FC2ブログ

「Old flame(実×大)」
4:Call

Old flame 4-4

 ←Old flame 4-3 →Old flame 5-1
遮る暇もなく音をスピーカーに切り替えられ、大河は逃げ道を失って。

『あ、大河さん?』

何も知らない冴島の呑気そうな声が、静かな部屋に響く。
この行動で、実が冴島のことで何か聞いたであろうことは、さすがの大河にも想像できた。だから余計に追い詰められるのだが、"答えろ"と実にスマホの画面を差し出され、

「あ、うん。お疲れ」

仕方なく、相槌を打つ。

『日曜日、大丈夫そう?』
「……ああ、えっと……ごめん、まだ…」

今まさにその話をしているのだが、まさか"実に確認中"とは言えない。
しかし、言い淀む大河の様子を、電話の向こうの冴島は正確に受け止めていた。

『さっきも思ったんやけど……大河さんもしかして、俺と会うのに誰かの許可が必要なん?』

その鋭さに、実は冴島の侮れなさを感じた。彼もまた、大河の一挙手一投足には敏感なようだと。

『もしかして、その人って、俺と大河さんとのこと知ってる?』
「いや、ミキ、…」
『それとも、陸さんに止められてる?』
「あの…」
『ねえ大河さん、千田と付き合ってるってホンマですか?』
「は??」

一瞬で、大河と実は目を丸くして、思わず目を見合わせてしまった。
何故冴島が、そんなことを知っているのだ。

「ミキ、誰から聞いた?そんなこと」
『アキさんが、"大河には千田がいるんだから諦めろ"って』
「へ…?」

あのバカ……と、大河は思わず呟いた。
もちろん、大河がユニット内で口にしている"千田との関係"を、トップシークレットだとは言っていないが。

『ホンマなん?』
「えっと…ホンマっていうか…違うというか…」
『は?』
「違うねんけど、ウチの人間にはホンマやってことにしといて」
『へ??』
「いろいろあるねん。そこは訊かないで」

こんな状況下でも兄の問題が絡んでくるとは知らず、自分が撒いた種とはいえ、大河は余計な疲れを感じて。
実も、呆れて大河の頭をはたく。
若干脱線し始めた会話に2人は一瞬脱力したが……

『まあ黙ってろってことっすね?それは分かった。なら、大河さんが許可を取らないといけない相手は他に居るってこと?』

当然の質問が投じられた。
大河はギクリと唾を飲み、実はそんな大河を、刺すような鋭い視線で見つめた。
しかし冴島が、

『あれ、それとももしかして、大河さんが俺を警戒しとるだけ?
いややなぁ、俺そんなに危険人物ですか?
でも、別にこそこそする関係じゃないんやし、ええでしょ。俺は単純に、大河さんと久しぶりにゆっくり話したいだけですよ。楽しくメシ食うだけですって。連れて行きたい店あるんですよ。この前、この近くで仕事して教えてもらった、美味しい店。
それでも警戒するっていうなら、カウンター席で予約しときましょうか?』

明るくそう言い放った言葉は、少しだけ室内の雰囲気を和らげた。
冴島の軽い口調からして、まるで2人には何事も無かったかのようにすら思えて。何かあったとして、それは自分に同じように接してきた風見のようにも実は思えて。
だが―――

『まあ、警戒されるようなことしたのは俺やけど』

再び、空気を凍らせる言葉。
冴島の声も、先ほどの能天気な声ではなく、

『でも、大河さんの嫌がることはもう絶対にせえへん。約束します』

相手に伝わるようにと投げかけてくる、真摯な声。
しかしそれが、今は実の心をかき乱していくだけだった。
冴島の声が誠実であればあるほど、この2人に何かあった証拠に思えて……

―――"もう"って…何?

聞き逃さなかったその単語に、感じる違和感。
そもそも、"警戒されるようなこと"とは何だ。そう思って大河を見たが、

「ごめんミキ。また後で……いや、明日、明日話そう」

慌ててそれだけ答えると、大河は一方的に電話を切ってしまった。

「何してるん?」

これ以上冴島に話をさせたくないとばかりに通話を切った大河に、実は静かに問う。

「俺もちょうど、お前とコイツのこと訊きたかったんや。全部話せ」

必死で自分を落ち着かせながら言うと、大河はポツリポツリと話し出した。

「アイツに…前にな、好きやって言われたことあって―――」


第5章へ進む

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【Old flame 4-3】へ
  • 【Old flame 5-1】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Old flame 4-3】へ
  • 【Old flame 5-1】へ