FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
1幕-2:美しい棘

PERFECT BLUE 02-06

 ←PERFECT BLUE 02-05 →PERFECT BLUE 02-07
「………」

まるで消えるかのように教室から居なくなった皆藤を、不思議な気持ちで諏訪が眺めていると、

「先生」

不意に近くで呼ばれて、はっと我に返った。

「え?あ、……えっと、浜島だよな?」
「はい」

浜島はコクンと頷くと、一枚の紙を差し出してくる。

「ん?」
「これ、ウチのクラスの席表です。去年からずっとこの席順やし、多分今年もこのままずっといくと思うんで」

浜島は、人懐っこい、親しみある笑顔でそれを諏訪に渡す。諏訪もその笑顔につられて、笑顔になった。

「おお。サンキュー。助かるよ」

見ると、そこには教卓の位置を基準に、縦4つ並んだ四角が3列書かれており、そこに生徒の名前が読み仮名付きで書かれている。

F組席順
※↑↑この座席表は、「設定・登場人物」カテゴリの「2年F組の生徒と席配置」でいつでも見られます。

とても見やすい図だ。
さすがは皆に支持を得ている委員長、しっかりしている。と諏訪は改めて感心した。
すると、

「ねえ、先生。彼女いるんスかぁ~~?」

今度はあまりにも能天気な声。見れば、秋本と武藤。

「いないんだよ~。だいぶ前にフられ…って、そこまで言わせんなって秋本」

ノリ突っ込みさながら諏訪はそう答えてから、自分より更に数cm高そうな秋本の肩を軽くはたいた。
気がつけば、諏訪の周りには生徒が集まっていて。楽しそうに会話に入ってくる。

「先生、どこの大学出身なの~?」
「先生さあ、22でしょ?俺の兄貴より歳下だよ」
「くっしーとかマチルダ先生と歳が近いんだね~~」
「写真部の顧問とかいって、先生似合わなくない?」
「先生もストリートダンスやろーよ。似合うよ、きっと」

諏訪を囲んで雑談タイム。諏訪も、彼らと共にしばし雑談を愉しんだ。
しかしもちろん、DOQは近寄ってこない。皆藤が教室を出て行ってから少しして、木下と真鍋、桜沢も3人で廊下に出て行ってしまった。
皆藤は論外として、3人は先ほどの出席確認のときに少しだけ自分に笑顔を見せてくれたと思っていた諏訪は、ちょっとだけヘコんでいた。やっぱり自分とは話をしたくないのだろうか……。
そんな思いが頭をよぎったと同時に、

「先生」

廊下から、声がした。

「え?」

顔を向けると、木下がひょこっと顔を出している。

「他のクラス、並び始めてるけどいいの?」

話し掛けてくる木下は、他の生徒と同じような口調と仕草だ。
その表情がとてもいい、と諏訪は思った。変に澄ましている顔や口調より、素の方が全然いいな、と。
だから諏訪も、他の生徒たちに対してと変わらない言葉や声、笑顔が自然に出ていった。

「あ、ほんとに?並べって言ったの俺なのに、いつまでおしゃべりしてんだって感じだよな。ありがと、木下」

生徒の名前と顔を一致させるためにも、意識的に、必ず最後に名前をつけて呼ぶ。
すると木下が、やはりさきほどの点呼の時のように、フッと笑って。トイレから帰って来た石原が木下にニコニコと近寄ってくると、そんな彼の頭をグリグリ撫でながら、木下は石原と廊下に整列しながら話をし始めた。
その石原は他の生徒と違い、DOQの輪の中に普通に溶け込んでいるらしく、真鍋や桜沢が居ても全く気にしていないようだ。子犬のように尻尾を振って、木下に楽しげにジャレている。真鍋と桜沢もまた、石原のことを特に邪険にすることもなく、桜沢あたりは石原をからかって遊んだりしている。
あまりに微笑ましくて思わず諏訪が笑って見つめてしまえば、またもや木下と目が合った。だから木下にも微笑みかけてやれば、彼はまた驚いたように間の抜けた表情を一瞬見せてから、視線を外してしまった。
そんな、間抜けた顔すら王子だと感心したのだが。木下に対してはいちいちそんなことを実感していたら日が暮れてしまいそうなので。

「はい、みんな並んで」

木下の王子っぷりには早く慣れるべきだろうと心に決めながら、いつの間にか廊下に出ていた生徒たちにそう呼び掛ける。すると生徒たちは、順不同に6人2列に並んだ。
委員長の浜島と副委員長の富永が、それぞれの最前列につく。そして後ろは、やはりDOQが独占している。
先頭でその列を眺めた諏訪は、そこで気が付いた。
12人だからちょうど2列に並べるはずなのに、一番後ろの桜沢がはみ出していることに。この中で、居ない人物……そう考えて諏訪は、さきほどの異様な空気が存在しないことに気が付いた。
ということは……

「……皆藤は?」

皆藤智司が居ないのだ。

「皆藤は?」

浜島と富永に尋ねる。
2人は、"ん~"と曖昧な表情をしながら顔を見合わせてしまう。

「ん?」

諏訪が顔を覗き込むと、列の後ろに並んでいる木下が2人の代わりに答えた。

「ああ、先生。皆藤ね、こういうの参加しないから」
「は?」
「いっつも消えちゃうんだよ。帰る日もしばしば」
「……え…」
「説得しても無駄やで?アイツは」

ちょっと苦笑混じりに、俯いたままの真鍋が諏訪の方は見ずにそう付け足してくる。DOQのことを言えるのはDOQの人間だけらしく、他の生徒は何も答えない。

皆藤智司、これは教師をナメてないか?と諏訪は思う。
DOQといったって、他の3人は始業式に参加しているわけで。なのに彼は何も伝えずに姿を消し、しかも一度も参加したことがないなんて。本を持っていったから、どこかで本でも読んでいるのだろうか。
説得しても無駄?それって、彼が少年院帰りだから、教師がビビッてるだけじゃないだろうか。そして彼も、それをいいことに自分勝手な生活をしているとしか思えない。
確かに諏訪自身も、彼が怖いとは思う。だが……

「ま…それは俺が決めることだから。とりあえず、移動しよう」

諏訪は、そう言って生徒を体育館に促した。
皆藤がもしまだ家に帰ってないのなら、今日きちんと話をしてみよう。諏訪はそう決心していた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 02-05】へ
  • 【PERFECT BLUE 02-07】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 02-05】へ
  • 【PERFECT BLUE 02-07】へ