FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【連載中】」
2幕-16:賽は投げられた

PERFECT BLUE 16-09

 ←PERFECT BLUE 16-08 →PERFECT BLUE 16-10
[4]

「じゃ~、みんな、良いお年を」

テスト返却と成績表を個人個人に渡した後、諏訪はそんな言葉でホームルームを閉めた。
12月22日。2学期終業式。
今回も皆藤は、諏訪が言わなくても式に出席した。
そして期末テストは、今回も安定のほぼ満点。諏訪の化学も、串崎の数学も満点だった。もちろん彼は総合1位だし、全科目でもそれぞれ1位。成績表を見れば、体育と音楽以外は全て5だ。芸術科目の美術も、彼は文句なしの5の評価を得ている。これは1年生のときから不変らしいが、いつもは1か2だった体育も、休むなら毎回レポートをきちんと提出するようにと諏訪が口うるさく言ったせいか、ギリギリ3を取っている。ほとんど休んでいた音楽も、時折ちょろりと顔を出したり課題はしっかりとやるようになったおかげで3を獲得している。

「うわっ。皆藤の成績表は、ある意味つまらんよな~」

生徒たちが教室を出たり喋りはじめた中で、皆藤の成績表を勝手に拝借して開いた桜沢が、見事なそれに思わず溜め息をつく。そして、担任教師が書く備考欄を見て、プッと吹き出した。
諏訪からの生徒への言葉が丁寧に長く書かれているその欄は、1学期の終業式でも生徒たちの好評を得た。もちろん相当面白いというのもあるが、何よりも、諏訪がきちんと生徒1人1人のことを見て書いていることが分かるからだ。12名それぞれへの言葉は、全て全く違う。
そして今回も諏訪はびっしりと書いており、それは皆藤の成績表も然りだ。それがあまりにも、諏訪らしい言葉で。

「諏訪、やっぱオモロイ」

思わず桜沢が笑えば、

「え?何何?何て書いてあるん?」
「留加、読んで」

真鍋と、彼の机に座って後ろから石原にちょっかいを出していた木下が、楽しげに同時に顔を向けた。皆藤は、桜沢を特に制するわけでもなく、退屈そうにそれを傍観している。

「まあ、イロイロあるけどな、とりあえずいきなり最初が、"皆藤は、チョイ悪な良いヤツです"やって」
「皆藤つかまえて"チョイ悪"て。しかもオヤジくさっ」
「まあ、言いたいことは何となく分かるよな。でもおもしれ~」
「んで、まあイロイロ書いてあって、最後の閉めの言葉が、"ちなみに、この時期に外へ出るときはコートを着ましょう"」
「アハハッ。お子チャマか」
「ちょっと慎さん、おかしーよ」

木下が笑いながら、教卓で富永や谷原と喋っている諏訪に声をかける。この間のライブの話で2人と盛り上がっていた諏訪は、いきなり呼ばれて"え?"と顔を上げながら、成績表のことを言われていることに気づいてアハハと笑った。

「いいだろうが。泣けるようなこと書いただろ?俺」
「どこがだよ」
「俺になんて、"ナベは今学期も僕のファッションリーダーでした"とか書いとるし」
「いいじゃねぇか。そうなんだから」

なあ?と富永たちに同意を求め、諏訪はニッコリ笑う。すると秋本や武藤が会話に入り、教卓は一層騒がしくなった。

「ほら、返せよ」

皆藤はあっさりと桜沢から自分の成績表を取り上げ、スッと立ち上がる。

「あれ?帰るん?」
「帰るよ」

バッグを持って、皆藤はさっさと教室を出て行った。
その姿は諏訪の視界にも入ったが、この状態で皆藤を引きとめるわけにもいかず…。朝の出席確認以外は会話のないまま、皆藤は帰って行ってしまった。





「おぉ、ホームルーム終わった?」
「ああ」

町田がデスクからヒョイと顔をあげ、皆藤に軽く手を上げる。皆藤も、軽く手を上げ返した。
他のクラスより少し長くなった2年F組のホームルームは、気付けば下校時間をとっくに過ぎていて。2階の2年生の教室から出て行く生徒たちは、すでにまばらになっている。

「俺もさ、あと1時間ぐらいで終わるから、ひと眠りしてて」

皆藤が自分と一緒に帰るつもりで現れたことを察している町田は、「なるべく早く終わらせるよ」とだけ告げて、仕事を再開した。
どうせあまり早く出ると生徒や教師たちの目につく危険がある。1時間というのはちょうど良い時間かもしれない。皆藤はそう思いながら、ベッドに向かうと、いつものように勝手にカーテンを閉めて寝に入った。


1時間半後。やっと全ての仕事が終わった町田は、皆藤を起こした。
そしていつもの場所で待ち合わせをするべく、皆藤が先に保健室を出て行き、町田も少し遅れて保健室を出た。
保健室の鍵を閉め、職員室に返す。そして、自分のネームプレートを裏返して赤にした。串崎もすでに赤になっていたが、諏訪はまだ校内に居るのか、ネームプレートは白のままだ。

「お疲れさまでした。良いお年を」

まだ残っている教師数名にペコッと会釈をし、町田は待ち合わせ場所へと向かった。



諏訪は、教室に戻っていた。帰る前に最終点検していこうと思ったのだ。
生徒たちがきちんと黒板も消してあり、掲示物も日付を過ぎたものは捨ててある。それを確認して、諏訪は教室のカギを閉めた。
職員室に向かい、カギを返して自分のネームプレートを裏返す。そこで、町田と串崎はすでに帰ったのだと気付いた。

―――昼ご飯でも一緒に食って行こうかと考えてたんだけどな~…

そんなことを思いながら、残っている教師に挨拶をしてその場を去って行った。

駐車場へと歩きながら、ふと、皆藤のことを考える。
今日は特に会話も無いまま、帰ってしまった皆藤。
これでまた、3学期まで会えないのだろうか。それとも、また電話をすれば、彼は休み中でも会ってくれるのだろうか……
そんなことをぼんやりと考えながら歩いていると、ふと、自分の視界に入って来た人物に目が止まった。
それは、駐車場へと続く裏口の、柱の影。普通ならその場所は滅多に利用しないし、駐車場へ行くならその前に反対側に曲がってしまうから見逃してしまいそうな部分だが、少しだけ見えた姿に、目が止まったのだ。
良く見ると、やはり間違いない、皆藤だった。十数メートルほど離れているが、すぐに分かった。

「何やってんだ、アイツ……」

とっくに帰っているのかと思いきや、あんな場所で何をしているのだろう。そう思った諏訪は立っている場所を少しずらし―――

「……え?」

現れた人物に、目を丸くした。
諏訪が降りて来た階段とはまた違った階段から降りてきたのか、不意に現れた人物。
それは……

「町田さん……?」

町田は、真っ直ぐに皆藤の元に歩いて行った。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 16-08】へ
  • 【PERFECT BLUE 16-10】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 16-08】へ
  • 【PERFECT BLUE 16-10】へ