FC2ブログ

「最愛(直×大)」
5:臆病者の嘘

最愛 5-4

 ←最愛 5-3 →最愛 5-5
「ありがとう誠さん」

車を降りトランクから自分の荷物を出した大河は、隣の誠を見上げた。

「あと、ごちそーさまでした」
「ハハ、ええよ。お前は火曜日やったっけ?あっち戻るの。寒いから早く入りな」

マンションの軒先になるべく車を近づけ、エントランスまで一緒に荷物を入れてくれた誠は、大河の背中をポンと叩いて自分も運転席へと足早に向かう。
タクシーで事務所に寄り、誠の車で事務所を出た後、通りがかりのレストランで大河は誠に夕飯をごちそうしてもらって。またここまで車を走らせている間、2人は2人らしく漫才ばりのバカ話ばかりをしていた。数日前に話しかけられた内容で、誠が何かしら気付いていることは大河も分かっていたが、誠が何か話題に出すことはなかったのだ。
だが、

「なあ、大河」

律儀に見送ろうとしている大河に、運転席のドアを開けたまま誠が声をかけてきた。

「何ですか?」

濡れちゃいますよ、と首を傾げると。

「人ひとりが抱えられる荷物ってな、限界があるんやぞ」

静かに響く、少し低い声。

「お前にはもう少し、欲張りでわがままになる勇気が必要や」

頼りがいのある大らかな笑顔と口調は、誠の持つ魅力。
だから思わず、導かれるように大河が頷くと、

「ホンマに分かってるんかぁ?」

仕方ない奴やなぁと、またのんびりとした口調で笑ってくれる。
そして今度こそ乗り込もうとして、

「ああ、それと」

ふと思いついたように、屈めた体をまた起こした。

「雨な、今夜中には止むらしいで」
「へ?」
「明日は晴れるらしいわ」
「はあ…」
「良かったな」

やっぱり微笑んでそう言って、誠は今度こそ車に乗り込み、車は颯爽と走り去って行った。


部屋に戻った大河は、寝室にバッグを放ると、洗濯物を取り出した。
洗面所でコンタクトを外し、シャワーに入り、脱いだ服も含めて洗濯機に放り込む。
寒がりの大河のためにと、メンバーが何年か前の誕生日祝いにくれた小型ヒーターが活躍している脱衣所は、ほどよく温かくて。Tシャツと下着姿のままで大河は、着替えの上に無造作においてあった袋を手にした。

病院名が書かれたその紙袋から、数種類の薬を出し、手の平に乗せて眺める。
今だけの一時処置、として処方されたそれらを飲み込む瞬間、感じるのは、何とも言えない不安。
これによって保たれている今のバランスは、期間限定のもの。今自分が送っている普段の生活は、あと10日前後。リミットは目の前に近づいているのだ。
本来するべき治療を……と言われたところで、そのとき自分に待っているのは、母と同じ運命かもしれなくて―――

『大丈夫だよ、大河』

目を閉じて、自分を安心させてくれるその声を、必死で思い出す。

『大丈夫』
「だいじょうぶ……」

大河も声に出して、目を開いた。
全てをフィルムから出そうとした瞬間、

ピンポーン♪

突然インターホンが鳴り響き、大河はビクリと手を止めた。
誠だろうか。もしかして、誠の荷物を何か持ってきてしまったのだろうか。そんなことを思いながら慌てて薬を洗面台に置き、部屋着のジーパンとパーカーを着ると、大河はリビングへと向かった。

「………え?」

インターホンのモニターに映されたその人物を見て、"通話"を押そうとした手が止まる。
そこに居たのは誠ではなく。

―――何で…

5日前に切り捨てたはずの、相手。
仕事以外ではもう二度と会うことのない、会ってはいけない、相手。

ピンポーン♪

大河が躊躇をしていると、もう一度インターホンが鳴らされた。
思わずビクリと肩をふるわせ、迷いながらも"通話"を押す。

「はい……」

恐る恐る声を出せば、モニターの男―――直希が、真っ直ぐに視線を向けてきた。

『開けて』

怒ったような、ぶっきらぼうな口調。有無を言わさぬ強い効力を放つときに使うそれだ。

「何しに来た?」

無駄な抵抗と知りつつ大河も静かにそう問えば、

『それは入ったら話す。とりあえず開けろよ』
「直希」
『開けるまでここ居るけど、いいの?』

脅しじゃなくそれを実際に実行してしまうのが直希だ。
これが、本当に大河が告げたような理由で別れただけの元恋人同士だった場合は、ストーカー行為であり警察沙汰だが、

「分かったよ」

残念ながらそうではないことは大河自身が一番良く分かっているので、通話を切って玄関へと向かった。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【最愛 5-3】へ
  • 【最愛 5-5】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【最愛 5-3】へ
  • 【最愛 5-5】へ