FC2ブログ

「立ち入り禁止(誠×風)」
6:答え合わせ

立ち入り禁止 6-2

 ←立ち入り禁止 6-1 →立ち入り禁止 6-3
「司、やけに親しげだった。"俺たちの仲"とか言ってた」
「そうやった?まあでも、そんなの俺ら仲間内ならよう言うやろ」
「誠、俺に料理なんて作ってくれたことないし」
「だって涼太さんの方が上手いし、あんたけっこう料理好きやから、俺が作る必要なかったし」
「司、俺が誠にキスしたら『最悪な奴』って言った。『ヒトの気も知らないで』って。あれは、司が誠のこと好きだったからだと…」
「あれは高ちゃんが俺の気持ち知ってたからやろ。"ヒト"ってのは俺のことで」
「でも誠、ベランダで喋った後、司に謝ってた」
「だからあれは、高ちゃんがせっかく俺のこと心配してくれて協力するとまで言うてくれたんやけど、俺はそれ全部断ったから、"ありがとう"も込めた"ごめん"っていうか…」

と、そこまで答えて。
あれ?ちょっと待て。と、誠は違和感を感じた。

「なんで涼太さん、全部知ってんの?」

あの日風見は、泥酔した挙句に爆睡してキスなんていう暴挙に出て、そしてまた爆睡してしまったはずだ。

―――まさか…

不意に思いついた信じられない予感に、誠が抱きしめる手を緩めて顔を覗き込むと……風見は、バツが悪そうに頼りない笑顔を見せる。それが全てを物語っていて。

「……起きてたん?」

確信を込めて訊ねれば、小さい頷き。

「俺たちがベランダ行ったのも知ってたってことは、もしかして……」

『誠にチューしたくなったんだもん』

あれは、酔いのせいで見境なくなっていたわけではなくて、単純に誰かとキスしたかったとかではなくて。

「最初から起きてたよ。俺、あの日わざと誠にキスしたんだ」

ということになる。

「俺、あの頃一番、お前と司とのこと疑ってたから、悔しかったんだ。俺も司も、お前と同じだけ付き合いがあるのに、なんで俺じゃなくて司なんだって思ったら悔しくて。何が違うんだ、世の中不公平だって。自分のどこが悪いかなんて考えもせず、誰かのせいにしなきゃやってらんなくてさ。だから必死で誠と司の中に入り込んでやろうとするんだけど、誠は相変わらず俺に優しくて。それがすっごいみじめだったんだ」

自分の邪魔なんて、2人の関係には何の影響もない。自分はその程度だ。風見は、ずっとそんなことを考えてきたのだと告白した。

「こんな奴、好かれなくて当然だよ。誠のこと好きなのに、それを言う勇気もないくせに、他の人と幸せになるのを素直に喜んでやれないなんて」
「そんなの、みんな同じやろ」
「でも誠は違うじゃないか。俺たちの関係を壊さないために、俺のために自分が我慢しようって思ってたんだろ?俺はそうじゃないんだ。言いたいのに言えなかっただけなんだ。それでイライラして。苦しいのは自分だけで、何も知らない誠に"どうしてわかってくれないんだ"って当たって。お前が俺と自分の気持ちの板挟みで苦しい思いしてたなんて、全然知らなかった。本当にゴメン」

しおらしくうなだれる風見に、誠は心が痛む。だから思わず自分も"ゴメン"と言いかけて、そうやって自分が簡単に折れれば逆に風見が惨めに思うだろうと気づいてやめた。
そのかわりに、もっと伝えたい言葉。

「それでも俺は、涼太さんが好きやで」

そう。
自分は、この人が好きだ。

「ときどき酒癖悪いとこも意地っ張りなとこも、細かいことに拘って屁理屈こねるとこもすぐ拗ねるとこも、子供みたいに無邪気な反面ハッとするぐらい大人やったり、俺の失敗を笑って許してくれる優しいとこも、俺が弱ったときに頼らせてくれるとこも、」

その全てが、この人だから。

「涼太さんやから、俺は何でも好きや」

再び優しく、しかしきつく抱きしめれば、誠の背中に腕を回した風見も、きつく抱きしめ返してくる。

「俺だから……?」
「そう。涼太さんやから」
「何で…俺だから?」

しがみつくような風見の力が、今まで不安だったことを示していた。
だから、その不安を吹き飛ばすように、誠は断言してやる。

「だって涼太さんは、俺の好きな人やんか」

好きになれば、欠点すら愛しく思えてしまう。それが恋じゃないかと。

「あんたもそうやろ?」

軽く頭を撫でながら優しく問いかければ、風見も「うん」と頷いた。

たくさん苦しんだからこそ、自分たちは互いへの強い想いを確信したし、何より互いを思いやれるようになった。
お互いに少しだけ見る角度を変えれば、意外とすんなりまとまっていたのかもしれないけれど、きっとこれでよかったのだろう。
誠はそう思いながら、小さく笑った。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【立ち入り禁止 6-1】へ
  • 【立ち入り禁止 6-3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【立ち入り禁止 6-1】へ
  • 【立ち入り禁止 6-3】へ