FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【連載中】」
1幕-7:信じる証

PERFECT BLUE 07-12

 ←PERFECT BLUE 07-11 →PERFECT BLUE 07-13
その日、屋上から戻った皆藤は午後の授業には出ず、ずっと保健室にいた。
ベッドに寝転がり、思うのは、4限の授業での出来事。

『俺が皆藤を信じてること、必ず証明するから』
『これが、俺の証明だよ』

数日前に諏訪が言った言葉と、さきほど言った言葉を、考える。

「お昼寝中ですか?」

カーテンが開き、町田が姿を現した。

「寝てんの?」
「寝てる」
「起きてんじゃねぇかよ」

町田は、皆藤の頭を軽くはたきながら笑った。そして、皆藤が横になっているベッドに腰掛ける。

「お前さ……」

背中をむけたままの皆藤が、ボソッと声を出した。

「ん?」
「土曜に出掛けてたのって、もしかして、あれ?」
「え?あ~、バレた?」
「普通分かるだろ」
「そっか」

フハハ…と町田が笑う。皆藤は、無言だ。しかしそれは、その話題をする気がないわけではないこと、町田には分かる。だから、そのまま話を続けた。

「今さらって思った?」
「思ったよ」
「でも、良かっただろ?」
「………」
「お前を信じてるからこそ、俺も諏訪も、頑張ったんだよ?」
「………」
「俺だってね、最初諏訪から言われたとき、今さらって思ったよ?俺だけが知っていればいい事実だと思ってた。
でもさ、諏訪に言われたんだよ。被害者にお前が恨まれ続けていいのか、って。そんなの耐えられないって。それで、俺も考え直した。お前が周りに疑われて、身に覚えの無いことで被害者に恨まれるなんて、そんなの嫌だ。だから、お前の無実を証明するために、諏訪と頑張ろうって決めた」

町田の言葉を、皆藤はずっと黙って聞いていた。背中を向けたまま、微動だにせず、ただ聞いていた。
そして、やがてポツリと呟く。

「俺は…それでよかったのに」
「え?」
「祥が知っててくれれば、それでよかったのに」

その言葉は嘘ではない。町田が知っていてくれれば、それでいいと皆藤は思っていた。他の人がどう思おうかなんてどうでもよかったのだ。

「嬉しいけど、俺はそれじゃ嫌なんだよ」

フッと笑って、町田が諭す。

「それに、それは、お前の強がりだよ」
「……違う」
「違くない。お前が気付いていないだけ。お前は、強がってるだけだよ。
誰も信じてくれなくていい、誰も信じない。そうじゃないだろ?信じないんじゃなくて、信じることが出来ない。他人を信じられなくなった自分への、言い訳だよ」
「言い訳……」
「そう、お前は言い訳してるの。あの事件以降、誰も信じることが出来なくなって、周りに心を許せなくなって。自分が不幸だってこと、淋しいってこと、気付きたくなかっただけ。世の中で孤立していく自分への、淋しい言い訳だよ」

町田の言葉はとても厳しいけれど、優しくて穏やかな声だった。いつだってジョークばかりの町田の、真剣なだけの言葉を、皆藤は久し振りに聞いた。

「諏訪みたいな必死な人間に会ったことなくて混乱してるのは、お前が淋しい証拠だよ。心のどこかで孤独や寂しさを感じているから、自分に根気強く近付いてくる人間に、何の利益がなくても必死になろうとする人間に、混乱するんだ。強がってる自分と、本当は淋しいと感じている自分がいるから」
「…………」
「お前にとって、人を信じることほど難しいことは無いかもしれない。この仮面を剥ぐことほど、怖いことはないかもしれない。
でもね、人間ていうのは、信じて、裏切られて、与えられて、奪われて、それの繰り返し。だから、全てのことを乗り越えていかないといけないんだ。そこで立ち止まってちゃいけないんだよ」
「………」
「乗り越えようよ」
「………」
「すぐに変わることなんて無理だけど、少しずつさ、変わっていく努力をしよう。その仮面を、いつか完全に外せるように」

皆藤はずっと無言だった。
ジッと、考えていたのだ。町田の発した、ひと言ひと言を。
そして町田も、皆藤は決して無視しているわけじゃないことを理解していたから、皆藤の頭をひと撫でして、その場を去った。彼には、考える時間が必要だから。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 07-11】へ
  • 【PERFECT BLUE 07-13】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 07-11】へ
  • 【PERFECT BLUE 07-13】へ