FC2ブログ

「最愛(直×大)」
8:決意の助走

最愛 8-2

 ←最愛 8-1 →最愛 8-3
3月28日。火曜日。

「大河さんっ」

午後から現場に合流し、衣装もヘアセットも終えた大河がセットの隅で共演の先輩俳優と並んで談笑していると、頭上から名前を呼ばれて顔を上げた。

「あ、チダちゃんおはよ…って、うぉ!」

挨拶をしかけたものの、先輩俳優に「大河さん借りま~す」と断りを入れた千田に、後ろから両脇を抱えられてズルズルと引っ張られる。瞬く間に遠くなる先輩俳優は不思議そうに首を傾げていたものの、POLYGONは相変わらず仲良いなぐらいに思ったのか、自分にとっては10以上も下の若手コンビに優しい笑みを見せてから、他の役者たちと会話を始めてしまった。

「何?どうした?」

自分の目の前に体を移動して覗き込んでくる千田に、大河は戸惑いながらその頭を撫でてみる。

「どうした、じゃないですよ。
一昨日、鈴野そっち行ったでしょ?」
「え?あ、あぁ、うん。……あ、そうか、」

そこで大河は、やっと気付いた。
一昨日直希が陸から話を聞いてからここへ向かったことを、その場に同席していた千田は一部始終見ていたわけだから、心配してくれていただろうことを。しかし自分はそこに気付かず、兄には連絡していたが、千田にはしていなかったのだ。

「あれ?兄貴から何も聞いてへん?」
「ん?」
「ゴメンなぁ、俺うっかりチダちゃんに…」
「いや、聞いてますよ」
「連絡してなかっ…え?」

意外な答えに、大河が言葉を切る。
ならば何故自分は、ここに引き摺られたのだろうと。
そんな大河に、千田はいきなり両肩を掴んできた。

「チダちゃ…」
「良かったね大河さん」
「…へ???」
「安心しました」

そしてにっこり笑って。

「それがどうしても言いたくて」

ゆっくりと、肩から手を下ろす。

「鈴野からも、監視役頼むって連絡きたから、覚悟してくださいね」

と、まるで宣戦布告のように、しかし楽しそうに、千田が大河に挑むような視線を見せた。
自分のことを、こんな風に呼びつけてまで気持ちを伝えてくれる千田に、大河もパッと笑顔が出る。
大河の笑顔に、千田もさらに笑って。

「大好きやチダちゃ~ん」

千田の首に腕を回して大河がぎゅうぎゅう抱き着けば、千田は呆れながらも抱き返してくれた。

「そうやダーチー、直希にフレンチトーストのことバラしたやろ~」
「いいじゃないすか、それぐらい。褒めて伸びるタイプなんでしょ?鈴野って。おだてときゃいくらでも作ってくれますよ」

相変わらず意外と毒舌な一面を持つ千田に、そして相変わらず根回しの良い直希に、大河も笑うしかない。
下手したらあの男、それらしい理由をつけて他にも根回しをしていそうだ、なんて思えてくる。
たとえば……

「朝から直希と兄貴の目を盗んで浮気か?大河」

危険な男やのぉ、と、2人に合わせて自分もしゃがんでスマホのレンズを向けて、

「直希から、大河が共演者に過剰なスキンシップしないか見張っとけって、頼まれてんねん」

お前がここに来るのが決まった時にな、と、彼独自のニヤリとした笑みを見せたこの男。
そう、

「何アイツの命令マトモに受けてんねん、誠さん。あんた先輩でしょ」

大河に近しい、もう一人の共演者、立花誠。
そして大河の懸念通り、

「ついでに昨日アイツから、お前にたらふくメシを食わせろっつーミッション与えられたんやけど。可哀想やから千田も連れてってやれって」

俺、どんだけ金持ってると思われてんのかな。と、笑う誠。やっぱりな展開である。
だがその誠もまた、今日の大河の様子には少し安心したようで、

「何や、雨があがったら機嫌良さそうやんか」

その大きな手で、グリグリと大河の頭を撫でた。

「はい」

大河も多くは語らず、しかし一昨日とは良い意味で事情が変わったことが伝わるように、笑顔で頷く。それだけで誠も理解して、笑顔で頷いてくれた。

もちろん、大河に不安は多い。自分を取り巻く問題は、何も解決していないのだから。
しかしもう迷っていてはいけないのだと、大河も腹を決めた。
自分が居ないと生きていけないと言う人間がいる以上、それが自分にとって最愛の人である以上、何が何でも生にしがみつくしかないのだ。
失うものがない人間よりも、守るべき存在がある人間の方が強いこと、自分は知っていたはずで、それを直希が思い出させてくれたのだから。

「あ、そういえば誠さんて」
「ん?」
「魔法使いなんすか?」
「は?」

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ 3kaku_s_L.png ★Old flame(実×大河)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大河)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ  3kaku_s_L.png ★Old flame(実×大河)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大河)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【最愛 8-1】へ
  • 【最愛 8-3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【最愛 8-1】へ
  • 【最愛 8-3】へ