FC2ブログ

「最愛(直×大)」
3:リベンジ

最愛 3-1

 ←『最愛』第2章アップ完了 →最愛 3-2
【3:リベンジ】

翌日。3月24日。金曜日。
事務所内会議室。

「陸さん」

会議室に入ったとたん、駆け足で近寄ってきた人物に声をかけられて、陸は立ち止まった。
遠くからでも、髪の色で分かっていた。直希だ。

「おはよう直希。どうした?」
「話があります」
「話?」
「はい。ミーティングが終わったら、お願いします」

直希の表情は、この2日間とは別人のようだった。
何かを決意したような、そして有無を言わさぬような、強い気持ちが溢れている。

「俺も、お前に話すことがある」

陸もまた、決心した瞳で、しかし気迫の強い直希とは正反対に落ち着いた表情で言った。

「でも、今日はアカン。終わったらすぐ、次の現場に行かないとアカンねん。
でも日曜日、お前らのラジオに呼ばれとるから、終わったらいくらでも時間とれる。お前も日曜はラジオが最後やろ?天野に聞いたで。だから日曜日、ゆっくり話そう」

お互いに時間の取れる日にしようと、そう提案すれば。
直希はやはり強い眼差しのまま、小さく首を振る。

「じゃあ夜行きます」
「今日明日は遅くなる。大事な話やから、日曜日や」
「気になって無理です」
「それでもプロか?お前」
「…………」
「今日は金曜日やぞ?日曜日だってそう変わらん。必ず話すって約束してるんや、こっちは。深夜にお互い疲れ切った体で話すような、そんな気楽な内容じゃないってことや」

そこまで言えば、直希も返す言葉がなく口を閉ざした。
しかしまだ、腑に落ちないような顔をしている。そんな直希を陸はチラリと見遣り、

「大河と別れたって?」

そう問えば、直希はビクリと肩を震わせた。

「安心しろ、俺と一部の人間しか知らん」

わざとらしく肩を叩いてやれば、

「俺は納得してません」

その肩を払うことはせず、直希はボソリとそれだけ答える。

「そうやろな。俺も同感や、今となっては」

大河の言い分に一瞬は流されかけたものの、今ならあの判断は間違いだと思うから、陸もそう同調した。
すると直希が、顔をあげて。

「どういう意味ですか?」

陸の含みのある言い方に気が付いたのか、眉を寄せる。

「別れるホンマの理由を知りたいんやろ。話ってそれか?」
「はい」
「それなら俺も一緒や。俺の話も、それ」
「なら…」
「だから日曜日や」

聞き分けの悪い奴は嫌いだ、と直希の頭を軽くはたいて、陸は彼を置いて会議室の前方へと歩いていく。
直希は慌てて追いかけてきたが、何を言っても無理だと判断したのか、聞き出すのは諦めたようで。

「約束っすよ」

それだけを念を押してくるから、

「分かってるよ」

振り返りはしないものの、陸は大きく頷いてやった。

そんな2人のやりとりを、周囲は戸惑いながら見ていた。
昨日までは葬式のような顔をしていた直希が、突然ガラリと生き返った(?)からだ。
番組収録が終わって今朝までの短時間で何があったのかと不思議で仕方ないものの、直希というのはそういう人間だと思い直せば、そこまで無い話ではないとは思う。何に対しても分かりやすいのが直希だ。

「実、何かしたのか?」

拓郎が、実をつつく。昨日も一昨日も直希に遠慮なく接していた実だけに、もしかしたらあの後さらに電話なり何なりして相談に乗ってやったのかと。
だが実は首を横に振り、

「は?俺そこまでアイツ好きちゃうし」

と、やはりド直球に答える。好きなのはあくまで、その相棒だ、と。
だが、"そこまで"とはあくまで大河を比較対象とした上でなので、直希に対しても自分はそれなりに好意的だとは思う。プライベートで連絡を取り合えることを考えても、きっと。
そもそも、何だかんだで自分が直希からも慕われていることを分かっている分、不本意ながらも大河との関係の協力者として信頼されている分、悪い気がしないのが人間の性というもので。

『実さんて、自分以外の人間のことはどうでもええの?』

不意に実は、いつだったか大河にそんなことを言われたことを思い出した。
他人のことでひたすら気を揉む大河に、突き放すような冷たい言い方をしてしまった実は、そんなことをストレートに言われた。あれは、出逢ってそんなに経ってない頃だった気がする。大河がまだ、自分を"実さん"と呼び、敬語だった頃だから、バンド結成前か結成間もない頃かだ。
眉をこれでもかというくらいに寄せて、でもまるで自分が傷つけられたように悲しい顔をして言った大河に、思わずギクリとしたのを実は覚えている。
普通の流れなら、ここでケンカになるか実が怒って席を立つという流れがありがちだが、その場には誠も居たのだから"誠に相談にのってもらえ"と言えばそれまでだったのだが、そうすることができないぐらいに大河の瞳は真っ直ぐに実をとらえていて。

『違いますよね。ホンマは優しい人やから、無関心ぶるんでしょ?ちょっとでも関わったら、世話を焼かずにはいられないから』

あんたはそういう人だ、と。
少しだけ笑みを湛えて言われたその言葉に、実はあの日、どこか救われたような気がしたのだ。

『ね、面倒なことには巻き込まないから、せめて相談ぐらいのってくださいよ』

最後はいつもの懐っこい笑顔で言われては、実に怒る気力など残っていなかった。寧ろ、どこかホッとすらした。
開けっ広げな性格の誠に対して感情表現が苦手な実は、"冷たい""無関心"と見られがちだった。どちらかといえば勝気な性格だし決して冷めているわけではないが、感情表現が下手だった。その結果、自分についたイメージに便乗するようにして、自分は人との深い関わりを無意識に逃げていたのだと実は自覚がある。
そしてそれを、知り合って間もない、2つとはいえ年下の16歳かそこらの子供に見抜かれた。いや、気付いてもらえた。それが何だか、嬉しかったのだ。こいつのためなら、面倒ごとにだって巻き込まれてやってもいい―――自然と、そんな気持ちになれた。
気が付けば実は、"珍しいものを見れた"とばかりに向かいで笑う誠の足を一発蹴ったうえで、大河の相談にのってやっていた。
あれ以来自分は、何かと世話焼きキャラになったと実は思う。もちろんいまだに"ドライ""クール"とは言われるが、その後ろには必ず"でも意外と面倒見が良い"なんて言葉がつくようになるぐらいには。
特に大河に関しては、自ら首を突っ込むことも多い気がしていて……

―――お前のせいでお節介になったんやから、責任とってもらうで

そんなことを、ここには居ない大河に向かってまずは宣言してから。
実は、直希に近づいて乱暴に髪をかき混ぜると、

「やっと本領発揮やな」

期待してるぞ、と不適に笑う。

「俺を失望させるなよ」

自分のライバルは、こんなことで玉砕するはずはないはずだ、と―――

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ 3kaku_s_L.png ★Old flame(実×大河)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大河)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ  3kaku_s_L.png ★Old flame(実×大河)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大河)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【『最愛』第2章アップ完了】へ
  • 【最愛 3-2】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【『最愛』第2章アップ完了】へ
  • 【最愛 3-2】へ