FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【完結】」
3幕-17:三つ巴

PERFECT BLUE 17-06

 ←PERFECT BLUE 17-05 →PERFECT BLUE 17-07
[2]

『会いたい』

今日も諏訪は、皆藤にメッセ―ジを送った。
1月も半ばを過ぎ、3年生は受験本番で担当教師たちも飛び回っており、慌ただしい3学期。2年生もそろそろ本格的に進路を考える時期ではあるが、まだそれほど忙しいわけでもない。忙しいことといえば、6月に行われる修学旅行についての話し合いが本格的に始まった程度だ。
諏訪は、冬休み中も皆藤と何度か会っていた。そして新学期が始まってからも、駐車場へと続く裏口で待ち合わせて一緒に帰ることは定期的になっている。

"会いたい"

彼に送るこの言葉の意味は、放課後に会いたいという意味。学校では教師として生徒として会っているが、そうではなくて、"会いたい"という意味だ。

「諏訪、今ちょっといい?」

背後から声がして、諏訪は慌ててスマホを机の上に置いた。振り返ると、串崎だ。

「あ、いいですよ。何ですか?」
「悪いんだけどさ、俺、次ウチのクラスが授業なんだけど、ちょっと今から出かけないといけなくなっちゃったんだよね。自習しとくように伝えてもらってもいいかな」
「分かりました。3-Fですよね?俺次は授業ないし、言っておきます」
「うん。頼むね」

書類をバッグに詰めて諏訪に軽く手を上げると、串崎は足早に職員室を出て行った。今週末行われるセンター試験、そしてまもなく始まる大学の一般入試に追われ、3年生の教師たちは滅多に職員室に現れない。現れたとしても、今の串崎のように慌しく出て行ってしまうことも多々。
自分も来年はあんな感じになるのだろうと思いながら、諏訪は時計を見上げた。次の授業まで10分強。自販機でコーヒーでも飲んで行けばちょうどいいかもしれない。そろそろ行くかと腰を浮かせた。
すると、机に放り出していたスマホが、着信を知らせて振動した。

【新着メッセージ 1件】

誰だろう?と思いながら、画面を開く。

『いつもの場所』

皆藤からの返事だった。
"いつもの場所"とは、学校に居るときは駐車場へと続く裏口、学校が休みのときは本屋の裏の公園。故に今回は、裏口ということだ。
諏訪の誘いに対する皆藤の返信は、いつでも同じ文言だ。"いつもの場所"それ以外の言葉は付け足さない。余計なものは一切ない。違う時と言えば、"今日は会えない"と断ってくるときぐらい。

『仕事が終わったら電話する』

そう返し、諏訪は席を立った。



「じゃあ、もうすぐ授業始まるけど、静かに自習してろよ~」

少し早目に教室に着いてしまった諏訪は黒板に大きく"自習"と書きながら串崎の不在を生徒たちに知らせると、そう言って話を閉めた。
自習となればわざわざ数学の教科書を開く生徒など1人も居らず、受験の参考書を開いたり、専門学校の資料を開いたりしている。このクラスは就職する生徒は居ないようで、みんなそれぞれの勉強で忙しそうだ。一部推薦入試での合格を決めている生徒においては、呑気に寝る体勢に入っている。
兄弟学級であるこのクラスは諏訪も化学の授業を持っているのだが、串崎が担任なせいか騒がしくて陽気で面白い。今こうして勉強をしていても、みんな追い込まれてる感が少ない。多種多様な生徒たちの姿を眺めながら微笑んでしまった諏訪だが、

「あれ?宇賀は?」

ふと、真ん中の列の最後尾である宇賀の席が空席だということに気付いた。

「もうすぐ帰ってくるんじゃない?まだ時間あるし」

教卓の目の前の席にいる生徒が、参考書からは目を離すことなく答える。確かに、授業が始まるまでまだ3分ほどある。

「皆藤のとこでしょ」

当たり前のように、彼はそう言った。
1学期だけとはいえ皆藤と同じ教室で過ごしていたこの生徒たちは、当時から宇賀と皆藤は仲が良くいつも一緒にいたことをよく知っている。学年が変わってからも宇賀が皆藤のクラスにちょくちょく通っていることも。
そんな風に、何があっても親友同士という2人のことを、少しカッコいいなと考えているようで、

「皆藤は宇賀の充電器みたいなもんだから、チャージ完了したら戻ってくるよ」

冗談を言って笑う生徒の表情には、どこか羨望の思いが込められているように諏訪は感じた。

「そっか。なるほどね」

諏訪も、笑って頷いた。




「智司く~ん、何読んでるの?」

やはり皆藤のところに来ていた宇賀は、皆藤の顔を覗き込んだ。

「本」

素っ気なく、皆藤がそれだけ答える。

「いや、分かってるってば。何の本?」
「四省堂書店」
「あのね~」

真顔で答えてくる皆藤に、宇賀は笑いながら本を覗き込む。桜沢たちは、皆藤の真顔の返答に今日も大笑いしていた。
授業が終わってここにきてからずっと、宇賀は皆藤の机の上に座りながら桜沢や真鍋や木下も交えて楽しく会話をしていたのだが、その中で皆藤は我関せずのように本から目を離さない。そしてそれは、いつものことだ。

「あ、この間の洋書は読み終わったんだ」
「いつの話だよ」
「そうだっけ?でもあれ、けっこう分厚かったじゃん」

アハッと笑いながら、また本を覗き込む。
この状況で本を読み続けていても気が散ってしまいそうで、仕方なく皆藤も本を閉じた。宇賀の行動が"話をしようよ"という意味であったこと、しっかりと皆藤は分かっていたのだ。

「なぁ、今日一緒に帰ろ」

自分の意図を汲んでくれた皆藤を見て満足そうに微笑みながら、宇賀はサラリと、誘いの言葉を投げかける。
しかし皆藤は、それをあっさりと断った。

「今日は無理」
「何で?」
「何でも」

それは、先約があるということ。言葉の裏に隠された意味を、宇賀はきちんと理解した。相手は町田だろうか、諏訪だろうか。

「つれないね~、智司くんは」

ね?と、桜沢たちに笑顔を見せる。そして授業があと1分程で始まることを察し、ピョンと机から降りた。

「モテる男は辛いよね~?」

周りには冗談としか聞こえない言葉。
しかしそれは自分に向けられた嫌味だと皆藤には分かっていて、宇賀を軽く睨んだ。場所がどこであれ、宇賀は平気でキワドイことを言ってくるのだ。
そんな皆藤の反応を、宇賀は楽しそうに笑っている。

「じゃ、また昼休みに迎えに行くよ。今日も学食にしような」

購買までパンを買いにいくのも面倒だし。と付け足して、彼はヒラヒラと手を振って教室を出た。

「ホンマ、辛いなぁ」

桜沢が、何も知らずに宇賀の言葉を復唱する。皆藤は彼のことも軽く睨んだ。いつもこの男は、ひと言多い。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 17-05】へ
  • 【PERFECT BLUE 17-07】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 17-05】へ
  • 【PERFECT BLUE 17-07】へ