FC2ブログ

「Stranger(直×大)」
1:見知らぬ恋人

1-5

 ←1-4 →『Stranger』第1章アップ完了
直希たちのテーブルでは、相変わらず様々な話題が飛び交い、会話のネタに事欠かない。
しかしそんな中でも直希は、何となくカウンターが気になっていた。
ここからは決して見えないその場所で、今大河がどうしているのか、そういえば結局メッセージを送っていないと、スマホを出そうとすると、

「あれ?」

トイレに立とうと暖簾をくぐったカイが、そう声を出しながらテーブルを振り向いて、直希の肩を叩いた。

「何だよ」

また邪魔すんのかよ、とため息混じりに彼を見ると、カイが暖簾を上げてくれながら店内を差している。
だから個室から顔を出してそこに視線を移せば、

「え?」

直希もまた、間抜けな声を出した。
ヤスヒロとミキも2人の反応に興味を示し、個室から顔を出して。そして同じように、その人物に首を傾げる。
彼らの視線の先には、20分ほど前に店に入ったばかりの大河と、

「あ~マジで居るじゃ~ん」

大河たち以上に知名度の高い有名人が並んでいた。

「風見さん?」

直希はその名前を呟きながらも、あまり馴染みのない先輩とはいえ多少なりとも面識のある大先輩なので、ペコリと頭を下げた。
他の3人に至っては、思いもよらぬプリンス登場に唖然である。

「鈴野、こんばんは」
「こ、こんばんは…」
「元気?」
「ええ、まあ…」

戸惑いながらもそう答えながら直希は、大河を見た。

―――何で?

一人で来たと言ったはずなのに何故か風見と2人になっている彼に、訝しげに眉を寄せて視線だけでそう問うと、

「カウンターで偶然会ったんや。涼太さんも一人だったらしくて」

直希の視線の意味を理解した大河がそう答え、

「俺ら、店変えるわ」

簡潔にそれだけ伝えた。
だが、

「来たばっかなのに、わざわざ変えるの?」

直希は、相変わらず鋭い。
大河はまさか"お前に気を遣うから"とは言えずに、一瞬答えを迷った。
しかしそれは、本当に一瞬で。

「ああ、俺が誘ったんだ」

すぐに、機転を利かせた風見がさりげなく助け舟を出してくれた。
だが、

「え?」

直希にとっては、寧ろそれはドキリとするセリフ。
しかし風見は、直希と大河の関係なんて知る由もないから、

「今日の"大人バージョン"な大河なら、バーでも似合いそうじゃん?貴重じゃん?」

ヤンチャバージョンだったら無理だけどね~と、楽しげに笑っている。
そんな彼に"助かった"と胸を撫で下ろす大河は、直希の戸惑いには当然気付かず、

「どんなバージョンやろな」

と笑いながら、

「じゃあ、また」

直希だけでなく友人たち3人にも手を振って去っていく。
風見も「じゃあね」と手を振り、大河と並んで歩き出した。

先輩相手ということもあってか、風見を周囲の視線から守るようにテーブル席側の通路を歩いたり店の扉を開けてやったりと"エスコート"している大河は、その服装もあってかずいぶんと男前で。
30代に突入したとは思えない可憐なルックスの風見がまた、今日の大河とよく合うファッションをしている。

「うわっ、やべぇ、あそこだけ花咲いてねぇ?」

興奮したように、暖簾を開けたままのカイが直希の腕を引いた。
ヤスヒロやミキも大きく頷いていて。

「ていうかさ、いくら服装が合うからとはいえ、わざわざバーに変えるって、すごくね?普通にこの店で飲めばいいじゃん」
「しかも相手は"プリンス風見涼太様"だよ?涼太様からのお誘いだってぇ。なんか、すごい瞬間を見たかも私~~」
「おい直希、お前の相棒すげーな」

盛り上がる友人たちに、直希は気が気じゃない。
やっとトイレに向かったカイを追うように自分も店内に出て、外を眺めれば……
ガラス窓から見えている店外では、天然を発揮して間逆方向を歩こうとした大河が風見に呼び止められて、2人で大笑いしながら歩きだしている。
楽しそうに大河の肩を押す風見と、片手をポケットに突っ込みながら恥ずかしそうに首元をいじっている大河は、自棄に爽やかで華々しい。自分たちの周囲には居ないタイプの風見といるせいか、やはりその大河は、直希の知る彼ではないような気がして。
先輩とはいえ、エスコートするなんて、と……。

直希はこっそり、今度こそ大河にメッセージを打った。

『俺はあと1時間ぐらいで帰るから、大河も店出たら俺んちおいでよ』



すると10分後、届いた返信は、

『何時になるかわからんからええわ』

どこから返してくれたのかは分からないが、そんな簡潔な文面。
もちろん、仲間との飲みであればそれは当然の内容なのだが。

『待ってるからいいよ。店出たら連絡して』

待ってると言えば、きっと彼は早く切り上げてくれる。
あの光景を見てしまった以上、どうしても長居をさせたくなかった。


第2章へ進む

関連記事
スポンサーサイト
↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ 3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ 3kaku_s_L.png ★Old flame(実×大河)【連載中】
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大河)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編作品
総もくじ  3kaku_s_L.png テスト(○×○)【テスト】
総もくじ  3kaku_s_L.png ★Old flame(実×大河)【連載中】
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大河)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【1-4】へ
  • 【『Stranger』第1章アップ完了】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【1-4】へ
  • 【『Stranger』第1章アップ完了】へ