッと差し出された、小皿。

「え?…あ、ああ!サンキュ」

下げ忘れた小皿を持って来てくれただけなのだと、大河は今の動揺を誤魔化すように笑顔を見せた。

「で、何か言いかけた?」

隣に立ったままの直希が、自分を呼んでいただろうと問いかける。

「あ、うん。あのな?この後なんやけど…」
「うん」

相槌を打ちながら、直希が一歩近づいてきた。
反射的に、大河は思わず一歩後ずさる。

「俺、じ、時差ボケみたいで、その…まだめっちゃ眠くて。今日はこのまま寝るから…」
「うん」

また一歩、直希が近づいて。
大河が、一歩下がる。

「直希も、今日は…」
「うん」

また一歩、また一歩と。
同じことが繰り返されて。

「帰っ…」

大河の背が、壁に当たり……
気が付けば、キッチンの端に追い込まれていた。

「な、何…?」

声はあからさまに震えて、さすがにこの状況では笑顔も作れない。
すると直希が、右手を大河の顔の横に付いて。

「何で逃げるの?」

左手で、大河の頬に触れて。

「何?その反応」

ゆっくりと、顔が近づく……

「さっきもあきらかに、キス避けたよね?」

大河は思わず、また目をギュッと瞑った。


第3章へ進む

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【2-2】へ
  • 【『その先へ』第2章アップ完了】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【2-2】へ
  • 【『その先へ』第2章アップ完了】へ