FC2ブログ

「★PERFECT BLUE:別シリーズ【連載中】」
3幕-18:矛盾と混乱の心

PERFECT BLUE 18-03

 ←PERFECT BLUE 18-02 →PERFECT BLUE 18-04
今日はこのまま帰ることにした諏訪は、ホームルームを終えて職員室に戻ると、自分の荷物を取って帰る準備をした。串崎にひと言声をかけておきたかったのだが、どうやら彼は忙しいらしく、どこにいるか分からない。あとでメッセージでも送ろうと決め、諏訪は職員室を出た。
階段を降りていくと、2階の廊下から、誰かが歩いて来た。皆藤だ。
諏訪に気付いたのか、皆藤も顔を向けて立ち止まる。至近距離で見る、眼鏡を掛けている彼の姿だ。

「よぉ」

マスク越しとはいえニコッと微笑んで声をかけた諏訪だが、途端に大きなクシャミが出てしまう。さすがの皆藤も、思わず一歩足を引いた。

「アハッ、ゴメンゴメン」

鼻をすすり、情けない笑顔を見せる。声も掠れ気味だ。
そんな諏訪を皆藤が、フッと笑った。また、笑ってくれた。
2人、そのまま一緒に歩きだす。

「皆藤って、眼鏡かけるのな」
「コンタクトしてるんだから、掛けるだろ」
「そりゃそうか。でもさ、初めて見た」
「似合うだろ?」

フフンと笑い、皆藤は軽く話を流す。冗談交じりの言葉は、彼をとても近い存在に思わせた。
そしてすぐに1階に着き、皆藤は昇降口へ、諏訪は駐車場へ向かうために、その場で別れることになった。

「じゃあ」

笑顔を見せた諏訪だが、また大きなクシャミが1つ。

「ハハッ……」

とりあえず笑うしかなくて、諏訪は鼻をこすりながら笑みを見せた。
すると、ひんやりと寒かった首廻りに、フワリと温もりが生まれて……
皆藤が、自分のしていたマフラーを掛けてくれたのだと、すぐに分かった。

「……皆藤?」

目を丸くする諏訪を余所に、皆藤は淡々とマフラーを諏訪の首に巻いていく。
手早く綺麗にそれを巻き終えると、彼は諏訪の頬にチュッとキスをくれた。彼の眼鏡の淵が、少し頬に当たる。

「お大事に」

耳元で囁いて、皆藤は踵を返して去って行った。
頬に手を当てて、諏訪は彼の後ろ姿を見送る。
皆藤の瞳には、誘惑の色があった。だがそれは、優しさを隠すための、皆藤なりの照れ隠しだと感じた。その証拠に、皆藤のキスには確かな温もりがあったのだ。マフラーを巻いてくれたときに少しだけ自分の首に触れた彼の手も、冷たいが温かかった。
そっと、マフラーに触れてみる。彼の匂いが染み付いているマフラー。
皆藤の他人への優しさは、諏訪も何度も見てきた。だが、自分に、自分だけに優しくされるのは初めてで……
自分だけに向けられたそのさりげない優しさは、残酷すぎるほど美しかった。


皆藤は、ただ真っ直ぐ歩き続けた。自分の行動が、また自分自身を混乱させていたのだ。
現実から逃げているくせに、無意識に諏訪へと伸ばした手。得意の誘惑の眼差しなんて作って、また彼を惹きつけるようなことをして。仮に諏訪がそれを見抜いていたとして、それはもっと都合が悪い。いずれにしろ、これは諏訪との繋がりを解き難くするだけなのに。自分から、この迷路を複雑にしているような気がする。

「………」

昇降口に着くと、宇賀が待っていた。
立ち止まって、彼を見つめる。宇賀も、そのまま皆藤を見つめた。

「教室に行ったら、もう居なかったから。でも靴が残ってるから、待ってた」
「………」
「帰ろ。バス、あと10分ぐらいで来るよ」

今日の"帰ろう"は、ただ純粋に、帰るという意味。昨日も一緒にいたし、今日は本当に帰るだけ。それは宇賀も十分わかっているから、彼に近づいて手を引いた。
しかし、皆藤は動かない。

「智司?」
「……んで」
「え?何?」
「なんで、待ってた?」
「…え?」
「教室に居なかったら、帰ればいいのに」

宇賀がこんな寒い昇降口で自分を待っていること、それが皆藤には理解出来なかった。別に待っていてくれとも思っていないし、望んでもいない。彼が待っていてくれて、嬉しいという気持ちも無い。

「帰りたいから」

宇賀は、あっさりと笑顔でそう言った。

「……何で」

いつだって、他人の行動になんて関心なくて、そんな風に訊いたことなんて無かったけれど。皆藤は、知りたいと思った。どうしてみんな、自分を構うのか。

「あのねぇ、一緒に帰りたいと思っちゃいけないわけ?」

皆藤の言葉に苦笑しながら、宇賀は彼をそっと抱きしめる。
"何も知らない。知りたいとも思わない"2年半、ずっとそう言い続けた皆藤が最近になって自分に投げかけてくる質問。

『何で、俺が生きていることを確認したいんだ?』

11月のあの日以来、2度目の質問。それは、やっぱり悲しくて。

「帰りたいから帰る。他の理由がどこにある?」
「………」
「思い出せよ、智司。同じクラスだった頃、お前だってよく俺を待っててくれたことあるだろ?」

『一緒に帰ろうかと思ってさ』

委員長の仕事などで遅くなる自分を、写真を撮ったりして時間を潰しながら待っていてくれた、あの頃の皆藤。

『ケツに乗っけてくんない?』

バイクで来ていないからと、遠慮なく言ってきた言葉。気兼ねない親友同士だからこそ出来る、そんな会話がとても自然で楽しかった。逆に、宇賀がバイクじゃないからと待っていてくれて、後ろに乗せてくれたりもした。

「あのときお前は、俺と帰りたいから待っててくれたんだろ?俺だってそうだよ。お前と帰りたいから待ってる」
「………」
「分かった?分かるよな?」

皆藤は、何も答えなかった。しかしそれが、分からないのではなく、何となく分かっているからのもので。

「じゃ、帰ろ」

体を離してニッコリ笑うと、宇賀は皆藤の腕を引く。今度は皆藤も、素直に歩きだした。

「眼鏡掛けた姿、久し振りに見たよ。やっぱ眼鏡も似合うよね。俺、似合わないからさぁ」
「ヤンキーっぽさが抜けるってさ」
「誰が言ったの?」
「桜沢」
「ハハっ、留加は発言がけっこう大胆だよね」

皆藤に睨まれるくせにいつも思わず余計な発言をする桜沢のことを、宇賀が笑う。そんな、段々と増えてきた彼との会話が、とても嬉しい。
そして、ふと宇賀は、皆藤の姿が眼鏡だけでなく他にも違うところがあることに気付いた。

「あれ?マフラーは?」

首周りが自棄に寒そうだ。昼間裏庭で見かけた時には、皆藤はいつものマフラーをしていたのに。

「教室に忘れた」

皆藤があっさりと答えてくる。

「じゃあ、取りに行く?」
「いや、いい。バスが来るだろ」

行くぞ。皆藤はさっさと歩いていく。宇賀も後を追った。
皆藤の言葉が嘘だということは、宇賀は何となく分かった。寒がりの皆藤が、マフラーを忘れてそのままにするはずがない。
ならば一体、マフラーはどこに行ったのか?そこまでは分からない。ただ、風邪を引いた諏訪が保健室で寝ていたこと、昼休みに保健室に立ち寄った自分は知っていて、それがどこかに関係あると思った。

関連記事
スポンサーサイト



↓ランキングに参加しています。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL恋愛小説へ

総もくじ 3kaku_s_L.png SS
総もくじ 3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ 3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ 3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ 3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ 3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ 3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
総もくじ  3kaku_s_L.png SS
総もくじ  3kaku_s_L.png Turning point(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 悪魔たちの狂想曲(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 立ち入り禁止(誠×風)
総もくじ  3kaku_s_L.png Old flame(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛2(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 最愛(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png COOL(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 女は災い(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png 交差点(実×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋人たちのクリスマス(ミックス)
総もくじ  3kaku_s_L.png Hide-and-seek(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 直感(春×歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png Assist(春&歩)
総もくじ  3kaku_s_L.png 一時停止(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Engagement(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png アゲイン(陸×千)
総もくじ  3kaku_s_L.png Beyond Silence(W大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 恋愛プロセス(拓×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 満月の夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 痴話喧嘩(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 白い恋人(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png reward(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 君と見る空(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 極夜(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png シンクロニシティ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png Stranger(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png その先へ(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 優しい嘘(直×大)
総もくじ  3kaku_s_L.png 【あとがき・雑記】
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【PERFECT BLUE 18-02】へ
  • 【PERFECT BLUE 18-04】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【PERFECT BLUE 18-02】へ
  • 【PERFECT BLUE 18-04】へ