FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
2幕-14:フラッシュバック

PERFECT BLUE 14-02

 ←PERFECT BLUE 14-01 →PERFECT BLUE 14-03
「なぁ」

屋上でパンをかじっていた皆藤に、宇賀が話しかける。

「最近さぁ、E組の野田?アイツら、何か変なんだよね~」

すでに2つ目のパンを食べ終えようとしている宇賀は、パックのカフェオレを飲みながらふとそんな言葉を漏らした。
パンに飽きた皆藤は、煙草を咥えながらだるそうに宇賀の方を向く。

「アイツらが変じゃなかった事が無いだろ」
「そうじゃなくて。なんていうか、変に静かっつうか。いつも3人で固まって、変な静かさがあるっていうかさ。ウチのクラスにも年中絡まれてる奴とかいたのに、最近は全くそういう素振りを見せない」
「それって悪いことか?」
「うん。なんか、ターゲットを決めたみたいな静かさだ」
「………」
「DOQのこと、ずい分目の敵にしてるっぽい」

だからお前、気をつけな?本当に心配そうな表情で、宇賀が見つめてくる。
しかし、皆藤には大した問題ではなくて。

「アイツらなら、俺1人でもやろうと思えばやれる。全員腰抜けだよ」

もちろん皆藤には、本当に彼らに手を上げるつもりはない。もう二度と、そういう暴力的なケンカはしないと、町田とノブに誓ったから。
だが、手を出さなくても、彼らを震え上がらせることは出来る自信が、皆藤にはある。
皆藤が身につけた、今でも意識すればすんなりと作れる、氷の表情、ガラスの瞳、不気味な笑顔、そして冷たい言葉。それだけで、あの3人は簡単に震え上がる。実際、5月の中庭での一件以来、3人はDOQに近寄らなくなった。意識的に皆藤を避けるようになった。それは皆藤にはとても好都合なことだ。"害虫駆除"ができるのであれば、自分の悪評を切り売りすることなど大して辛いことではない。

「くだらねぇ因縁つけてくるつもりなら、いつだって相手ぐらいしてやる」

彼等の作戦になんて、絶対に騙されない。皆藤には、そんな確信があった。
彼らの狙いがまさか石原に向けられていることなど、木下がターゲットであることなど、皆藤にも気付けなかった。

「あんまり危険なこと、するなよな……」

呟いた宇賀の声が自棄に不安気で、皆藤は聞こえないフリをした。





「あ、皆藤いま帰り?」

放課後、写真を撮ってから教室に戻った皆藤は、同じように部活が終わって教室に戻って来た諏訪と目が合った。

「それにしても、今日は寒み~なぁ。外で写真撮ってたらさ、凍るかと思ったよ」

呑気に笑いながら諏訪は窓際に近寄り、すでに真っ暗な空を見つめる。教室内の温度との差で曇っている窓を、キュッと腕で拭った。東京といえど郊外であるここは山も多いため、自棄に底冷えする気がする。

「皆藤、この寒空の下、バイクで帰るんだろ?辛くない?」

バイクで風を切って走り抜けるには、今日は寒すぎる。

「18になったことだし、免許でも取れば?」

妹尾学園は、在学中の自動車免許取得を禁じていない。現に、真鍋と木下は現在教習所に通っている。
だが、

「取ったところで、車はどうすんの?」
「え?あ……」
「それに、生徒は車じゃ通えないだろ?」

ごもっともな発言が、皆藤から発せられた。その通りである。免許を取ったところで、高校生の身分で車は買えないだろうし、そもそも車通学は禁止だ。この高校は金持ちのボンボンが来るような学校ではないのだから。

「だよな~」

諏訪は、思わず笑ってしまった。思いつきの発言は、やっぱりバカ丸出しだった、と。

「先生もたいがい、行き当たりばったりで物を言う人だよね」

皆藤も呆れたようにそう言うと、後ろ側から教室を出て行くつもりらしく、諏訪のいる前方にはやって来なかった。

「さようなら、先生」

やっぱりきちんと挨拶をして、皆藤はそのまま教室を出て行く。

「おう。じゃあなっ!」

聞こえるように大きな声で言ってやると、廊下にいる皆藤がふと振り返る。ニコニコと笑顔で手を振っている諏訪に大きな溜め息をついて、軽く手を上げると、皆藤はまた歩き出して行った。
自分の声に皆藤がわざわざ振り返ってくれたことが、諏訪には嬉しかった。また新しい、彼の変化だと思った。
しかし―――

『俺は、たったひとつのために生きてる。
それがなくなったら、死ぬのなんて怖くない』

少しずつ変化し続ける中で、頑なに彼を支配する、そんな思い。
いつか、そんなことを彼が思わなくなるといい。自分自身のためにも生きることが出来るようになってほしい。
教室を出た諏訪は、廊下を歩いて行く皆藤の後ろ姿を見送りながら、それだけを願っていた。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 14-01】へ
  • 【PERFECT BLUE 14-03】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 14-01】へ
  • 【PERFECT BLUE 14-03】へ