FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
3幕-17:三つ巴

PERFECT BLUE 17-01

 ←PERFECT BLUE 16-10 →PERFECT BLUE 17-02
第3幕『運命の選択』

【17:三つ巴】

[1]

冬休みに入って3日。12月25日、クリスマス。

『今日、会えない?』

朝起きて、宇賀は一番にそうメッセージを送った。相手は皆藤だ。
昨日24日、クリスマスイブは、宇賀の18歳の誕生日だった。
去年もそうだったのだが、皆藤は連絡をくれなかった。スマホの電源まで切られていた。この歳になればイブに過ごす相手ぐらい友達やらバイト仲間やら誰かしら居るし、誕生日に連絡をしないというのは男同士の友達という関係ならば当然のことだが、宇賀にとっては苦しい現実だ。
連絡手段を切ってまで皆藤がクリスマスを過ごす相手も、宇賀には分かっている。去年も今年も、町田以外に考えられない。
自分の誕生日に、好きな相手はライバルと過ごしていて。面白くないのは当然だ。何だかんだ言いながら、皆藤が町田をそれほどまでに大切にしているというのも。
メッセージを送ったのは、9時半ごろ。1時間近く経っているが、皆藤はまだ起きていないのか、それとも会う気がないのか、返事をくれない。去年は、会うのは結局冬休み明けになってしまったが、今年もその勢いだろうか。

「尚弥、部屋の片付けぐらいしなさい」

部屋に訪れた母親が、散らかったその部屋を見て呆れ声を出した。
ベッドに寝転がってスマホを横に置きながら雑誌を呼んでいた宇賀は、そんな母に適当に返事をして起き上がる。そして、ポーズだけでもとその辺の参考書類を片付けはじめた。
すると……

ポロン♪

メッセージの着信を知らせる音が、不意に鳴り響く。慌てて、手にしていた本を投げ出して画面を見た。

「アンタは、まとめても散らかしてちゃ意味ないじゃない」

母親の溜め息も、宇賀には聞こえない。素早く、アプリを起動する。皆藤からの着信だった。

『バイクで迎えに来い』

あまりにも彼らしい、簡潔なOKメール。一瞬で、さっきまで腐っていた宇賀の顔が明るくなった。
バッと立ち上がると、慌てて服を着替える。

「俺、出かけてくるから」
「何、デート?」

いきなり笑顔になってそそくさと支度を始めた息子を見ながら、母親はニヤリと笑う。今日はクリスマスだし、意中の彼女にでもデートのOKを貰ったのだろうと思ったようだ。

「そ。デート」

サラリと言い返して、宇賀はバイクのキーとコートを手に部屋を飛び出す。

「頑張ってね~~」

母子そっくりの間延びした呑気な声で手を振りながら、受験生の息子に対してはずい分と呑気な言葉で母は息子を見送った。



バイクを飛ばして約10分後。宇賀は、皆藤のマンションに辿り着いた。
いつものように外から電話を掛けるつもりでスマホを出すが……何を思ったか宇賀は、そのままスマホをポケットに戻し、歩きだした。彼の、いや、彼らの部屋まで迎えに行くことにしたのだ。

ピンポーン。

インターホンを鳴らして少しの沈黙。
ガチャリとドアが開く。そして、少しだけ眉を寄せて宇賀を見つめている皆藤が現れた。
モニターで宇賀の姿を確認したのだろうが、出てきたその顔は、"何でここが分かったんだ?"と言っているようだ。

「久し振りにこの部屋来たけど、俺の記憶は確かだね~」

宇賀はにっこり笑い、皆藤の視線に対する答えを口にした。
1年生のとき―――確か6月頃だった―――学校に一緒に行くために、皆藤を迎えにここまで来たことがある。町田の気配を感じさせないためかいつもマンションの外までしか来させてもらったことがなかったのだが、その日は中々出てこない皆藤に痺れをきらし、ポストの名前を頼りに来てしまった。そして、町田と出くわした。それが、宇賀が皆藤と町田の関係を知った瞬間でもある。

「お前、ここまで来るなよ」

頭を掻きながら、皆藤は不機嫌そうに言った。だが、宇賀はそんなの気にしないところが特徴で。

「な~んで、いいじゃん。どうせマチルダちゃんはお仕事行ってるみたいだし?」

皆藤が出てきてくれたこと、自分の誘いに乗ってくれたことから察するに、町田は留守のようだ。恐らく、学校の当番だろう。そういえばこの間、『クリスマスに当番だよ~』と串崎が嘆いていたと、宇賀は思い出したのだ。串崎が当番ということは、諏訪と町田も同じはず。あの3人が年中セットにされていることは、校内では誰もが知っていること。大の仲良し&騒がしくて手の掛かる末っ子教師トリオは、この学校では名物と化しているのだ。

「そういう問題じゃねえだろ」

皆藤は不機嫌そうにそっぽを向き言い捨てると、「待ってろ」と言ってその場を離れた。自室に入って財布とスマホ、そしてコートとマフラーを取って戻って来る。

「さ、行きましょ」

コートとマフラーを着け終えた皆藤に宇賀はニッコリ笑い、彼の手を引いてエレベーターへと歩き出した。

「なぁ、昨日俺、18歳の誕生日だったんだけど」

エレベーターを待ちながら、宇賀がフフッと笑って催促の笑顔を見せる。
だが、皆藤は何処吹く風のように素っ気なく。

「へえ」

それだけを返してきた。こういうドライなところは、昔から。憎まれ口と素っ気なさは、彼の長所だと宇賀は思っている。

「へえ、じゃないだろ。俺、去年も言ったと思うんですけど」
「で?」
「なんかないの?」
「欲しいモンでもあんの?」
「ん~、智司かなぁ」
「要らないみたいだな」
「あ~、ウソウソ。"おめでとう"とか、そういうのでいいです」

エレベーターに1人で乗り込み閉じようとした皆藤に、宇賀は笑いながら慌てて追いついた。

―――本当は、嘘なんかじゃないけどね

その言葉は、ゴクリと呑み込んで。

「……おめでと」

顔を向けずに小さく、皆藤が言ってくる。シャイな彼らしい仕草。

「ありがと」

反して真っすぐ皆藤に顔を向けて、宇賀はニッコリと笑顔を返した。
すると皆藤が、宇賀をチラリと見て…フッと微笑む。皆藤は、こうやって小さな笑顔ならくれるようになってきた。
昔のように全開の笑顔を見られる日が来るかもしれない―――ふと、宇賀はそんなことを思った。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 16-10】へ
  • 【PERFECT BLUE 17-02】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 16-10】へ
  • 【PERFECT BLUE 17-02】へ